2012/3/26

春  生活

あれ。前回の記事から半年経ってますよ。

書くことないわけじゃないんですが、書く時間がなかったというか。

とにかく日々忙しく過ごしていたわけです。




それはそうと、パリ、すっかり春でございます。

昼間は20度超えで、気候もよく、気分も朗らかです。

心なしかフランス人たちの機嫌もいいような気がします。

もう真夏か、という格好の人々も多く、カフェやビストロのテラス席も大賑わい。

いい季節がやってきました。




ただこの時期、朝晩の寒暖差が激しいので、服装に物凄く困ります。

朝家を出る時は6度とか、普通に寒いのに、昼間は20度超え。

ちぐはぐな格好をしている人も多いです。





先日、電車に乗ってたら、こちらのマダムが向かいに座りました。

なぜかブーツを手に持って。

え?と思って足元を見ると、サンダル着用。

暑かったから、サンダル買って履き換えたんでしょうか。

それにしても、脱いだブーツ片手に電車乗ってるって、日本ではあまり見ないだろうなと。

フランスらしい光景。




そろそろピクニックでもしたいな、お決まりのチュイルリー公園で。




0

2011/9/7

フランス歯科事情  生活

クリックすると元のサイズで表示します

歯。歯が痛い。

というか歯茎が明らかに腫れている。
なにか、膿んでいるような気配。
少し前から違和感を感じていた奥歯、ここにきて遂に痛み出した。

痛みをだましだまし仕事に行き数日、友人宅でのフェット後、大変なことに!!!

口を開くだけでも痛い。痛い。痛い。いた…


クリックすると元のサイズで表示します



しかし翌日もお出かけの予定。生憎の土曜日。
休日にやっている歯医者を見つけるのも至難の業、しかも予約取れないに決まってる。



そう、フランスで歯医者にかかるということは、面倒の一言に尽きる。
なんでも予約を取らないといけない。

いや、でもね、歯ってやつは、急に痛くなったりするもんでしょう?
2週間後とかにしか取れない予約取ったって、その間どうやって過ごすわけ?
普段から歯医者行ってないのが悪いとか言われるんですかね?
だって仕事してたらなかなか行けないじゃない?

この不便さにイライラは募るばかりだが、痛みがなくなるわけではない。
さすがに週末乗り切れる自信ゼロなので、ネットで情報収集。

すると、あった、あったよ!緊急に診てくれる歯医者さん!!!


クリックすると元のサイズで表示します
SOS Dentaires tel:0143375100


とりあえず、ここにいって、どうにかしてもらおう。


Tに予約のお電話をしていただき、日曜に一緒についてきていただいた。
ありがたや、Tさま。


受付のお兄ちゃんに名前、住所、電話番号を聞かれ、待つこと40分…


奥の診察室に通され、おっさんの先生と対面。
笑顔のひとつもなし。不安。


診察台に載せられ、とりあえず診てみよーって感じで診察開始。
あーこれね、はいはい、腫れとるね。(おっさんの心の声)
そう、そうなんです、痛いんです!早く治療してください!(私の心の声)


実際にはこんな会話もなく、3秒くらい診て、「薬出しとくから。」
終了。


そ、それだけ?!


なんの治療もせず、処方箋書いてもらって、会計70ユーロ。
保険でちょっとは返ってくればいいけど…

抗生物質のおかげか、腫れはだいぶひき、痛みも嘘のように消えたからよかったけど。
ちゃんと通う歯医者さんを探さないとだな。



そんなこんなで、緊急で診てくれる貴重な歯医者さんなので、行く価値は有り。
その日の朝8時頃電話してみると当日予約取りやすいですよー。
ちなみにフランス語のみ。

0

2011/7/17

革命記念日  イベント

7月14日はフランス革命記念日。

Pが仕事だったので、昼間は家でテレビを見てだらだらと過ごす。

シャンゼリゼで行われる軍事パレードは去年は生で見に行ったけれど、テレビの方がずっと良く見える。

ま、それほど面白いものではないけど、なんとなく見ちゃうですよね。

クリックすると元のサイズで表示します
テレビ中継から遅れること数十秒、パレード上空を飛んだ飛行機が窓の外を通過。


夜はPとPの職場の同僚に合流してご飯を食べ、 Champ de Mars まで花火を見に行ってきました。

現場に着くと、まだ花火前のコンサートの真っ最中で、ヤニック・ノアが楽しそうに熱唱中。
ヤニック・ノア人気は相変わらずです…。ま、いい人ではあるけど、歌は別に良くないよね(笑)

コンサートが終わり、花火スタートの予定時間のはずの22時半を過ぎても一向に始まる気配がない。
まあ、夏のパリは日が長いので、22時半ではまだ十分に暗くないから当然と言えば当然なんだけど。

続きを読む
1
タグ: パリ フランス 観光

2011/6/19

緑の壁  街歩き

初めまして。Tです。

Pと一緒にこのブログをマイペースに更新していきます。

よろしくお願いします。



さて、昨日は久々の3連休の初日。

友人が Musée du quai Branly の講堂で空手の演武をするというので見に行ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します


写真はケ・ブランリ美術館の緑の壁。

写真では伝わりにくいかもしれませんが、実物は「かなりイイ」です。

涼しさと温かみが混在するような、すごく素敵な壁です。

Quai Branly 通りに面した、美術館の西の端あたりにあります。

機会があればお見逃しなく。



久々に見た友人の空手も迫力満点。

お弟子さん達のレベルも以前より上がっているような気がしました。

前から凄かったのが、さらに凄みを増した感じ。

2年近く経っているので当然なのかもしれませんが、

すでにある程度のレベルに達してる人のレベルがさらに上がってるのって、なんか新鮮でした。


その後は仕事を終えたPと合流して久々のエッフェル塔界隈を散歩。

ポンピドゥー近くのビストロで夕食をとったものの、「なんか足りない…」ということでマックへ…

ま、休日っぽくていいかな、と。休みだったのは僕だけなんだけど。

クリックすると元のサイズで表示します
エッフェル塔色々
続きを読む
0
タグ: パリ 観光 おすすめ

2011/6/16

去年の今頃  フランス語


日本人にはすごく有名な、ソルボンヌのフランス文明講座
2009年冬学期と昨年の春学期の二期、通っておりました。

フランス語、ちょっと齧ったことがあったので、いきなり中級クラスからスタート。
バイト二つ掛け持ちしてたので、そりゃあもう、大変な毎日でした。
宿題も多いし、久々のフランス語はすっかり退化してるし。

無理かと思いきや、試験に合格!

そのまま続けて、まさかの上級クラスへ…
ここまでくると、自分の実際のレベルと周囲のレベルの差が大きくて。
毎日授業に必死に追いすがってましたが、この辺で限界を感じました…
バイトに重点を置いてたので、勉強時間が明らかに足りないと実感。

日本人にありがちな、文法できても会話苦手、というタイプ。
これは今もなんですけど。

ただ、これも奇跡的に試験をパスしてしまい、残るは最上級クラスのみという状況に。


いやあ、もう、無理でしょ。


ここでソルボンヌの文明講座、幕を閉じることとなりました。
いつかまた、じっくり授業を受けてみたい気もしますが、暫くはいいかな(笑)


写真は、そんな修了式です。
この講堂は、普段入れないので、ちょいと感動しました。


クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ