2013/4/21

固定資産税  ブログ

にも関わらず、東京23区内で発生する固定資産税は、全て東京都に収められます。けれど、固定資産税は法定地方税ですから、どこの自治体にマイホームを持っても支払わなければならない税金なのであります。

市区町村税の場合、都市計画の整備や確率などに必要な資金をそのエリアに資産を持つ人たちにサポートしてもらおうという都市計画税や、観光や消防などの資金を得るための入湯税などが存在しますね。これが法定外地方税で、原則、総務大臣が同意を与えれば設立出来る事となっています。

固定資産税は地方税の一種ですが、都道府県税ではなく、市区町村税に該当します。そこで、大抵の方々は、我が家という天国と同時にローン地獄の日々が始まるとも言える訳です。

法定税というのは、元々全ての地方自治体が課税権利を認められている税金で、固定資産税の他にも、住民税を筆頭に、自動車税や都市計画税など結構沢山あります。となれば、当然我が家にも税金が課せられている訳で、それが固定資産税!こちらは地方税の直接税に該当します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ