アスペルガー症候群の人に対する誤解  

アスペルガー症候群の人がよく誤解されるのは、この障害を所有されている人は犯罪をおかしやすいという事です。
まず始めに知っておかなくてはいけないのは、犯罪をおかしやすいという証拠になるこというのは、一切ないという事です。
アスペルガー症候群という障害を抱えている人は、子供かおとなかどうかに関わらず、真面目な性格であり、規則にきちんと従う割合が低くないと考えられているためす。
ただし、全くいないかというとそうではないのですが、鑑別所や少年院にいるアスペルガー症候群の人は約2パーセントにとどまると思っています。
また、犯罪をおかしてしまったという例に関しても、対人コミュニケーションスキルが足りていない事から、本人が世間の事を十分に認識できていない事により軽犯罪に至ってしまったということが大半を占めているためす。
また、アスペルガー症候群の人というのは、認知の歪みを所有していて、自身の感情を制御するのが難しい事からキレやすく、反社会的な行為をする場合があると認識されている人もいます。
でも、、これに関しても確たる証拠があるわけでなく、アスペルガー症候群自体が犯罪に直接繋がる事はないと呼ばれているため、誤解であると言えるでしょう。
また、アスペルガー症候群が事件を起こす引き金になるのか、仮にそうであっても最たる原因がアスペルガー症候群そのものなのか、それ以外の障害なのかに関してなど、誘因を絞り込むのはとても難しいとされています。
1




AutoPage最新お知らせ