台湾ふたたび!(食べ物篇前半戦)

2014/11/1  21:20 | 投稿者: ツバッキー

台湾旅行といえば食べ物も色々と楽しみ、な、ワケですが。

前回の旅行時は胃の具合が悪くオカユとスープ中心でなんとか乗り切ってしまったけど、今回は旅に備えて胃の調子も整え(笑) 
ビールもたんと飲みましたーーー!!!!
クリックすると元のサイズで表示します


ってな感じで台湾ふたたびレポその2、今回の食べたものです。
画像多めすぎたので、前半後半わけます(笑)  


その1、どぞーーーー。


到着した日の夜は、寧夏夜市に出かけ、露店、店舗あわせてちょっとずつ色々食べました。ビールやお茶は近所のコンビニで買って持ち歩く感じ。
かなり人が多く、並んでる店もあります。
私たちはいろいろ見て回って、適当に。
クリックすると元のサイズで表示します

これはひき肉とニラの入ったビーフン


クリックすると元のサイズで表示します

なんか唐揚げっぽいもの(だけど、たぶん軟骨だと思う)。
ほとんどの店は日本語は絶対無理、英語も、まーーーったく通じないので(^_^;) ゼスチャーです。
辛い粉をかけるかどうか聞かれ(たと思うw)、ウッタが「いらないというのが通じてなくて、「え?」という表情されながらもお姉ちゃんにぶっかけられた謎のものすごい辛い粉・・がありますが画像ではまったくわかりませんね。
何かスパイスなんだろうけど、謎(笑)
と、タルタルソースみたいなマヨネっぽいものがついてます。
お値段安かったと思うけど、ボリュームありました。 

ウッタが絶対食べたいと楽しみにしていた、カキのお好み焼き
クリックすると元のサイズで表示します

日本の「お好み焼き」とは別物です。チヂミとか、なんか薄焼き卵みたいなのに近いかな。
ニラが入っていました。

ビールに合いそうなモン中心に食うてますな、我が家(笑)
このお好み焼きのお店のおにいさんは親切で、屋台の裏の席をとってくれました。
ここで座って飲み食いしながら、ウッタがそのとなりの店で買ってきた手羽先の、あげてタレからめた感じのもの。
クリックすると元のサイズで表示します

ここでも、辛い粉をかけるかどうかきかれ(てると思うw)、答えないうちからおじさんがぶわーーーっと「何か辛いもん」をかけたらしい(笑)
まあ、辛いんだけどおいしいです。
タレメッチャどろどろ、手が汚れるんで(笑) 
持参してるウエットティッシュ(アルコール入りが良い)が大活躍です。
座ってると、そういう清潔グッズを売りに来るおばあさんがけっこうしつこく話しかけてきますけど(笑) コンビニもあるので、おばあさんも商売しにくいだろうなあ。けど必要なものではあるんだよね、夜市。

我が家台湾は二回目ですが、国内でフェス参戦しまくってるためで「屋台的なとこでものを食う」ことにすごく慣れているんでそういうグッズ所持は常にぬかりありません(笑)


ちょっとスープっぽいものが欲しかったんですけど、テーブルのありそうな場所がふさがっていたので、夜市入口近くにあった、牛肉麺やタンメンややきそばをお店でやっているところで、麺を食べることにしました。

私は外のベンチで休憩していて、ウッタが買いにいってみたけどおじさんに何か言われてていて、何かなと思って見に行くとウッタは「牛肉湯麺」を「ぎゅうにくゆめん!!!ゆめん!!」と発音していて(^_^;)通じるわけもなくて(笑)

実はホテル勤務時代に中国料理に在籍したことのある私が、とってもつたない北京読み(※私が知ってるのは本当は広東語なので牛肉はガウヨーと読む)でイチカバチか「ニューロータンメン シャオワン イー please♪(牛肉湯麺の小をひとつ、と言いたいわけですw)」と笑顔で言ってやっと通じるという一件があった、ワケですが、おじさんは「ノーノーなんちゃらかんちゃら」というので、もう売り切れているのか店が終わっているのかそういうのかと思って「okok♪」と帰ろうとしたら追いかけてきて必死に
また「ノーノー!!なんちゃらかんちゃら!!!!」と、自分の腕の肉をひっぱって、「ノー!」と言うので、ああああ「牛肉麺なら肉がメインだけど牛肉湯麺は肉が入ってないと言ってるんじゃないか??」と悟り(なぜなんとなくわかったか、それは手描きのメニュー見たとき、牛肉麺よりも牛肉湯麺のほうが50元ちょい安かったのを見てたから)「あああああ、okok メイヨーメイヨー」というとやっとおじさん笑顔、そんで次は、ゼスチャーでビニール袋に入った麺をさしてなにか言って、次に奥の座席(奥に座席があった)を指してなにかいうので、持ち帰るのか聞かれてるんだな、となんとなく悟り(笑) ここで食べる、というジェスチャーをして、中に入れてもらうというエピソードがありました。
おじさんは基本すごく親切な人でした(無愛想なんで顔は怖かったけどね、実は)。

そんなこんなでやっとありついた、牛肉湯麺
クリックすると元のサイズで表示します

レタスとネギが入っています。
前回空港で食べたものとにていて色が濃いいのでしつこそうに見えますが、あっさりしててコクがあってすっごくおいしい。麺は太めのモッチモチの麺。
お肉入ってなくてもいい。私はこういうスープが欲しかっただけなので。

おじさんはとりわけ用にお椀ももってきてくれてました♪
店内には、トッピングなのかお惣菜なのか、いろいろなおかずが並んでいて、たぶん自分で取るのかもしれません。

ところで、店内で食べていたら、お客なんらしい中国人らしいおばさんがズカスカっと入ってきて何か言いに来て、私たちの丼を指さし、これは何か??的に「ニューローメン??タンメン???ハオチー???タンメン?!」と聞かれるという始末で、とにかくなんか、そういうおもしろい経験をしました(笑) 
ニューローータンメンやでというと納得していた(笑)
ウッタが「ゆめんじゃ!ゆめん」と言ってみたらどうなってたんやろうか・・・ウッタ・・第二外国語が中国語やったはずやのに麻雀用語しか使えん人です(笑)


つくづく、自分の発音できるメニュー食っててよかったわ(^_^;)
カキのお好み焼きなんかはなんて読むのかしらんもん、台湾で。

(そのおばさんは、その後店先でおじさんに何かいって、何かビニール袋にいれてもらって買って帰ってた。牛肉麺を持ってかえったのかなぁ)

寧夏夜市、台北のどこもそうですが日本人のお客もたくさんいますけど、基本現地の人が多いイメージでした。日本語より現地語ばかろとびかってたと思います、あと中国人ね。
楽しかった。


翌朝は迪化街
閉まってる店も多かったのでぶらぶらして買物だけでしたが、アイスキャンデー買ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

釈迦頭というフルーツのアイスです。チェリモヤみたいなもん。
アイスキャンデーやのにタネが入ってます(笑)  
チョコでできてるものとかじゃなくて、本当に、タネ(笑)


色々見て回って、早めに移動し、昼ごはんは、すっごく食べたかったものを食べに、国父紀念館駅から少し歩いて「北大行」というお店へ。
ここで食べてみたかったものは・・・
クリックすると元のサイズで表示します

蟹味噌小龍包!!!!
他の店にもあるんですけど、ネットで見て、この店がおすすめというのを見て、探してみました。
席があいていたのでラッキー。
クリックすると元のサイズで表示します

蟹味噌たっぷりー!!!!!

あとは、鶏スープ。
クリックすると元のサイズで表示します

前回も小龍包の店で鶏スープ食べておいしかったんで、今回も頼んでみましたが、北大行の鶏スープは、さらに具体的なモンが入ってて(^_^;)
ウッタは勇気出してかぶりついてました(笑)
まあコラーゲンはたっぷりだと思います。
そして、スープは本当ーーーにおいしいです。私はモミジは食えんかったけどね・・。

そして、海老しゅうまい。
クリックすると元のサイズで表示します
何か賞をとったものらしいです。
濃厚でした。

このお店は場所がちょい不便なんで観光っぽさがあまりなくて、こじんまりしたよいお店でした♪
お店のお姉さんで一人英語の話せる人がいました。
この時はお客さんは日本人うちらだけで、欧米人のおじさんがふたりと、あとは現地の家族連れって感じ。
けど人気店らしいです。私たちの出るときは外に数人並んでいました。

ところで、台湾のお醤油は日本のよりも塩気が少なく感じます。
酢醤油を作って小龍包やしゅうまいを食べますが、酢の風味のほうが勝つ印象。

せっかくの台湾、細かく食べたいので(笑) このお店ではこれだけ。
というか今回の台湾では寧夏夜市で食いすぎた後ホテルでお菓子を食ったウッタがいつもよりちょっと胃の具合が悪くなってしまい(^_^;) ウッタが普段よりも抑え気味にした感じ。

この日はこの後ちょっとまた探して行くとこがあったしねーーー。その場所はまた別記事で書きます。


えーーっと、とりあえず、二日目の昼まででコレ。


クリックすると元のサイズで表示します

今回はかき氷とか食べなかったなぁ。
色々食べてみたいものもあったんですけどね。


で、この日の夜の食事が今回わりとメイン的に食いまくった感じになったんですが
画像が多くなったんで(^_^;)
それを、次回の「食べ物篇後半戦」でお送りします(笑)


ってな感じでオルボワーーーーーー!!!!!!



●ほんでそういう食生活してまた太ったんやんな?と思ったアナタは
人気ブログランキングへいってみてから

はい、太りました・・・・が、何か・・・




そうそう、蟹味噌入り小龍包(蟹黄小龍包)を食べた「北大行」は、私たちはずっと勝手に「ほくだいゆき」と呼んでいます(笑) 
ウッタの「ぎゅうにくゆめん」を現地で使うセンスはヒドいが(笑)、まあそんなように、我が家は台湾の店やメニューを基本的には家では漢字の読み方で呼んでいますが、「北大行」はベイダーシンと呼ぶようです。 


ま、うちは、家ではそんな感じで「ほくだいゆき」とか「らくてんようじょうかいかん」とか「まつやまくうこう」「なかやま」「てきかがい」「みんけんにしみち」「にしもん(西門)」という言い方してるんで、現地の読み方はいまいち知らず、今後もたぶん書きませんので(^_^;)
また、北京語でメニューが読めるのはたまたまの一部で、私が読めるのは本当は広東語のメニューだけちょっと、なので本来台湾ではまったく通じませんしわかりません(笑)
タン(湯・・スープのこと)、ニューローメンとかチャォファン(チャーハンのこと)、とかハイウォン(蟹味噌)、とかパイコー(排骨・・骨付きの豚肉)とかユイチー(ふかひれ)とかエンウォー(つばめの巣)とか、紅焼(フォンショー、醤油味のこと)、とか読み方よりも漢字のほうがまだわかる感じだけどね。けどやっぱほぼ言葉はわかりません・・・トホホ
しかも台湾でつばめの巣とかフカヒレも食わんしな・・・。



ただ「民生」はみんせい、でなくてどうしても「たみお」と呼ぶ奥田民生ファンだしさ(笑)




ってな感じで、次回後半戦へつづーーく。

ウッタは2キロ増。(-_-)
タグ: 台湾 台北 食べ物



2017/3/8  12:52

投稿者:通りすがり

読み方が間違っています。正しくは「ベイダーハン」です。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ