2011/10/2

Thank you & Goodbye C'SPACE2011  <続>まいこはん開発日記/2011

クリックすると元のサイズで表示します

今日はC'SPACE2011の報告会を行い、多数の方にご来場いただきました。
内容としては、渡仏部隊からのミッション達成度や墜落の分析結果、今後の展望などが主なものとなりました。
冒頭の画像は、飛行の様子を説明する上原君です。



すでに渡仏部隊がBlogにて報告してくれているとおり、今回、私たちの作ったロケットは衛星こそ無事に放出できたものの、機体はパラシュートが開くことなく墜落してしまいました。
また、それが原因で、内蔵された機器のデータもとんでしまったようで……。

データがとれなかったことも悔しいところですが、私個人の気持ちとしては、ロケットが無事に回収できなかった――つまりロケットが凶器となって落下したということが一番悔しいところです。
一応、待避距離なども十分考慮された上で射場は確保されているものの、今回のような事が起こると、”万が一”を懸念してしまいます。
来年は必ず改善していきたいところです。


三つの衛星については、それぞれの制作者には思うところがあるようですが、概ね成果を挙げられたとのことでした。

その際、衛星のカメラからの映像も上映されました。
ある衛星のカメラに他の衛星が降下していく様子が写っていたのですが、その動画を解析した結果、映り込んだ衛星の電装の不具合などが判明したようです。
動画データの重要性を再認識しました。


その後、質疑応答の際に育成会や来賓の方の鋭いご指摘をいただきました。来年への課題をいくつも見つけることができました。ありがとうございました。



さて、長いようで短かったC'SPACE2011関連の活動も、ついにこれが最後かと思うとなかなか感慨深いものです。
まいこはんに関わった皆様、本当にお疲れ様でした。


クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/8/31


クリックすると元のサイズで表示します

今朝方、渡仏部隊7名無事日本に帰国しました。
みんな疲れていますが、元気です。
プロジェクトマネージャー石川です。

今年も昨年同様に、皆、それぞれの思いを胸に帰国したようです。
私の思いは・・・

「Satisfaction!!」

の一言だけです。

20ほどあるチームの中で、2番目に打ち上げを終えることができ、
その打ち上げを7人そろって見届けることができたということは、
紛れもなく「成果」です。

勿論、課題も残りました。
しかしながら、その「失敗も課題」も全て含めて、

「Satisfaction!!」

です。

来年に繋がる確かなモノを得ることができたのは間違いありません。

簡単で大変恐縮ですが、ご報告とさせて頂きます。
落ち着いたら、成果報告会と会計報告をさせて頂きたく考えております。
9月下旬頃の予定です。

遠い日本から、たくさんの応援を下さった皆様、
ご協賛、製作ご協力下さいました皆様、
改めて心より御礼申しあげます。
誠にありがとうございました。

                2011年8月31日
                TKRCフランスプロジェクト(C'SPACE2011)
                プロジェクトマネージャー
                石川 知寛

お待たせしました!
打ち上げの動画です。
0

2011/8/31


皆様
毎度毎度、更新が遅れてすみません。
8日目担当の山口です。
この8月25日は、我がTKRC2011に待ちに待った打ち上げの日でした。
この日は朝7時30分に作業場(ラボラトリー)の前から出発。演習場へ向かうバスの車中では皆、緊張、疲労、寝不足の為からか神妙な顔つきをしていました(著者はバスの心地良い揺れに揺られ、眠りについていた・・・笑)。
演習場のテントではミニマリオやヒューゴ、ヒルダさん達が我々の緊張を解すために冗談などを交わし和気あいあいとしながら、一緒にトラックに乗り込みランチャーへ。


クリックすると元のサイズで表示します
ミニマリオと歓談中

クリックすると元のサイズで表示します
ロケットを挿入中

ランチャーの前でマリオさんと合流して、何回も退避しながら、Toin-Sat2011が正常に動作しているかなどのチェック項目を終えその後、リーダー、石川J、黒田さん以外はランチャーから離れ展望台?へ退避して打ち上げを迎えました。
そしていざ、打ち上げの時意気込んでカメラでロケットを撮ろうとするも、Zactyの電池が切れ他のやつも打ち上げの時しか撮れませんでした(著者は打ち上げ4秒前にLUMIXの紐が抜けてしまい、ブレブレで0.1秒ぐらいしかカメラに写っていなかった・・・)。

クリックすると元のサイズで表示します
もうすぐ打ち上げ(by比嘉)

その後3人も合流して、夕方の回収できる時まで待つことに。途中、九州工業大学の忍者ロケットやソユーズが打ち上げやCan-Satの表彰式を眺め、CLESノメンバーと話し、日清のチキンラーメンを食べたりして夕方まで待ちました。


クリックすると元のサイズで表示します
安心して路上でごろ寝中

ようやく夕方になり探しにいけるようになりましたが、捜索時間は我々のロケットが落ちたと目される森まで行く時間を含め、たったの40分と聞かされ少しがっかりしながらミニマリオとヒルダさんの案内で捜索しに行きました。
森の中を探すと、そこには無惨にも壊れた舞妓はんロケットが突き刺さっていました(著者は、この現場はまるで飛行機事故の現場のようであると思った)。

写真

結局この日は、キャタピラのとれたKobe-Satと大破したロケットのみ見つかり、残りのSouki-Sat、Toin-Satは発見できずに捜索は終了しラボに戻ってきました。

クリックすると元のサイズで表示します
Totoro is died!

ラボに戻ると皆、舞妓はんロケットが気になるのか、我々に説明を求めていました(著者はその時英語で説明を求められしどろもどろになり自分の英語が崩壊した・・・笑)。
以上8日目は終わりました。



0

2011/8/31


7日目

皆様
ご愛読ありがとう御座います。
またまた上原です。

今日はいよいよ打ち上げができると思っていたのですが・・・

朝の10時から最後のコントロールのクロノロジーという作業手順の確認のようなものを行いました。
手順は衛星が3つあるか確認から始まり、最後ロケットのパラシュートが開くまで事細かく書いてあり、
この手順に問題がないかと手順通りに動作するかなどの意味があります。
ちなみにこの手順は石川さんが夜中までかかって作っていました。(早く寝てすみませんandお疲れ様でした。)

コントロールは桐蔭サットがロケットの中でいきなり動作したりなどいろいろありながら、
お昼を挟んで15時前には何とかパスすることができました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
Hugoがトトロを乗せていました。

17時過ぎには上げれそうだということで急いで準備しているところへ
TKRCのロケットを担当してくれたヒルダさんが登場・・・
前のロケットの打ち上げが遅れているということで延期したほうが良いという話でした。

いきなりフリータイムができてみんな何もすることなく寝ていました。

他にはいろいろな人にサインを貰ったりシールを張ったり打ち上げ前日にゆっくりすることができました。

ということで今日は日付が変わる前に寝たいです。
明日は10時頃に打ち上げ予定です。
0

2011/8/27


6日目

皆さんこんにちは
上原です。

今日で現地に来て6日目です。
今日は昨日のコントロールの支持に従ってフィンの調整を早く終わらせて10時までには行く予定でしたが・・・
フィンの調整に色々と手間取り、逆に14時まで出来ることを全て終わらせて行くことにしました。

  クリックすると元のサイズで表示します
  サボって遅れたわけではないです(・・);
  クリックすると元のサイズで表示します
  コネクト中
  クリックすると元のサイズで表示します
  もちろん衛星の準備も
そしてメカニカルテストで一番の難敵のフィンの耐荷重試験を行いました。

  クリックすると元のサイズで表示します
  本当に焦りました。

なんとか30kgの重量にも耐えることができメカニカルテストがパスすることができました。
本当にひやひやものでしたがまずは一安心です。

続いてリカバリーテストを行いましたが、そこで神戸サットが床に落ちてしまい損傷してしまいました。

  クリックすると元のサイズで表示します
  床に落ちた後はビニールシートを使って・・・

他にも少しのテストと石川さんが手順書の訂正という宿題を持って今日も日付が変わる頃に終わりました。

明日には打ち上げができると思います。


2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ