手湿疹と食器用洗剤の関係  

秋が深まって空気が乾燥してくる頃から毎年手がカサカサしてきて、毎年冬は手湿疹がひどくなります。私の場合毎日の食事作りや食器洗いなどの主婦の水仕事が原因のようなので、食洗機買って!と主人におねだりしてみたのですが、あえなく却下されてしまいました…こうなったら少しでも自分でできる改善策を講じないといけませんよね。

水仕事が手湿疹によくない、というのは水そのものだけが原因なのではなく、食器洗い用の洗剤などにも原因があるようなんです。

普段安いからと言って購入する食器洗い用洗剤には肌を荒れさせる原因となる界面活性剤や漂白剤などがいろいろ入っているので余計に手が荒れてしまうそうなんです。確かにお風呂に入る時に体を洗う石鹸は体にやさしいものを、と結構神経質になって選んでいるのですが、食器洗い用洗剤については盲点でした。

ちょっとお高いのは家計には痛いのですが、私のガサガサな手を見ると背に腹は代えられない、というのが現実です。今はなるべく手にやさしい自然成分で構成されている食器洗い用洗剤を使うようにしています。他の対策と併用しているのでこれだけのおかげとは完全には言い切れませんが、だいぶ手湿疹が良くなってきたように感じています。
でも、症状がひどい場合は手湿疹 薬も検討した方がいいですよ。
タグ: 手湿疹




AutoPage最新お知らせ