人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2017
August
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

We No Speak Americano。

旅が終わりに近づいている。


もう何度も南米にきているけど、釣りに重きを置いていた今までの旅
とは違い“南米そのもの”に恋をしている自分に気付く。

旅には自然に耳に入ってくる流行歌がその時の旅のイメージに
大きく関係することが多い。


まさに今回の旅の一曲はこれ。

We No Speak Americano。


アメリカを少し小バカにしたこの曲は
中南米のラティーナ圏で大流行している。

セントロの商店街や河で野営している時のラジオ、
ボワッチで踊るピラーニャ、ありとあらゆる場所
いたるところで聞こえてくる。


大爆音量で流すのがいい。
やはりそれがラティーナ圏の流儀だ。




ドルしかり、もうアメリカ先導の時代は終焉を迎えパワーダウンし
ラティーナ圏が力をつけてきたということを暗示させるようなこの流行歌。

この曲がここまで大流行している現実
の意味は意外に大きい事なのかも知れない。


アメリカの実質“属国”の日本人はこの曲が大流行していることを
多分多くの人は知らないと思う。



南米は私に優しくしてくれた。


ラティーナ圏贔屓、ブラジル大好きな私はどうしても英語圏より
こっちのほうがかっこいいと思ってしまう。


ラテンに恋した私は体が勝手に動き出すこのリズムが大好きだ。



だってやっぱり恋するってこういうことじゃない?

投稿者:TERU@PARAGUAY
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sota
とうとう日本についてしまいました。
今はこの地で南米旅行を反芻中です。

南米で幾度となく聞いたこの曲にこんなPVが付いていたなんて帰って来て初めて知りました。
同じように、帰って来て初めてきずくことが最近多々あります。

あー また行きたいなー
投稿者:超兄貴
PVはチャップリンのパロディですね。
テルさん、ブラジルに住んでしまいそうだ。
投稿者:ki-
最高に素敵。伝え方が最高に素敵てるさん。てるさん最高。
投稿者:kee
あ〜聞いた事あります!
友達が持っていてノリノリになれるので何度か聞いていました♪

でもアメリカを小ばかにした曲とは知りませんでした。
流行ってるという事はリズムはもちろん、意味についても同感する人が多いんですよね〜きっと

投稿者:京都のゆうや
レゲトンとバンダMUZICの間な感じでノッてしまいますたw
日本帰ってきたら少しお話したいことあるので。。
TERUさんは不死身ですがどうかお気をつけて帰ってきてください!
AutoPage最新お知らせ