人間や社会に絶望し長い旅を続けて来た。 果てしない時間と果てしない空間と、生と死の狭間を。 そして傍らにはいつも、竿とリュックがあった。 水面の命の爆発と出会うために。                   

水面爆裂。

「そりゃもうBOMBA DA AGUAよ!」アマゾンに住む日系人の言葉が強く心に響いた。水面が爆発するという意。世界の釣り旅をぶっちぎりのクオリティでお届けします。あなたにもこの感動を。 《初めてこのサイトに訪問された方はページ最下部の投稿順ボタンにチェックをいれますと古い記事から順にお読み頂けます。尚、当サイトの画像等の無断使用は御止めください。》

Profile

-------★TERU★-------- 波乱万丈の人生の途中で本当の幸せは何か? という疑問にブチ当たり、世界のシンプルライフを曇りなき目で見つめようと、ルアーロッドと供に旅にでる。 現在、いろんな自然や世界の人に出会い、いろんなVISIONが見えてきた秘境の大自然を愛するワールドアングラー。 <私の釣魚大全>ピーコックバス19種、ドラード2種、カショーロ5種、タライロン、ピライーバ、レッドテール、タイガーシャベルノーズ5種、タイメン、メコンオオナマズ、ピラーニャ36種、ヨーロッパオオナマズ、ビワコオオナマズ、バラマンディ、スネークヘッド3種、ピラブタンガ、パクー17種、タライーラ数種、アッパッパー、スヌーク、ザンダー、ノーザンパイク、パイクシクリッド5種、ビックーダ3種、トーピードパイクカラシン3種、クエ、ハタ、バラクーダ、ピラルクー、アロワナ3種、アリゲーターガー、オスカー3種、パールン、スティングレー、他タイ系5種、コイ系12種、トラウト系6種、ナマズ系100種以上、ワニ5種、他多数。 というか書ききれん。 裏ボンバダはココ

Update

2017
March
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Pertinent information

Mail

管理人へのmail、message はこちらまでお願い致します bombadaagua@gmail.com

Search



このブログを検索

QR Code

NATIONAL GEOGRAPHIC

Government agency

RSS

鬼ピラニア総出演。

アマゾン河水系からは独立したサンフランシスコ河水系。
ここにも魅力的な魚が多数存在する。

まだまだリオ・サンフランシスコには釣ってみたい魚がたんまりいるのだが
絶対に外せない全ピラニア中一番イカツイ顔をしたこいつを釣ってみたかった!
目がイッってるよ〜。
その名も
ピラニア・ピラヤ!
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
縦に波打つオーディオのグラフィックイコライザーの様な模様が独特だ。
ピラヤって名前もカッコいい。(笑)






こっちもアマゾンではなく世界最大の大湿原パンタナルのパラグアイ水系に生息する黄色い悪魔。

ジャイアントイエローピラニア!
こいつはベビー。エサ釣り。
クリックすると元のサイズで表示します
エサのポカン釣りで入れ食い!
クリックすると元のサイズで表示します








そして、アマゾンでも異色の太古の大河シングー。

クリックすると元のサイズで表示します

SPバイオレットブラックピラニア!
学名はまだ整理されていないはず・・。
クリックすると元のサイズで表示します

明らかに普通のブラックとは違う種だ。
無数の薄い黒斑があるし、体型も違う。
ブラックの画像は写真がみつからないので初期の釣行記読み返して下さい・・。
そんなに巨大なのも釣ってないし・・。

でもシングーはヤバイ!釣れすぎ!
クリックすると元のサイズで表示します

やっぱりブラック系はズバ抜けてデカイ。
しかもルアーに果敢にアタックしてくる。
激流もなんともないようだ。
クリックすると元のサイズで表示します

ここまで来るともうエグい。もはやピラニアのひきではない。
クリックすると元のサイズで表示します

しかし、シングーには最強のピラニアがいる。
そう、まだ日本のピラニアマニアはこの種が最強、最大だということを知らない。

俺が現地で調査した結果、シングー流域の住民はこのピラニアが一番でかくなるという。

初めてシングーに訪れた時、この衝撃に出会って釣り上げることを夢見てきた。
漁師に出会えばできるだけ何を獲ったかみせてもらうようにしている。
その衝撃はデカかった・・。カッコよすぎる・・。
ピラニア・カマリ!
クリックすると元のサイズで表示します

この種は変わった生態を持っているようだ。
深場を選ぶ。そして、このカマリそっくりに擬態する幻のパクーが存在する。
次回パクー特集時に衝撃をお見せしましょう。

大物ではないですが、シングー4度目にしてやっと大型種といえるかな?くらいのをルアーで釣ることができました。うれしい。
クリックすると元のサイズで表示します
まだ謎だらけの最強カマリを釣りたい!


この広範囲に分布する巨大種をコンプリートするということは南米を大きく旅した証明でもあり自分的にはすがすがしく誇らしいものです。

南米とはその生物相の厚さ、種の多様化を楽しむところ。
大前提に生物が大好きでなければならいというところがあります。
楽しみ方は人それぞれですが、ただアマゾンに行って来たという人と生物大好き釣り人が行ってくるのでは見る世界がまったく違います。

水の中を想像するロマン。アマゾンはいつだって想像を遥かに超えてくれます。

釣りに熱中するとゆうことは自然のすべてを見るということです。

時期や場所によりあらゆる生物相が重なってミラクルなパターンが存在します。
釣りは最高に面白い。

そして、アマゾン中にいつでも帰っておいでというアミーゴ、家族ができた。
これがなによりもうれしいんです。

釣り旅とは本当にいいものです。



まだ見ぬ未知の魚を求めて私の旅はまだまだ続きます。
投稿者:TERU
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:cichla sp.
今日お話させてもらった眼鏡のキクラマニアです。
旅立たれる前にお話できてよかったです。やっぱり実際に現地で数を釣ってる人の話はものすごく参考になりますね。それと同時に自分の勉強不足を感じます。もっともと詳しくなりたいです。
また旅に出られるそうですが本当にお体だけは大切にしてくださいね。旅にいけない僕は、死なずに日本に来てくれた魚たちを大事に育てていこうと思います。
では、旅の無事を祈ってます。
投稿者:TERU
コメント文字数に限りがあるので二分割でスミマセン。(笑)


wattaさん>その文面は開高さん世代ですね?(笑)
「カポネ一味もたじたじ」
なんてシブイ表現なんでしょう。
やはり開高さんは文学のレベルが雲の上ですわ。
男を完全に酔わせる。
そんなwattaさんも粋ですよ。
どこかで私とお会いしましたか?


satoさん>あなたもお熱いですね。
中々マニアサイトを長期維持できるものではありませんが、一切ブレていない。素晴らしいと思います。
そして、より多くの人にそのピラニアの“先”にあるアマゾン、いや、自然の素晴らしさ、その生体を飼うことの真意を伝えることに務めて下さい!


おおはしさん>人間には襲って来ないですよ。大型種は基本一匹狼ですから。シングー河はアルタミラからサンフェリックスドシングーまでのいわゆる“最もシングーな場所”は泳げる人と泳げない人では圧倒的な釣果の差があります。泳ぎながら幾種もの牙悪魔達と闘える世界でも類稀なる太古の河です。(笑)



あー、長いコメント少々つかれました。
ここに3人もアマゾンに行かれた人のコメントがあるようですが、行かれたことがある方ほど、この魚種、サイズを金なしいきあたりばったりの旅で獲ることがいかに難しいかわかってもらえると思います。

これからもぶっちぎりの“ボンバダレベル”でがんばります。
みなさんの熱い気持ちもわかり、ヤル気が出ます。
文章がまだまだ未熟で至らないことばかりですが、応援よろしくお願いします!
日本の常識に捉われない「クレイジーな紳士」の皆様、コメントありがとうございました。
投稿者:TERU
みなさん、あっついコメントありがとうございます。
やっぱここにコメント下さるのはタダ者じゃないクレイジーな人達ばかりですね。
間違いありません。私が保証します。(笑)


清さん>あっつい一人目はあなたですか。ツアーにも慣れたら貧乏冒険もステキですよ。もっとアマゾンを好きになるでしょう。すべてを見てやるという好奇心はやっぱ人に植え付けられるものではなく湧き出てくるものですよね。
熱く生きましょう!GO!GO!GO!



ナカジマ曹長さん>えっ!?マジですか・・。
ピラニアって色んな意味でアマゾンの象徴なんです。
このアマゾンの生態系を知る上で欠かせない存在です。
文化や風習に関しても大きな係り合いがあります。
アマゾンの自然を愛するということはこの魚をまず知るということ。
だから食べました。釣りました。
釣って釣って釣りまくりました。
理屈じゃなくてずっと食べました。
言ってることわからんと思いますが・・。
なんしかカッコいいでしょっ!(笑)

Tefeさん>魅力的な小型種もいっぱいですよ〜。もし世界に出れない体になったりしたら、バルゼアで見たまっ赤なエロンガータを日本で飼いたいですね〜。


MATSUMOTOさん>知って下さい!知って下さい!まずは図鑑買って下さい!(笑)
ほんとすごい種類いますよ。個体差も激しいし、同じ所で色んな種が釣れる所もあります。
魚好きには天国以外のナニモノでもありません。(笑)


セッキーさん>何よりのお言葉ありがとうございます。
投稿者:おおはし
どいつもこいつもごっついですね〜
しかし、あんなんが泳いでるかの川に
胸までつかって巨大バイオレットを狙う
TERUさんもおなじぐらいすごい(^^;
個人的には色とか顔とか下顎とかで
ピラヤがピラーニャらしくていいな〜
でも紫黒の超体高もすげ〜
どれもかっこいいです。
投稿者:sato
全部でウン百万円ですね!

あ〜、ロマンが溢れています。

ジャイアントイエローもデカイ!!
最大は赤鬼ですか・・。
日本にはこのサイズは入らないですね・・・。
でも噂では80cmを超えるピラニアがいるとか。
写真でいいです、それを見たいです。。。


http://piranha.dee.cc/
投稿者:watta
何と言うか・・・改めて並べられると言葉を失いますね。

パンタナールでGイエローの群泳、バルビーナではブラックの狂宴を見た事があります。
本当にカッコエエ、凄い奴らやなぁと思いましたが、まだまだこんなにゴツいのが居るわけですか・・・この目で見てみたい。


それにしても一発目のピラヤ、人相?悪すぎでしょう。まさに『カポネ一味もたじたじ』ですなw。
投稿者:セッキー
今すぐ仕事辞めてアマゾン行きたくなっちゃう・・・。
仕事が終わって、疲れた〜ってなってても、諦めない心を“ここ”で貰ってるのです。感謝!!
投稿者:MATSUMOTO
お久しぶりです。
こんなに綺麗で沢山のネイティブピラニアを見れるのも、TERUさんのおかげです!
感謝、感謝。
しかし、ピラニアって沢山種類が有るんですね、知りませんでした
投稿者:Tefe
TERUさんこんにちは。
大型ピラニア凄いですね〜迫力有りすぎ。
釣ってみたいし、飼ってもみたい。

個人的にはブラックが好きですが。
あの黒くゴッツイ体にRREがたまらなくカッコ良くて好きです。

我が家で恐れられて飼ってたブラックとダイヤが物凄く可愛く思えてしまうんですが・・・
全員集合しても大型ピラニア1匹の迫力に負けてしまいますね〜(笑
投稿者:ナカジマ曹長
毎度です

ボクは、正直ピラニアには、全く興味が無かったんですけど・・・

こんだけ見せられると・・

考え方が変わりますよね

まじで・・・・

これは凄いわー
1|2
AutoPage最新お知らせ