2009/2/3

テレウェイヴ 掲示板  

IT化が進む昨今、ホームページの必要性を感じる方は多いだろう。溶接加工専門工場橋本工業所を営む橋本昌明さんもその一人。ホームページ作成ソフトを購入し、自作で会社のホームページを開設した。アクセス数は多くて月3、4件。問い合わせはほぼゼロで、反響の悪さはホームページのクオリティのせい、とすっかりあきらめムードだったと言う。「ホームページの反応の悪さが、自分の中でトラウマみたいになってしまって。営業マンは何度も足を運んでくれたけど、『プロがきれいに作ってアクセス増えるの?』って最初は半信半疑でした。」 顧客を増やしたくても営業を置けない。ホームページなら見た方からの問い合わせも期待できるらしい。でも費用をかけた分効果は得られる?……と自問自答。ジャッジを下すまで、数週間迷いに迷ったそうだ。では、導入の決め手は何だったのか? 「一つは営業が熱心に、効果を説明してくれたこと。ホームページの必要性は認識してたので、じゃあ任せてみようかと。」「もう一つは、商工会議所の異業種交流で出会った方からのアドバイス。ネジ製造業の方なんですが、ホームページで売上げを伸ばしていると 成功事例を聞きまして。『溶接業でホームページを持っているところは多くはないし、うまく使えば効果が上がるんじゃないか』と助言され、心が決まりました。」それからはテレウェイヴリンクスの営業や制作担当者と綿密な打合せを重ね、念願のホームページリニューアルが完了した。 橋本工業所のホームページを開けると溶接のイラストが目に飛び込んでくる。「写真などコンテンツが揃わず、苦肉の策でイラストに(笑)。テレウェイヴリンクスで作成してもらったんですが、イメージのすり合わせができていたので、ひと目で気に入る仕上がりでした。イラストは見た方からも好評ですね。」気になる反響は?「アップ直後は月数件。今は週2、3社問合せが来ます。導入してよかった!」ホームページからの売上げは、全売上げの内まだ数%ほど。でもその将来性に大きな魅力を感じると言う。「今はタネだけど大切に育てれば大輪の花が咲きそうな案件や、かなり大きな市場の仕事とも出会えました。閉塞感が消え、明るい未来行きチケットを手に入れたイメージですね」と。仕事が完了するとその実績をホームページに掲載し、それを見た別の顧客から問合せが来る、そんないい循環も生まれているようだ。「まずはホームページにアクセスしてもらうこと。即仕事に結びつかなくても、リアルな行動を起こすとき候補に挙げてもらえるチャンスが増えますから。」“小さな工場ですが大きな期待をしてください”――確かな技術に定評も高い橋本工業所。製造業特化型ホームページ作成サービス導入で技術のよさをPRする心強い相棒を手に入れた、今後の展開がますます楽しみだ。
0

2009/2/3

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ