2018/7/5

4496:軽量シューズ  

 SIDIのワイアーを履き始めて3年以上の年月が経過した。「もうそろそろ買い替えてもいいかな・・・」と思い始めていた。

 SIDIの前はMAVICのシューズを履いていた。どちらのメーカーでも、足に違和感はなかった。チーム内での一番人気はSIDIである。

 今年は既に、決戦用ホイールとしてカンパニューロのボーラウルトラを購入した。さらにヘルメットもKASKのVALEGROに変更した。どちらも「軽量」が大きなセールスポイントである。

 そこで、気になったのがサイクルシューズの重量。「もしかして、差があるのものなのか・・・」と思って、インターネットを見てみると、GIROのシューズが一番軽いようであった。

 その製品名は「Prolight Techlace」。世界で唯一の150グラムを切る重量とのことである。私が今使用中であるSIDI WIREは約280グラムであるので、片方で100グラム以上の軽量化が可能になる。

 GIROのサイトに行って、その「Prolight Techlace」を確認してみると・・・「Prolight Techlaceを使用したライトウェイトレボリューションへようこそ。世界で唯一のアンダー150グラムのサイクリングシューズで、卓越したパフォーマンスを発揮します。Prolight Techlaceは、優れた剛性、迅速な調整性、そして驚異的な重量削減を兼ね備えています。 」と高らかに宣伝文句が並んでいた。

 「シューズの場合、軽ければ良いというものではない・・・」ということは分かってはいるが、今年は軽量化にこだわった投資が続いたので、その流れでいくと、軽量サイクルシューズについつい目が行ってしまう。

クリックすると元のサイズで表示します

 その見た目はなんだか少々心許ないところがある。見た目的にはSIDI WIREの圧勝であるが、軽さではProlight Techlaceの圧勝である。

 もう一つ軽量ということで注目されているサイクルシューズはLake CX301である。重量は160グラム。こちらは、見た目的な良さもあり、なんだが履き心地もよさそうな感じがする・・・

クリックすると元のサイズで表示します



2018/7/7  9:11

投稿者:tao

seiboさん
オーディオと同じで、ロードバイクの世界もマニアックな領域になってくると、ちょっと一般的な世界とは隔絶したエリアに入り込んでいくようです。

2018/7/6  17:14

投稿者:サカイ星望

さすが世界が違いますな!なんだかとってもプロっぽい。本物のスポーツギアという感じですね。僕なんか普通のスニーカーで乗ってますって、当たり前か、主に歩道走ってますから!!

http://eranderu.exblog.jp/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ