たじま屋のぶろぐ

たじまのすこぶる愉快な俳句生活。

 

プロフィール

田島 健一
Kenichi Tajima

俳句作家/
1973年東京都生まれ。俳誌「炎環」同人
同人誌「豆の木」「オルガン」参加
句集『ただならぬぽ』

カウンター

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

カレンダー

2017年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:たじま
橋本さん、ども。

いやー、勉強になります。

どうも調べてみると、子規は其戎を終生尊敬していたようですね。

それにしても不思議なのは、子規の言う「月並」という言葉ですね。
この場合、其戎もその「月並」の中に含まれているのでしょうか?含まれていないのでしょうか?子規の「月並」というのは、複雑なスコープを持っていそうですね。

いつも感じるのですが、子規ー虚子、虚子ー秋桜子、秋桜子ー楸邨、楸邨ー兜太、楸邨ー澄雄、兜太ー完市、秋桜子ー湘子・・・など、ある種の師弟のあいだには微妙な「ねじれ」が生じる場合が多いですね。

つまり、師弟間では俳句についての知見がストレートに引き継がれるのではなく「何か」が付加されているのかも知れませんね。不思議。
投稿者:橋本
「知っていると想定された主体」は置いておくとして、史的には大原其戎(きじゅう 梅室門の旧派俳人)が唯一子規が師事した俳人だよ。漢籍は観山以外にも武知五友、河東静渓、浦屋雲林などなど。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ