2月生まれは美人揃いU

日曜日の午後、猫のように妻とうたた寝

 
オルゴールひと巻き分の夢

ご案内

ようこそいらっしゃいました■下の「記事カテゴリ」などで探していただくと、ひょっとしたら気に入っていただける記事があるかもしれません■検索」をお使いになると、特定の言葉や人物に関する記事だけを表示できます■また、過去の記事は左の「カレンダー」「過去ログ、下の「1|2|3|」「→」などで読むこともできます。よろしくお願いします■なお、私の旧ブログ2月生まれは美人揃いもよければお越しいただけると幸いです→こちら

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2018年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

メッセージBOX

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:sugarball
●マスターtep-peiさん。
40年は前の話だから。。。

ただ、
幼い私にも
山下清の絵のすごさは
じゅうぶん伝わりましたヨ




http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:マスターtep-pei
今更ながら。。。

本人にあったんですか!!

すごいなあ。

本人に会うことで、絵から伝わるものってまた変わってきますよね。
投稿者:sugarball
●beeさん。
「アスベルガー」またまた調べてみました
なんか、ますます「個性」に思えてきました

もう一人の自分は誰にもある」
これも聞きようによってはホッとする言葉です
心の中の「天使と悪魔」が争いをする
トムとジェリーから見てますが
実体化して
実在したかのように悩ますのはしんどいですね
「仲良くやれる」って
「妄想さん」との自覚があれば
ということなのでしょう

http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:bee
テンプルは自閉症の中のアスペルガーですが、
動物科学者で博士号を持っています。
計算や話し言葉で考えるのは苦手ですが、見て考えます。

>山下清がどのように「ここを描こう」と思ったか
そう思ったのかどうか・・・
私はたぶん、
印象に残った場面がその時頭に浮かんでいて、
その浮かんだものを描き写したという感じがします。

瞬時に細部まで記憶できる彼らだから、
表現する時は、印象が強かった場面が浮かんだのかなあ〜
そういう気がします。

>「ビューティフルマインド」
もう一人の自分がいること、
これは誰にでもあるのだけど。

もう一人の自分が、自分をからめとろうとして、
攻撃してきたり、嫌味を言ってきたり、
それが四六時中続いたら。。。
しんどいですね。
でも、その妄想さん(北海道の、ある病院の人たちはそう呼ぶ)と
仲良くやれたら、障害ではなくなると思います。

http://orange.ap.teacup.com/komogomo-2/
投稿者:sugarball
●ribonnonekoさん。
今思えばスゴイことです
子供たちを引っ張って行った
シュガーパパにも感謝ですね

ほんとスゴイ絵がいっぱいあります

http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:sugarball
●beeさん。
テンプル・グランディンは分からず
検索してしまいました
書評に「障害」が「個性」になるという言葉に
うなずいてしまいました
そう言えば最近やっと見た
「ビューティフルマインド」は
全く予備知識なかったのですが
統合失調症の実在の数学者の話だったんですね

山下清がどのように
「ここを描こう」と思って
ペンを持ったのか知りたいです

http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:ribonnoneko
あの有名な山下清に会ったんですか!!
すごい、、、なんか感激。

ドラマでしか知らない私ですが、↑で紹介されている絵を見ると
その偉大さに圧倒されます。


http://purple.ap.teacup.com/ribonnoneko2/
投稿者:bee
サインいただいたんですね、すごい。
彼がサヴァン症候群だったとは。。
でも納得できます。
今、テンプル・グランディンの本を一冊読み終えて、
「動物感覚」という二冊目に入りました。
視覚優位の人たちの物の見え方、感じ方がよくわかります。

放浪癖のあった山下清が施設から抜け出して帰ったとき、
罰として、と言うか暗黙の了解みたいなものだったと思うのですが、
絵を描かせられたそうです。
感情の抑揚のない彼が嫌々なのか楽しんで描いたのか、
絵は何も語ってきません。
でもその緻密な絵が心を穏やかにしてくれます。
すみません、長々書いてしまいました。

http://orange.ap.teacup.com/komogomo-2/
投稿者:sugarball
●かっくんさん。
さすがにランニングではなかったと思いますが
なにせ40年以上前のことです

会えたことで(見ただけですが)
励みになるってあるんですね

http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
投稿者:sugarball
●kororiさん。
現物を見ると圧倒されますよね
そのあまりの緻密さ
そしてそこはかとない優しい絵に

本人と会った(というか見た)ことはやはり宝物ですね

http://moon.ap.teacup.com/sugarball2/
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ