破壊者歯医者

2012/6/24 | 投稿者: 自然歯科診療所

東京からお見えの30歳代の患者さん
痛みが出てブリッジをはずし、神経を抜き歯を削った。次回更に削り被せると言われ当院にお見えに成りました。実際に拝見させて頂くと奥歯の大臼歯2本が無く、小臼歯2本も冠を外され、その内の1本は神経が取られ、奥歯は親知らずしか噛んで無い状態で顎が左にずれていました。全体を診ず部分だけを見て治療した為、顎はズレ歯は次々に駄目に成ったものと思われます。上記医院で親知らずを含めて更に歯を削れば歯も体もとんでもない状態に成ったと思われます。歯の噛む力は50キロ近くあります。1本歯を削ればそれまでその歯に加わっていた力が他の歯に移動し体のバランスは崩れ、歯も体も次々に駄目に成ります。某国で学校に歯科室を作り子供達の歯をせっせと詰めたら返って虫歯が増えてしまったと言う報告もありますし、歯医者に行けば行くほど歯が駄目になると言う統計も某大学から出ています。事実、今回当院にお見えの患者さんは右上の歯も抜かれ1本義歯にされたそうですが合わない為、1年以上使っていないと言う事でした。あわない?み合わせを調整し、バネの調整その他をし使えるようにして差し上げました。左奥を削ったので右奥が駄目に成り、右の歯を抜いたり削ったりした為、奥歯の支えが無くなり、今度は前歯が駄目に成ったと思われます。さらに入れた歯も?み合わせを考えていない酷いものでした。左下の神経を抜かれた歯を診ても本当に神経を抜く必要があったのかな、ブリッジも外す必要さえなかったのではないかと思われました。30際代、まだ未婚の素敵なお嬢さんの歯と体を駄目にしたのは破壊?歯医者に他ならないと思います。当院では神経を抜かれて更に大きく削ると言われた歯の根の治療を一度で終了し、掛け替えのない歯をこれ以上削らず詰めて一度で終了し、次回は遊びがてらお出で下さいとお伝えしました。

http://fblg.jp/tbss/article/5569527
http://sizensika.sakura.ne.jp/ld.html
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ