最小限の治療

2012/6/24 | 投稿者: 自然歯科診療所

或る患者さん

20日程前に他の医院で歯を抜くと言われ当院にお見えに成りました。実際に拝見して見ると歯がグラグラで5ミリ程の歯の横揺れがあり、根の先の上顎洞の刺激で鼻炎も酷く、熱もある状態でした。当院で体全体のがランスを診て45分ほどかけ調整させて頂きました。その後どうなったかと心配しておりましたが昨日お見えに成って拝見させて頂くと、歯の揺れも収まり、顎の狂いも戻り、中耳炎も良くなり、問題の歯を避けて問題を起こしていた反対側の歯も良くなり、鼻炎も良く成られたと言う事でほっとしました。歯医者に言われるままに、安易に歯を抜いていれば、歯を抜いた穴が鼻の穴と通じたり、その穴の閉鎖手術その他が必要になったりと大きな問題を起こしたかもしれません。昨日は体全体のバランスを考えず歯の自然の自然の形態も顎の動きも考えずに入れられた金属の冠の調整その他を15分ほど行い、次回は3ヶ月ほど後に様子を見せて頂くと言う事で終了しました。余計な検査や処置はせず、1億円出しても買えない堅さ、形全てに意味のある掛け替えのない歯を極力削らず、通院回数も少なく、費用的にも最小限の処置が良いと思います。

参考:
私達の歯の噛む力は50キロ近く有り動きながら磨り減りながら時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。噛み合わせの不調和が有ると神様が造った完璧な歯でさえ虫歯に成りますし、治療した歯も問題を起こしますし、歯茎にも骨にも顎にも体にも様々な問題を起こしますし、虫歯でなくても夜も寝られない程の痛みが出ることも有ります。そんな痛みでも噛み合わせの調整だけで良くなる場合がしばしばあります。また人間は1日に15分位しか噛み締めていないことが生理学で判っていますがストレス、忙しさ、心配、不安等で食い縛っても問題を起こします。また歯科医療等に伴う噛み合わせの不調和が原因で頭痛、肩こり、腰痛、不整脈、無呼吸、アドレナリンの増加、体の歪みその他様々な事が起こる事が有ります。私達の歯は時間を掛け体全体でバランスを取りながら生えてきます。歯科医療は自然の時間的変化に比べ大きな変化を与えますので体が付いて行けず、バランスを崩し上記の様な事が起こる事がありますので、治療は噛み合わせを変えない様に、最小限に少しずつ体を馴染ませながら行わなければ成りません。また虫歯になったら歯医者に行き詰めて貰うのが当たり前と多くの方は思っていると思いますが、某国で学校に歯科室を作り子供達の歯をせっせと詰めたら返って虫歯が増えてしまったと言う報告もありますし、歯医者に行けば行くほど歯が駄目になると言う統計も出ています。歯を削って痛いと言う事は
「それ以上削ると駄目に成っちゃうよ」と言う歯の命の叫び声です。
麻酔で歯を黙らせればいくらでも削れます。歯を殺す事など簡単な事です。
神経を取れば神経の管に膿を持つ様に成るかも知れません。
神経を取れば枯れ木と同じで歯がもろく折れやすくなります。
被せる為に大きく削れば自分の歯はどんどん無くなります。
被せれば自然の歯と固さが違う為、今度は骨が減り歯周病に成ります。
入れたものに噛み合わせの不調和があれば相対する歯が駄目になったり
噛み合わせが不安定になり歯も体も時間を掛けて駄目になります。

歯科治療は歯の、体の気持ちに耳を傾けながら
掛け替えのない歯を大切にし、体のバランスを崩さない様に
慎重に行う事が必要です。

歯科医療所詮偽物、最小限一度に治療しない事が大切。
歯の堅さ、形全てに意味があります。
車に純正部品が良いように歯も自然が一番です。
7



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ