2017/3/10

弥生のお便り  恋物語

ごきげんよう

春の陽射しと春の香りが待ち遠しいころ

春は足踏みをして
 桜の花の開花の時期を調整しているようです。

沈丁花の甘い香り
万作の艶やかな黄色
梅の残り香
桜・・さくらと 
暖かい春を待ち望んでいるようで。

三月の和名には
 桜月・花見月・すへの春 などがあります。
春は桜と申します
文字通りの呼び名が目につきます

春分には 昼間の長さと夜間の長さが同じになり
夏至に向かい昼間の明るさが 伸びて参ります
生命体の勢力も勢いを増します

お彼岸には 春は『牡丹餅』秋は『御萩』
と呼び名が変わります
春は牡丹の花が咲き 秋は萩の花が咲くことにちなみます
おもちは五穀豊穣 小豆は魔除けに通じることもあり
日本の行事に欠かせないものです


今月の菊廼舎様のディスプレーは
桜の花と春の花々を摘み草して籠へ集めました
季節はこれから日々暖かくなっていきます

温んだ川の水には桜の花びらが流れています
桜の花を両手に抱えたような桜玉を
つまみ細工のように飾ってみました

各地の桜の開花予想が発表されました
素敵な春になりますようお祈り申し上げます。







Good day and Peace and Love





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します



いま できることを すこしづつ だれかのために





にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



1
タグ: 銀座 桜玉 sakura

2017/2/3

桜流水  想い月


如月のお便り


「立春大吉」

「立春」の日の早朝、禅寺の門前に張り出される文字。
意味的には謹賀新年にあたります。

「春節」は、天体の動き(立春の直前の新月の日)
として新たな年めぐりが始まります。
冬土用が明けて春がやって参りました。
節分会、暦の晦日行事が終わり
立春を迎えて春のスタートとなります。



二月の和名には 
梅見月・衣更着・木芽月など、自然の命の移り変わりを
感じる呼び名が目につきます。



「ひいなのまつり」 

上巳の節句(最初の巳の日)と言われ
【ひいな遊び】が原点と言われます。

「ひいな人形」

人形とその道具は女子教育の知育玩具でした。
女性のたしなみ などを学ぶための玩具でした。
平安時代には【曲水の宴】と言われ、
疏水に流れる盃が自分の前に届くまでに
詩歌を詠み、盃の酒を飲み欲し次へ流し送る。
平安時代の宮中行事を再現する禊祓(みそぎはらえ)の神事です。


「桃の節句」

桃は子宝を表す縁起物とされています。
桃の葉には薬効があり、厄を落すという意味合いがあります。
昔は子供が育ちにくい時代もあり親の願いが表れています。



今回はひな人形を飾りました。
友禅和紙を使い、重ねて折り重ねてあります。
左側に男雛、右側に女雛を飾り、『関東飾り』にしてあります。

日本は古来、左は右より格が高いとされ、
お殿さまはお姫さまの左、つまり向かって右にになります。
京都飾りは、古来の慣わしに従って
男雛が向かって右側になっています。

現在一般的な『関東飾り』は、
向かって左に男雛になっています。

なぜ男性が左側になったのでしょうか。
それは大正天皇が関係しているとされています。
明治時代、西洋の流れを受けて国際儀礼で

「右が上位」の

考え方が取り入れられるようになりました。
大正天皇が即位の礼で、
洋装の天皇陛下が西洋のスタイルで
皇后陛下の右に立たれた事から
この風習が広まったとされています。

ひいな人形に桃の花を添えて
桃の節句を表現いたしました。

木の花つつみに鮑結びの応用を結び
花をつつんでもほどけないように
ご縁を結びました

店先には 早々と桜餅が並んでます
まだ さむい時期ですが
春の早どりに お時間がございましたら
ひいな飾りを観ながらお茶を一杯お楽しみに
お出かけくださいませ

銀座コアビル 地下1階
銀座 菊廼舎様にてご覧いただけます




春色に心揺れる季節、
寒さに油断せずご自愛の日々をお過ごしくださいませ。



Good day and peace and Love



クリックすると元のサイズで表示します




クリックすると元のサイズで表示します








いま できることを すこしづつ だれかのために



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
1

2017/1/31

御寺の境内の  恋物語


拝啓

あなたさま


野鳥が来て 
梅の花をついばんでいる
北風が吹く中
 
陽射しは強く春を引き寄せています

そこに香る甘い香りは陽射しを浴びて
空気中に溶け込んでいます

あのお寺の
山門の横に蝋梅は静かに咲いていた

この蝋梅は良い

そんな一言を発して先に進んだ
あなたさまの背中は
もう見ることがないけれど

見知らぬ街のどこかで

きっと

お寺の住職と親しく話をしていることでしょう

境内を歩けば住職のお人柄が見える
そう話していました

庭の手入れの行き届いているお寺は良い
住職と会って話がしたくなる

そう話して
福寿草の咲くであろう足元を眺めて

この木枠の中に もう少しすれば
福寿草が芽をだし 美しい花を見せる
その頃また来てみよう

そう言ってくれました

あのお寺をあなたさまと
一緒に歩いた記憶の最後

いまごろ福寿草が美しく咲いているでしょうか

約束は果たせなかったけれど
一人訪ねてみましょうか



かしこ





寒暖の差が大きい頃

春は
そこにいるけれど

どうぞご自愛ください

あなたのご健康を 祈っています










いま できることを すこしづつ だれかのために




クリックすると元のサイズで表示します






Good day and Peace and Love

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
0

2017/1/29

春節に風信子の香りを  恋物語


ごきげんよう
春節が訪れて文字通りの迎春となり、
二十四節季の立春まであと数日。

部屋の中で風信子の香りがゆっくりと広がり、ガラス越しに
柔らかな陽射しが手もとを温くませる。

寒中見舞いのはがきを横目にしている間に春が訪れてしまう。
賀状が届かなかった友人達が、今頃首を傾げているだろう。

固い蕾だった風信子もここ数日の暖かさにほだされて、
香と ともに花を開かせている
八重咲きの風信子の切り花は珍しい。
思わずカメラを向けた。
午前の光は花を美しく見せてくれる。


午後に時は移る
日暮れ時、
春を待ちきれずほころび始めた紅梅はあっという間に
野鳥たちのさえずりを呼び始めた。
鑑賞する時間を残して頂戴ね、と
野鳥へ声をかけてしまう。

梅の花が咲き始めると黄色い花たちが次々と
咲きそろい始める。

黄色い花と言われて思いつく花をいくつあげられるだろう。
個性的な香りを立てて鳥や虫を呼び込む花木が多い。

夕暮れ時に雲の色が赤く黒く染まるころ
暖かい中国茶を入れて午後のお茶の時間にしよう。
この後の予定を考えながら空の色が変わっていく様子を
楽しみたい。慌ただしい時間が過ぎていくタイミングだけれど。
ささやかな時の過ぎゆく間に あなたのことを思って、
今日の庭の話を空に向かって投げかけよう。


届いているだろうかあなたに。







Good day and Peace and Love





クリックすると元のサイズで表示します


いま できることを すこしづつ だれかのために







にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


1
タグ: 春節 風信子 陽射し

2017/1/24

黄色い花咲く寒中に  恋物語

寒中お見舞い申し上げます

雪の被害が各地に出ており
いま まさに被災されている皆様
どうぞ 御無事でいらっしゃいますように



葉よりも花が咲きそろう
花木の美しい頃となりました

お花の初稽古を開きました
啓翁桜と黄色鬱金香
春を呼び込むように寒さの中でも
のびのびとたおやかに 桜の花

太陽の光を望む鬱金香の首の動き
まっすぐ 太陽に向かう美しさ

春を待つ私たちの首が長くなったかと
感じる今日この頃 寒中

クリックすると元のサイズで表示します




栽培種はすでに花がこんなに伸びています
風信子 
花が咲くと甘い香りへと変化して
やっぱり 寒中は甘い春の香りが心にやさしく響く


思い立って 花市から仕入れてもらった風信子
しばらくは蕾の成長と開いた花の甘い香を楽しみます



クリックすると元のサイズで表示します





『蝋梅や薄雪庭を刷きのこす』水原秋桜子


この蝋梅は
 寒中でもふと姿を探してしまうほどの
心優しい香りがします

春が恋しくなる。。。

そんな香



彼の人も
好むかおりの
この花に

想い出重ねて
涙にじませ



クリックすると元のサイズで表示します









いま できることを すこしづつ だれかのために



にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


にほんブログ村 ポエムブログ 散文詩へ
にほんブログ村





にほんブログ村



2
タグ: 蝋梅 風信子 花木



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ