看護師とイジメ

2012/11/29 
看護師をやっている人の中で、職場でイジメを受けた事がある、またはイジメの事実があると思っている人は多いようです。
女性が多い職場などではありがちなイジメですが、特に看護師の職場は人出不足で常にイライラしている看護師さんも少なくないようです。
なので、ちょっとしたミスや性格の不一致からイジメに発展するケースもあるそうです。

個人でイジメをどうにかしようとするのには限界がありますし、ほとんどの人は、イジメ現場を目撃したとしても、注意する事により自分がいじめられる側になったらどうしようという気持ちから注意できないというケースもあるようです。
ですので、職場全体でイジメが起きないような環境作りをするのが先決です。

病院側としても、看護師に辞められるのは大きな問題ですので、運営者側の人間に相談するというのが最初に取る対処法として考えられます。
また、看護師同士のコミュニケーションを図っておいて、イジメが起きにくい環境を作る事も大事だと言えます。
0

保健師の活躍できる場所は?

2012/10/25 
保健師を目指す場合、資格を取得したあとにどのような保健師を目指すかという事もひとつのポイントになります。
学校保健師を目指す人よりも、最近は産業保健師の方が需要があるので、こちらを目指している人が多いのではないでしょうか?

最近では特に精神衛生面でのケアが必要とされている企業が多く、産業保健師もそういったメンタルケアのスキルが求められる場合もあります。

また、当然学校保健師のように、体調不良者のケアや怪我の対応などもあります。
工場などの現場でないかぎり、なかなかケガというのは無いようにも感じますが、意外とオフィスの中でもケガが起きてしまったりします。

例えばホッチキスや裁断機の使用を謝ってケガをする人や、コップを割って指をケガするような人もいるのです。

こういった業務の他にも風邪や流行のウィルスから身を守る注意喚起をしたりするのも産業保健師の仕事です。
慣れてしまえばそんなに大変な仕事でもないという人が多く、給料も安定しているので人気があります。

産業保健師の求人募集【現状と採用対策】

産業保健推進センター
0



AutoPage最新お知らせ