一瞬の感動を風俗情報で・・・  

( ・Д・)アダルトサイトのお勧めです( ・Д・)/font>



風俗情報から発信のアダルトグッズ。よかったよw

何かをかきたてる色に違いない。

わたしは風俗情報嬢として真っ赤になったペニスを
ただひたすら咥え続ける。
彼は風俗情報嬢としてのわたしを見つめながら、
赤ワインを飲んでいる。

何ヶ月も会えなかった時期を越え、
やっと会えた二人の間には、
まるでビロードのような
濃厚で濃密な時間が流れていた。
彼に触れる一瞬一瞬。
その時間が何よりも大切な瞬間だった。

ソファーに座っている彼に
対面しながら上に乗る。
風俗情報嬢の、わたし達の大好きな体位。
顔を見ながら話したり、
乳房を揉まれたり、吸われたり、
キスしたり、長い間ずっとそのまま。
もちろん二人が繋がっているのはアナルだ。

彼はカメラを手に取る。

「スカートをめくって、お○んこを見せて」

わたしは少し腰をずらし、
両手で思い切りお○んこを開く。
彼のお腹はわたしの愛液やゼリーでいっぱい。
シャッターを押している事を意識すると、
わたしのお○んこからは更に愛液が溢れてくるの。

彼はわたしが撮られて感じている事に気づき、
カメラを置く。

「腰振ってごらん。」
「いいの?」

風俗情報嬢であるわたしは彼につかまりながら腰を振り始める。
髪を乱し、大きな声を上げ、
自分で胸まで揉みながら、ひたすら腰を動かす。
アナルでの快感がここまで高まるなんて。。。
彼はそんなわたしを見つめ、
時々クリトリスを刺激する。
強く激しい快感にわたしは酔いしれていた。

「ベットに行こう」

彼が耳元で囁く。
わたしはぐったりしながら「うん」と答える。
ふらふらと立ち上がり、ベットに辿り着く。
横になり、お尻を突き出した状態で彼を待つ。
目を閉じながら待っていると
彼が後ろから静かに抱きしめてくる。
ゼリーと愛液でプルプルのわたしのアナルは、
なんの抵抗も無く彼のペニスを飲み込む。
風俗情報って、進んでるね。。

「はい」
「おやすみ〜」
「寝ちゃうの???」

彼は可愛い。
天真爛漫で子供みたいな所がある。
普段は冷静でとても頼りがいのある大人なのにね。
一番好きなのはポジティブで夢があるところ。
だからこんな難しいと思われる関係さえも、
ずっと続けて行きたいと思えるの。
風俗情報。。。風俗情報。。。

「なあに?」
「今日はどうして風俗情報に来たの?」
「どうしてって。。。」
「言いなさい」
「。。。アナルセックスをしにきました」

アナルに入ったまま無邪気な会話をしていたわたし達。
こんな会話が始まると、自然とスイッチが入っていく。

「イヤらしいオンナ」

彼が激しく腰を打ち付けてくる。

「あぁぁっ。。。もっと。。。」
「もっと何?」
「もっと言って下さい」
「淫乱」
「あぁぁ〜〜〜っ!あぁ〜ん。。。」
「もっと大きな声出して」
「あぁぁぁ〜〜〜〜ん!!!あぁぁぁっっ!!!」
「ずっと俺の為にイヤらしいオンナでいて」
「あぁん!いるわ!ずっと〜あぁぁ〜ん」

わたしが何度かイッても、
彼は決してイカなかった。
かなりの禁欲期間があったはずなのに、
本当にタフな人だ。
彼は射精するとこの気持ちが萎えてしまうのだと言う。
なんてすごい人なんだろう。いつも思う。

「今日もたくさん撮ったよ」
「写真見るのが楽しみよ」
「見られたい?」
「え〜?」
「みんなマスターベーションしてるよ」
「ホント?」
「アンナのアナルめがけて」
「あぁ〜ん。。。」
「みんなしごいてるんだよ」

「あぁっ。。。うれしい。。。
 見られたい。。。たくさん見せたい。。。
 世界中の男達に風俗情報嬢として見られたいのよぉ。。。」

彼の甘い声が耳元で囁くので、
わたしはどんどん墜ちていく。
とうとう隠していた願望を彼の前で言わされてしまった。
世界中の男に見られたいだなんて、
恐ろしい淫乱オンナである。

彼は実際にその姿を見ているただ一人の男。
今、彼はわたしの無修正画像を
誰かに見せたくて見せたくてたまらないのだそうだ。

風俗情報嬢って、強いのよw

上記記事抜擢。
0



AutoPage最新お知らせ