バストアップと女性ホルモンの関係

2013/1/28 
バストは15歳前後に女性ホルモンが分泌され、
乳腺が発達することで大きくなります。

バストが大きくならなかったのは、食生活の乱れやストレス、
睡眠不足等によって、女性ホルモンの分泌量が少なく、
乳腺が発達しなかったことが一番の原因と言われています。


よく、20歳を超えるとバストは大きくならないと言われるのは
これは、15歳前後の成長期を超えると、十分に
女性ホルモンが分泌されても乳腺が発達しなくなるためです。

では、20歳を超えるとバストアップすることは不可能なのか、
といえばそんなことはありません。

成長期のように、女性ホルモンの分泌量を増やすだけでは
バストを大きくすることは難しいですが、
乳腺を刺激することで、何歳になってもバストアップは可能です。

50歳を超えてもバストアップに成功した人もいます。
ですから 遅くはないんです!
自分にあったバストアップ方法で 大きさだけではなく 
ハリと高さのある綺麗なバストを手に入れましょう♪


0

クリスマスは〜☆

2012/12/4 
12月になり行事やイベントで

忙しいシーズンですね〜☆

クリスマス、大切な彼氏と過ごしたい☆

でも胸がAカップだと言う事を隠しているから

11月からバストアップを始めたんです

胸にハリが出て来て 今はBカップに〜♪

でも目標はDカップだから

これからも 続けてやります〜☆

クリスマスは彼とお泊り〜☆したいから('-'*)エヘ
0



AutoPage最新お知らせ