さらば正男

2017/2/16 | 投稿者: 鹿苑院

暗殺された金正男氏は、キムファミリーで唯一のまともな人だったと思う。暗殺されるのではないかとは以前からささやかれていたが、本当にこんな映画のような手口でやられるとはまったく驚いた。

インタビューでの金正男氏はまったくの人が良さそうな紳士的な笑顔で、亡くなったことが惜しまれるのだが、「紛れもなく非道な独裁者の一族で人民から搾り取った金で太りディズニーランドに遊びに行く人物がちょっと物の分かったことを言ってるだけで良い人だと思うのは、ヤンキーがたまに良いことをしたら偉く見えるのと同じ」という意見もあって、それも一理ある見識と思う。

とはいうものの、こんなやり方で兄を殺した金正恩の末路も安らかであるはずがない。金正男氏を保護していた中国との関係もまずくなるだろう。アメリカはタカ派のトランプ大統領である。もしアメリカが北朝鮮に宣戦し、中国はこれを黙認するということになったら北朝鮮など風前の灯火に等しい。
天網恢恢疎にして漏らさず。兄を殺したことで金正恩は自分の首を絞めた。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ