列島を喰らうパチンコ

2012/2/10 | 投稿者: 鹿苑院

昼飯のカップヌードルを買おうとレジに並んでいたら、前に並んでいた女性がその連れのコに、パチスロで4万円スッた話をでけぇ声でしていた。ああ、日本の未来は暗い。

パチンコで負けて金をスるというのは、実は「誰にも迷惑をかけない自分だけの損ですむ」話ではない。日本の社会にとって大きな驚異になりうる問題なのだ。

クリックすると元のサイズで表示します


パチンコ店の経営者の7割は在日韓国・北朝鮮人である。そして彼らの中には故国に献金をしている者も少なくない。業界大手のマルハンの創業者もそれを認めている。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


ということは、日本人がパチンコ店で負けてスッた金はまた日本に帰ってくる可能性があるのだ。テポドンに姿を変えて。

だからパチンコはやめましょうというのがこのブログの主張だが、中には「それなら勝ってパチンコ店から金を貰えば日本を守ることになるではないか」とアホな理屈をかざしてパチンコを続ける理由にしたがる人もいるかもしれない。そんな人に、必ずパチンコをやめたくなるとっておきの事実を教えよう。
実は、パチンコ台というのは店員による遠隔操作がされているのだ。こんなことは秘密でも都市伝説でもない。ちゃんと遠隔操作システムが特許を取得している。
だから、トータルで見てパチンコで勝って金を儲けるなどということは有り得ないのだ(たまには勝つ…いや勝たせてもらう日もあるかもしれないが、魚釣りでいう撒き餌にすぎないことは言うまでもない)。

またこんなことを書くと、韓国嫌いの鹿苑院がなどと言われてしまうかもしれないが、 韓国・朝鮮をむやみやたらに否定したいわけではないことをわかってほしい。オレの大事な友人には在日韓国人もいるし、オレの1500年前の先祖には百済の武寧王がいる(百済人と現生朝鮮民族は別の民族らしいが)。ましてや民族差別などもってのほかだ。
無論オレも日韓友好を願っているが、友好とは相手の言い分だけを一方的に聞いて頭を下げ続けることではなく、譲れない所はしっかり主張し合って互いに許容できる妥協点を探すことであると思う。現在の韓国政府・韓国人の言う「韓日友好」は日本の「屈従」のことを意味しているから、こんなものなら日本側は拒否するべきである(その意味で宮沢喜一や河野洋平には外交センスの欠片もなかったと言っていい)。
1



2016/7/6  23:20

投稿者:鹿苑院

頑張ってさえいればその方向、結果はなんだっていいのでしょうか?

2016/7/5  20:17

投稿者:白川大成

そういう偏見を持った意見はよくないと思う。
韓は韓なりに頑張ってんだ偏見で物を言倭ない方がいい 以上

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ