2018/5/24 | 投稿者: 鹿苑院

11代将軍・徳川家斉は子供の数53人の日本記録保持者である。将軍になれた家慶と嫁に行ける女子はまあ良いのだが、問題は他の男子である。
跡継ぎでない男子というのは「部屋住み」といって、跡継ぎのはずの男子が死んだ時のための補欠として生きていることだけが仕事になる。彼らが無為徒食するにももちろん経費がかかるので、ただでさえ苦しい幕府の財政をさらに圧迫することになる。補欠といったって何十人も要るわけでもない。

そこで、諸藩の大名に養子として押し付ける作戦になる。すでにれっきとした跡継ぎがいる藩にでも、「おたくの跡継ぎ大丈夫? 身体が弱いって聞いたよ? 生まれつき頭がアレという噂も聞くじゃないか。おたくのような名門の家の跡継ぎがそれじゃ心配だよねー。どう? うちの子もらわない? 将軍家からの養子ならおたくにも箔が付くよ?」と強引に押し付けるものだから、断り切れずに何の落ち度もない跡継ぎを廃嫡して養子を迎えざるを得ない藩もあった。
尾張藩はまんまと押し付けられた。水戸藩はうまく拒否できたが、危うく廃嫡されかけたのが後の烈公・水戸斉昭である。

こういう事をしているとれっきとした家の血を引く跡継ぎを廃嫡させられたorされそうになった恨みから藩士の間で幕府への反発が生まれるのは当然のことで、幕末に佐幕派と勤王倒幕派に分かれての争いが諸藩内部で起こるのはこれを遠因としている。
0

2018/5/18 | 投稿者: 鹿苑院

本田圭佑選手の「日本は海外を美化しすぎ」発言は痛快だった。そして同時にクソ生意気だなこいつ、とも思った。

生意気だと感じるのはそれが正論だからだろう。間違ったことをいけしゃあしゃあとしゃべる者を人は「生意気だなこいつ」とは思わず、「バカだなこいつ」と思うだけである。
本田選手を生意気だなと思いながら、きっと自分もこう見られてるんだろうなと妙に自己を客観視もしてみたが、特に反省はしていないし改めようという気にもなっていない。クソ生意気な本田選手に共感の拍手を送りたいのみである。
0

2018/5/17 | 投稿者: 鹿苑院

江戸幕府において大老になれる資格があるのは井伊、酒井、土井、堀田の四家である。正直、井伊以外はなんでこの三家ですかねという気がしないでもない。

酒井は確かに三河譜代だが、大老になれるのは酒井は酒井でも忠次のいた左衛門尉家ではなく雅楽頭家だから、徳川四天王の家で大老になる資格を与えられたのは井伊のみとなる。本多や榊原はあれほど徳川家中で重きを為していながら大老になる資格はない。

土井家からは土井利勝一人しか大老が出ていないが、この人は家康の落胤と言われているからそのためか。確かに王佐の才があり、初期の幕府を支えた逸材である。なお本人は落胤と噂される事を大変嫌っていたと伝わる。

堀田に至っては関ヶ原以後に徳川家に仕えた外様だが、そこまでの地位に登り詰めたのは春日局コネクションである。斎藤道三に仕えた堀田道空の一族だから春日局とは美濃の地縁で繋がっている。まあ幕末に堀田正睦を出していることを考えるとコネだからといって悪い人事でもない。ただし正睦は大老ではなく老中だが。
0

2018/5/16 | 投稿者: 鹿苑院

またも恥知らずな中日新聞である。昨日の中日春秋(朝日新聞でいう『天声人語』に当たる欄)がこちら。

とどのつまりが、世論が自分たちの思い通りに動かないことへの愚痴に過ぎない駄文である。
インターネットの普及によって、民衆の情報源はマスコミだけではなくなった。マスコミは平気で嘘をつくということも知れ渡った。安倍政権と反日マスコミを天秤にかけたら国民は反日マスコミの方をより信頼していない、それだけのことで、なにもシッポの大きく曲がった犬や足下駄をはいたニワトリなんてどこにもいない。
自分たちの思い通りになるのが当たり前で、ならなければそんな珍妙な生き物が出現するほどおかしな事と考える傲慢さはあまりにも根深い。
0

2018/5/10 | 投稿者: 鹿苑院

反吐が出るほど蛇蝎の如く野田聖子が嫌いだが、初めて奴の発言に賛成する気になった。「セクハラの定義を明確にすべき」という主張である。
確かに現状では定義がなく、あるとすれば「された側がセクハラだと思えばセクハラ」というおよそふざけた、一方的で主観的で恣意的で曖昧なものしかない。こんな論理をこのままにしていたら、我々は数百年後の子孫にヨーロッパの魔女狩りを見るのと同じ目で見られ嘲りの対象になるだろう。

むろん断片的な発言に賛成しただけのことで、女性の権利しか眼中にない野田聖子の言うことだからセクハラの定義を明確にして何がしたいかといえば男性への弾圧に決まっているし、こいつが奸賊であるという僕の見解は1ミクロンも揺らぐものではないが。
0

2018/5/4 | 投稿者: 鹿苑院

クリックすると元のサイズで表示します



今日からスマホのロック画面をこれにした。説明書きは何もなかったのでなんという種類の鳥かはわからなかった。鳥に詳しいわけではないがなんとなくチョウゲンボウだろうと思い調べたところ、やや趣が違っていた。さらに調べたらアメリカチョウゲンボウだとわかった。

しかしつくづく魅力的な鳥である。猛禽の凛々しさを確かに備えているが、一方で可愛い顔をしている。ワシやタカのような「猛禽の中の猛禽」には絶対にない可愛さである。凛々しさと可愛さのバランスが、神が作ったのかと思うほど絶妙。大きさはハトぐらいで体重は缶コーヒー1本分ほどという小ささも愛らしい。
日本の法律上、ペットにしても構わないしそうしている人もいるが、個体価格が20万円ほどで、しかも餌は冷凍マウスだったりするので生半可な覚悟で飼えるものではない。まずまずスマホのロック画面を眺めていれば満足である。
0

2018/4/30 | 投稿者: 鹿苑院




テレビでこのCMが流れてたので見るともなく見ていたら、泥棒が出てきたところで飲んでいた養命酒を噴き出してしまった。マジで漫画みたいに噴き出した。そしてしばらく笑いが止まらなかった。


メイキング

0

2018/4/30 | 投稿者: 鹿苑院

みかこしの大阪ライブに行ってきた。
低身長には厳しいオールスタンディングだが、チケットの整理番号28番だからかなり前の方。汗のしずくが見えるほどの近さで見ることができた。

ただ、始まってすぐに前にいたバッドマナーA氏に体が触れると肘打ちで弾き飛ばされ、ムッとしていたら右から本ライブの最大の問題児・バッドマナーB氏が思いっきり突進してきて僕の目の前に来た。
このBは最悪な奴で、他の人を掻き分け、後ろに突き飛ばしてでも真ん中最前列に行こうとするものだから、他のおとなしい人はあきらめてどくが、Aに突進すると応戦されるのは自明の理。
したがって僕目線では、4〜5mの至近距離でみかこしが歌ってるけど1〜2mのもっと至近距離でバカ2人がどつき合っているという、最高なんだか最悪なんだかよくわからない事態になった。前列とはこういうものなのか、それとも大阪だからなのかはわからないが、こんなバッドマナー見たことない!!

ただ、それでも怪我の功名はあるもので、バカ2人に触れないように自分は踊ったり飛び跳ねたりを控えめにしていたら、意外な楽しさを感じた。
実はここ数年、ライブというものが昔ほど楽しく感じなくなっていたのだが、そうだったのか、無理に踊っていたからだったんだと。10代の頃とは楽しみ方が違って当然。騒ぐのではなくアーティストさんと曲に集中して聴くという姿勢で臨めばこんなに楽しかった。
それこそ10代の頃、隣にいたおじさんが直立不動でライブ聴いてたから「楽しくないのかな?」と不思議に思った記憶があるが、今ならわかる。あの人にとってはあれが一番楽しい聴き方だったのだ。

バッドマナーABにはもう二度と関わりたくないが、意外な気づきを得ることができたのは収穫だった。でもやっぱり、オールスタンディングは好きじゃない。
0

2018/4/26 | 投稿者: 鹿苑院




悠木碧と竹達彩奈のプチミレディ。もし声優界でG1タッグリーグをやるとしたら、この2人は毎年優勝候補である。
0

2018/4/26 | 投稿者: 鹿苑院

特別に何がなくとも、誕生日が休日だというだけでうれしい。34歳。僕は130歳ぐらいまで生きる予定なので、これで人生の1/4くらいになる。
0




AutoPage最新お知らせ