2012/6/1

生活習慣病の脳卒中  

生活習慣病の脳卒中にならないために大切なことは、高血圧を防ぐことです。

そのためには、塩分をとりすぎないすることが大切です。

塩分をとりすぎると、体が体内の塩分の濃度を下げるためにたくさん水分を血管内に吸収します。

そのことによて、血液の量が増えるために血圧が高くなってしまいます。

野菜や果物に多く含まれるカリウムには塩分をからだから出す働きがあるため意識して摂取することも大切です。


さらに脳卒中に関係のある生活習慣病の高脂血症や糖尿病、心臓病などの病気を防いだり、
治療したりすることと、高血圧の原因となるいろいろな生活習慣を改めることが大切です。

そのためには、適度な飲酒や禁煙、運動不足の解消やバランスのとれた食事などを心がけましょう。
メタボリックが心配な方へ
0

2012/5/22

脳の病気  

脳卒中の発作で代表的なものが、脳梗塞と脳出血です。
脳梗塞は脳を養う血管が詰まる発作で、、
次の脳の太い血管の内側にドロドロのコレステロールの固まりができ、
そこに血小板が集まって動脈をふさぐ「アテローム血栓性梗塞」
脳の細い血管に動脈硬化が起こり、詰まってしまう「ラクナ梗塞」3種類がある。
心臓にできた血栓が流れてきて血管をふさぐ「心原性脳塞栓症」などがあります。
脳出血は脳の中の細い血管が破れて出血して神経細胞が死んでしまうものです。
高血圧や、年をとって脳の血管が弱くなり、
血管が破れることが原因となる場合が多いようです。
症状として頭痛やめまい、半身マヒ、意識障害などが起こります。
メタボリックが心配な方へ
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ