発毛の環境を作ろう

2009/5/23

発毛のシステム毛幹部  

発毛は単に毛を生えさせるといった単純なものではありません。発毛を促し規則正しい発毛のサイクルを維持し、健康な髪を保つ事こそ、本当の発毛といえるのではないでしょうか。それには、発毛のシステムを理解してそのメカニズムを知ることが、大切なのではないでしょうか。発毛のシステムとメカニズムを知ると、行うべき事、やってはいけない事も分かってきます。


発毛とは頭髪を生えさせることですが、髪の毛の構造を知っていますか。髪の毛と呼ばれ、私達から見えている部分は毛幹部という部分です。毛幹部は頭皮から上に出ている部分を指します。若いうちはこの部分が太くて丈夫です。しかし年齢が高くなると、毛幹部が細くなり抜けやすくなります。頭髪全体もボリュームがなくなり、髪のコシが無くなってくるのはこのためです。発毛では、生えてきた髪の毛にも栄養や潤いを与え、健康な髪の毛を維持していく努力が必要です


発毛させた髪を健康に保つためには、髪の構造も少しお話した方がいいでしょう。一番中心には、メデュラと呼ばれる髪の毛の芯の部分があります。メデュラとは毛髄質のことです。毛髄質の上には毛皮質と呼ばれる一番厚い層があります。そのまた上には皆さんよくご存知の、キューティクルが何枚も重なり合って髪の毛を守っています。このように三層の部分が三重構造になって、髪の毛を構成しています。これら三層の部分を丈夫に保つことが発毛には大切なのです。


発毛のためのヘアケアは一般的なヘアケアと同じで、キューティクルの補修と保護でしょう。キューティクルが剥がれ落ちると、切れ毛の原因になってしまいます。せっかく発毛した髪の毛を、枝毛や切れ毛にならないように、日頃のお手入れが必要です。発毛を意識したヘアケアは、髪の毛の構造を知る事で一歩前進します。


発毛で使用する育毛剤ですが、表面のキューティクルだけに栄養が届いても効果がありません。キューティクルの下にある毛皮質まで栄養を浸透させなければ、発毛の効果がありません。発毛の専門サロンでは、この毛皮質まで届くような育毛剤を独自に開発していますので、育毛剤を使用している方は一度、発毛サロンでご相談ください。健康な髪の毛を作ることは、抜け毛や切れ毛を防ぎ、発毛の第一歩になるといっていいでしょう。



2009/5/20

発毛のシステム毛根部  

発毛は頭皮の下にある毛根部で促されていきます。髪の毛を造る工場が頭皮の下に存在します。ここで作られた髪が頭皮から出ると毛幹部となり、私達が目にする髪の毛となるわけです。発毛は頭皮の下にある毛根部がスタート地点であり、発毛のサイクルの原点として正常に機能してくれなければ、健康な髪が作られません。私達の目に触れることのない毛根部だからこそ、そのシステムを理解して、発毛を考えていくことが必要なのです。


発毛は毛根部で髪の毛をつくり、頭皮まで押し上げ、頭皮を通過して髪の毛になります。そこまでのシステムは理解できましたが、実際に毛根部ではどのように髪がつくられていくのでしょうか。発毛という字を見ても分かるように、毛が発する、毛をつくって生えさせることが発毛です。その髪の毛をつくるには、毛母細胞が深く関係しています。それでは発毛のカギとなる毛母細胞は、毛根のどの辺に位置しているのでしょうか。毛根の下部には毛球と呼ばれる膨らみがあります。この毛球の下にある凹んだ部分に、毛母細胞が並んでいます。


発毛では、この毛母細胞を活性化させ髪の毛をつくる機能を高めることが大切です。発毛でよく使用される育毛剤や発毛剤は、頭皮から毛母細胞まで栄養を与えます。ただ頭皮や頭皮内の血行が悪いと、毛細血管がうまく毛母細胞まで栄養を運ぶことが出来ません。発毛で頭皮の血行を促進させるのは、毛細血管が毛母細胞まで栄養を運びやすくするためです。


発毛に必要な栄養は、毛乳頭を介して毛母細胞に届けられます。そして毛乳頭が毛母細胞に栄養を届ける事で細胞分裂が行われ、髪が作られていきます。ですから、発毛には頭皮内の毛細血管、毛乳頭、毛母細胞の活性化が非常に重要になってきます。


発毛には、頭皮マッサージや育毛剤が有効と言われています。これはマッサージをする事によって、頭皮の血行促進を図り、毛細血管を活性化させるためです。そして血行が良くなった毛細血管を通り、育毛剤の栄養が効率よく毛乳頭へ運ばれます。栄養をたっぷり受け取った毛乳頭が毛母細胞へ栄養を運び、正常な発毛のシステムが働きます。細胞分裂を繰り返し髪の毛が上へ押し上げられ、頭皮から出てくると発毛を実感できるわけです。



2009/5/15

発毛は早期スタート  

発毛は中高年より、若い方の方が深刻に考えているのではないでしょうか。最近では偏った食生活や、不規則な生活パターンが一般化してきたせいか、髪のトラブルを抱えた若い方も多いようです。多少の抜け毛や切れ毛は仕方ないとしても、薄毛につながる脱毛には注意が必要です。発毛は早くから行うと脱毛の進行を遅らせることが出来るので、発毛を始めるサインを見逃さないようにしましょう。


発毛の専門サロンに訪れる男性の多くが、男性型脱毛症と診断されています。この脱毛症は男性特有のもので、男性ホルモンが影響していると言われています。男性ホルモンの多い男性は、薄毛になりやすいという話はよく耳にしますが、これは根拠のない事ではないのです。ホルモンが関係しているだけに発毛が難しいとされています。しかし最近では、効果のある育毛剤や施術が開発されていますので、専門のサロンに相談してみましょう。


発毛は原因が分かると行いやすくなりますが、最近ではいくつかの原因が組み合わさって、脱毛の原因になっていることもあります。その原因を一つづつ取り除いてこそ、発毛の効果が大きく出てきます。特に円形脱毛症のような急性の脱毛は、気が付いたらすぐに毛髪診断を行い、発毛をスタートさせることをおすすめします。しかし病気が隠れている場合があるので、医療機関を受診することもおすすめします。


発毛にとって厄介なのは、ストレスです。ストレスは頭髪だけではなく、体中に影響を及ぼし、精神的にも肉体的にも負担がかかるものなので、少しでも発散できるように心がけてください。専門のサロンでは、発毛の施術を行う前に丁寧なカウンセリングを行いますので、ストレスを感じている事があれば、相談してみるといいでしょう。カウンセリングを行うスタッフは、サロン専属のアドバイザーなので、守秘義務は固く守られます。


発毛は抜け毛が増え脱毛が進む前に、カウンセリングだけでも受けることをおすすめします。それは抜け毛や脱毛が進めば進むほど、以前の状態へ戻すのに時間がかかり、発毛の効果が出るのにも時間を要してしまうからです。発毛を始めるのは早いに越したことはありません。間違った自己流の発毛を行う前に、専門のサロンで毛髪診断を受けましょう。



2009/5/10

発毛と男性ホルモン  

発毛を阻害し、脱毛を促すと言われている男性ホルモンですが、どうして男性ホルモンが男性型脱毛症を引きおこしてしまうのでしょうか?男性ホルモンの成分の中に、テストステロンという成分が含まれています。このテストステロンは本来、毛母細胞を活性化させ発毛を促す作用があります。それがある種の還元作用と結びつくと、男性ホルモンを大量に作り出してしまうのです。単独では発毛を促すテストステロンですが、他のものと結びつくことにより脱毛の原因になるとは、なんとも皮肉なものです。


発毛を阻害する男性ホルモンですが、もともとは体毛を濃くする作用があるはずです。それなのになぜ頭髪だけは脱毛を引きおこしてしまうのでしょうか?それは、過剰に分泌される頭皮の皮脂に原因があります。過剰に増えた男性ホルモンにより、大量の皮脂が分泌され、頭皮を覆い毛穴を塞いでしまいます。これでは発毛が阻害されても仕方がありません。


発毛を促すために、まずは頭皮や毛穴の汚れ、余分な皮脂を取り除かなくてはなりません。毛穴に詰まった汚れや皮脂は、発毛してきた髪を毛穴でストップさせてしまいます。頭皮から育毛剤などの栄養分を吸収することが出来ないので、毛母細胞まで十分な栄養を届けることが出来ません。そうすると、髪を作るための細胞分裂も十分に行われなくなり、発毛のシステムに支障が出てきます。


発毛と男性ホルモンは深い関わりがあるようですが、本当のところ男性ホルモンと発毛の因果関係は、まだわからない部分も多いのが現状です。しかし過剰な皮脂を分泌する作用が男性ホルモンにはあるわけですから、それが原因になる頭皮や毛穴の余分な皮脂を落とし、毛穴をスッキリさせて発毛の阻害になりにくい状態をつくれば予防になるはずです。


発毛の効果も人それぞれ個人差があるように、男性ホルモンの影響も個人差があります。同じ量の男性ホルモンが分泌されても、脱毛の起こり方は同じではありません。体質や環境からの影響もあるので、同じ男性型脱毛症でも一人ひとりの毛髪診断が必要になってきます。発毛を決断したなら、専門サロンの毛髪診断を受け、正しい発毛を行ないましょう。発毛の専門サロンは、インターネットで検索することが出来ます。



2009/5/4

発毛に良い環境  

発毛は普段からの生活環境を整える事でも効果があります。健康な体とゆとりのある精神状態を維持することで、発毛がしやすい状態をキープしましょう。それにはまず、規則正しい生活を心がけることが必要です。出来るだけ日付けの変わる前に就寝して、朝もゆとりを持って起きるように習慣つけることが大切です。しかし残業や職種によっては、なかなかそうもいかない方が多いのではないでしょうか。そういう場合はなるべく十分な睡眠をとり、心身ともに健康を心がけるようにしてください。


発毛の大きな阻害原因に、ストレスがあります。現代ではストレスを溜めるな、という方が難しい世の中ですが、仕事以外にも熱中できるスポーツやちょっとした趣味を持つことで、ずいぶんと気分転換になるものです。ストレス性の脱毛を防ぎ、発毛を促進させるためにも、ストレスを軽減できる方法を考えましょう。


発毛を促進させる食生活も大切です。まずはバランスの取れた食事を3食頂くことが基本です。外食が多い方は、ビタミンやミネラルなどが不足しがちなので、野菜や海藻類も取り入れるように心がけましょう。発毛に良いとされている海藻類のほかにも、緑黄色野菜・大豆・レバー・ナッツ・ゴマなども積極的に取り入れるようにするといいでしょう。発毛にとって効果のある成分に、大豆製品に多く含まれるイソフラボンと、トウガラシに含まれる辛味成分のカプサイシンがあります。こちらも食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。


発毛は頭皮の血行を良くすることで促進されます。喫煙は血管を収縮させる作用があるので、発毛の阻害要因になります。血管が収縮すると十分な栄養を毛母細胞に運ぶことが出来なくなるので、出来れば禁煙することをお勧めします。どうしても禁煙が無理という方は、節煙するよう心がけましょう。それと過度の飲酒も発毛にとって悪影響を及ぼします。多量のアルコールで肝臓に負担がかかると、髪を作るタンパク質をつくることが出来なくなってしまいます。


発毛でもう一つ大切な事は、発毛した髪の毛をダメージから守るということです。毎日のドライヤーも髪の毛を痛めます。最近は髪に負担の少ないドライヤーが販売されていますので、毎日のお手入れに取り入れてみるといいでしょう。それと、紫外線は肌だけではなく髪にも影響を及ぼします。発毛した髪の毛を守るため、長時間紫外線にさらされることのないように、気をつけましょう。





teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ