失恋にもがき  

☆おなにーアイテム...(´З`)☆

失恋のあの人と、大人のおもちゃで遊んだww

思いが溢れ、ついついため息まじりに口に出してしまう、もしくは口癖になってしまっている、なんてこともあるのではないでしょうか。

そう、あなたはいい人を探しています。しかし、あなたにとって"いい人"とはどのような人ですか? しっかりと思い描けていますか。

答えにつまったあなた、もう一度よく考えてください。なぜ"いい人"がわからないのか。それはあなたの中に失恋の理想像がないからです。
なんとなく、もやもやっと「ステキな男性がいい」という思いはあるでしょう。あるいは、

「仕事は何をやっていてもいいけど、安定した収入があって、優しい人」くらいは考えているかもしれません。でも、これくらいではまだまだダメ。
何がダメかって? それは、失恋人ができませんよ、ということ。なぜなら、ぼんやりとしか失恋理想像が描けない人は、

自分が本当に望んでいるものを、自分自身わかっていないから。だから、「うーん、誰でもいいや」とか、

「なんか、とにかくステキな人」なんて曖昧に望んで、いざ、男の人が目の前に現れたときに「ちょっと違う」「ステキな人じゃない」なんて、曖昧に拒んでしまうのです。
ある結婚相談所で働く女性が言いました。「『誰でもいい』と言っている女性ほど、なかなか失恋されません」と。

彼女が言うには、「とにかく『年収一千万円以上で親とは別居』とか、『職業は医者』などと、確固たる理想を口にする女性は、

自分の求めるものがわかっているので、『これだ』と思う人が現れたら、即座に失恋を決められる。でも、『誰でもいい』と言っている女性は、

どんな人が現れても『ここがちょっと』『うーん、なんとなく……』などと渋って決められない」のだそう。
つまり、そういう彼女たちには、現実が見えていないのです。夢だけ追って、"ステキな人"すなわち、"白馬の王子様"の出現を待ち望んでいるだけなのです。
あなたがもし本当に"理想の人"とおつき合いをしたいなら、キチンとその理想像を描きなさい。

それは、具体的であればあるほどいいでしょう。たとえば、「出身大学は六大学以上、

上場企業のサラリーマンで、年収は800万円以上。性格は男らしくて、グイグイリードしてくれるタイプがいいな」なんていう具合に。
とはいえ、理想ばかり言ってもキリがありませんし、理想が高くなればなるほど、そのハードルも高くなるもの。

譲れない条件を理想として挙げると同時に、"譲れる条件"も挙げておきましょう。たとえば「身長はそんなに高くなくてもいいや。

せめて170cmあれば……。誠実でウソをつかない人じゃないと困るけど、ファッションセンスはなくてもいいかな。メンクイじゃないから、

顔も普通程度でOK」なんて……。
できれば、頭の中で考えるだけではなく、紙に書いてみるといいでしょう。そうやって、譲れない条件、譲れる条件を明確にしていくことで、

あなたの中で"理想の男性像"がクッキリと現れてくるはずです。
そして、自分自身でその物差しを持って男性を見回すのと同時に、周囲の人にも希望条件をことあるごとに伝えておくのです。すると、

ちょうど条件にマッチする男性がいた場合「あなたの理想に合いそうな人がいるんだけど」なんて紹介されるはず。
「なるほど!」と思ったあなた。さあ、いますぐペンを持って、自分の"理想の男性像"を、紙に書き出してみましょう。ステキな人と出会えるのも、もうすぐですよ!

失恋相手と、大人のおもちゃで遊んでみたらww

・記事抜擢

失恋相手ね。。。
大人のおもちゃか。。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ