2011/1/24

サプリメント  メタボリック症候群

メタボリックシンドローム(症候群)の改善と予防には、栄養バランスの整った食生活が必要です。そして、食事だけでは必要な栄養を摂ることができない場合には、健康食品やサプリメントを利用することをお勧めします。仕事で忙しい人や独り暮らしの人、外食の多い人などが、1日に3度、毎日カロリー計算や栄養バランスを考えながら、食事をするのは難しいことだと思います。しかし、難しいからと言って何も考えずに食事をしていれば、メタボリック症候群になります。  
0

2010/10/4

歯との関係  メタボリック症候群

メタボリックシンドローム(症候群)について語られる時、歯との関係に触れていることは少ないようです。しかし、歯はメタボリックシンドローム(症候群)と大いに関係があります。歯周病の人はメタボリックシンドローム(症候群)になる可能性が高いと近年の研究結果によって明らかにされているのです。歯磨きのコマーシャルなどでもよく耳にする歯周病とは、歯周病菌を原因とする感染症です。歯周病菌は強い臭いを放っているのが特徴で、最初は空気に触れない歯と歯茎の隙間に付き、その強い毒性をもって奥へ入り込み、血管から体中を周って動脈硬化などを引き起こします。
0

2010/9/29

睡眠時無呼吸症候群  メタボリック症候群

寝ている間に起こる恐ろしい病気の1つに「睡眠時無呼吸シンドローム(症候群)」があります。睡眠時無呼吸シンドローム(症候群)とは、肥満の人やいびきをかく人がかかりやすい病気となっていますのでメタボリックシンドローム(症候群)の患者の多くもこの病気にかかっています。睡眠時無呼吸シンドローム(症候群)とは、寝ている間に一時的に呼吸が止まることを繰り返す病気で、10秒間以上呼吸が止まる無呼吸状態が1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上あれば診断が下されます。   
0

2010/9/28


食生活の乱れがメタボリックシンドローム(症候群)を招くことはよく知られていますが飲酒はメタボリックシンドローム(症候群)の大きな原因となり得るものです。適度な飲酒なら目くじらを立てることも無いのでしょうが、過度な飲酒は別です。お酒は「百薬の長」とも言われており、体を温めたり、新陳代謝を促進させる効果もありますので、飲み方によっては健康的な生活を送ることもできるものです。しかし、お酒には栄養分となるものは殆どなく、カロリーだけがある「エンプティカロリー」を代表するものです。 
0

2010/9/22

子どものメタボリック  メタボリック症候群

以前までは「成人病」と呼ばれていたように、メタボリックシンドローム(症候群)になるのは中年期以降の大人とされていましたが、ここ近年、生活習慣の変化により、子どものメタボリックシンドローム(症候群)や肥満の増加が社会問題化しています。肥満は最もメタボリックシンドローム(症候群)に近い存在ですが、国の調査によると現在の子どもの10人に1人は肥満児であるという結果が出ており、これは30年前と比較すると約2倍もの数字となっています。そして、子どもの肥満の7割はそのまま大人期へと移行するものです そう考えると、彼らが大人になった時は間違いなく生活習慣病やメタボリックシンドローム(症候群)が待っているといってもいいでしょう。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ