サングラスコピー  

 この暴動事件ではインド人の人事担当幹部1人が死亡し、従業員約100人が負傷。地元ハリヤナ州警察は暴動に関与した労サングラスコピー組幹部ら150人以上を逮捕した。人気車種「スイフト」などを生産するインド事業の中核だった同工場の休業により、スズキは1日約10億円の損失を被った。
 同社は工場再開に際して、暴動に関わり行動規範に違反した従業員約500人の解雇を決定。当局も安全確保のため特別治安部隊500人を工場警備に当たらせた。しかし、インド人の従業員と幹部との間で口論があったとされる当日の状況を含め、暴動の詳細は不明のままだ。 

パルコの大株主のうち18・71%を保有する日本スーパーサングラスコピー政策投資銀行はTOBに応じたが、8.15%を保有するイオンは応じなかった。7.65%保有のクレディセゾンも応じなかったもよう。

 株の買い取り後、議決権ベースで計算すると、Jフロントのパルコ株の保有割合は65.00%になる。パルコの東証1部上場は維持する。

 Jフロントは若者に人気のファッションビルを運営するパルコが全面参戦することで、老舗百貨店2社にはない広がりを出し、営業、マーケティングから企業経営まで幅広い戦略を展開していく。
マイクロンは台湾DRAM大手の力晶科技(パワーチップ)<5346.TWO>から、同社とエルピーダが合弁出資する台湾生産子会社、瑞晶電子(レックスチップ・エレクトロニクス)<4932.TWO>の全株式24%を約260億円で取得する。これにより、マイクロンはエルピーダの持ち分65%と合わせてレックスチップの発行済み株式の約89%を保有する。

エルピーダは今後成長が見込まれている携帯端末向けのモバイルDRAM(記憶用半導体)技術が強み。マイクロンはエルピーダを傘下に入れて競争力を向上させ、業界首位の韓国サムスン電子<005930.KS>を追撃する。米調シャネルコピーサングラス査会社IHSアイサプライによると、11年のDRAM市場のシェア首位はサムスンが42.2%。3位のエルピーダ(13.1%)と4位のマイクロン(11.6%)を単純に合わせると24.7%となり、2位の韓国SKハイニックス<000660.KS>の23.0%を上回る。


0

ポーチコピー  

百貨店の大丸と松坂屋を傘下に置くJ・フロントリテイリングは21日、専門店ビル運営大手のパルコ株の公開買い付け(TOB)で確ポーチコピー保した株式が、議決権ベースで発行済み株式の65.0%になったと発表した。これを受けて同社では27日付でパルコを子会社化する。

 J・フロントは7月9日から8月20日まで、1株1100円でパルコ株のTOBを実施。買い付け予定数3852万2600株に対して4550万6332株の応募があり、超過分は買わなかった。この結果、取得金額は423億7400万円となった。

マイクロンは7月2日、エルピーダの買収で同社と合意したと発表。マイクロンが現金で約600億円を支払い、エルピーダ株式100%を取得、2013年前半に完全子会社化する。エルピーダはマイクロンの半導体製造を受託し、マイクロンはその対価として1400億円を19年までの約7年間で分割払いする。エルピーダは計2000億円の大半を債権者への弁済に充てる予定で、負債総額4000億円スーパーポーチコピー超に対する弁済率は40%を上回る見込み。

また同じく先月2日発表したマイクロンの資料によると、マイクロンはエルピーダに対し、融資や債務保証などで最大800億円の金融支援も実施する。当座の運転資金として160億円、設備投資を目的として13年6月までに最大400億円、14年6月までに最大240億円を必要に応じて支援する。エルピーダは主力生産拠点の広島工場(広島県東広島市)、子会社の秋田エルピーダメモリ(秋田市)を存続させ、約5800人の従業員の雇用も維持する。

先月18日の暴動を受けて閉鎖が続いていたスズキのインド子会社マルチ・スズキのマネサール工場が21日、約1カ月ぶりに操業をシャネルコピーポーチ再開した。同社広報部が明らかにした。
 従来は3000人以上の体制で1日当たり1700台の生産能力があったが、当面は約300人体制で、能力の1割弱となる1日150台の生産を目標とする。

0




AutoPage最新お知らせ