2013/5/2

にきびの予防に付いて実践してみよう!  

にきび予防に必要な事は原因を知り、それを治す事ですね。

にきびを出来にくくするには、第一に毛穴を詰まらせない、次ににきびが出来にく体質を作ることが大事です。
そのためには、食事に気を配ったり、規則正しい生活を送るなど、生活習慣を見直す必要があります。

食事だけでは全ての栄養素を摂ることは難しいです。そこでサプリメントを有効活用してみましょう。
にきび対策として有効なものは『ビタミンA』・『ビタミンB2』・『ビタミンC』などです。
抗酸化作用とエネルギー補給に有効なものは『コエンザイムQ10』・『αリポ酸』・『ビタミンE』などです。
サプリメントを上手に摂り、カラダの中からにきびの出来にくい体質を作っていきましょう。

食事の内容ですが、まずは糖分の摂り過ぎに気をつけて下さい。
糖分を摂取すると、体内で分解するのには、たくさんのビタミンB群が必要となります。
しかし、皮脂を分解するのにもビタミンB群が必要となります。それなのに、糖分を分解するためにビタミンB群が消費されてしまうと、今度は皮脂を分解するためのビタミンB群が足りなくなってしまいます。よって、皮脂の分解が不十分になり、肌が脂っぽくなってしまうのです。

食事を気にする方の中には、糖分ではなく、油分を気にして、油抜きの食事をする方もいます。しかし、食事内で摂る油分の量くらいでは、あまりにきびには影響がないそうです。
チョコやナッツ類を食べ過ぎるとにきびが出来る、とよく聞きますよね。しかし、これも確証はどこにもありません。
しかし、確証はなくとも、個人個人の感覚で、これを食べたらにきびが増えた、という経験があるのでしたら、それらは摂取するのを控えるべきでしょう。

よくダイエットや美容目的で、水を一日に何リットルも飲む方がいらっしゃいますが、水分の摂り過ぎも、じつはにきびにはよくないのです。
体外に排出しきれなかった水分が、むくみとなって体内に残ります。
むくみというものは、見た目も悪いうえに、免疫力も減ってしまい、細菌に感染しやすくなってしまうのです。

にきびはアクネ菌による細菌感染のため、むくみがにきびに影響するのがおわかりでしょう。
ですから、体外に排出できる範囲内で水分を摂ることを心がけましょう。

顎・頬にきびの原因と治療
0

2013/5/2

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ