ぷらっと紋別(ブログ)

北海道のオホーツク海に面した流氷の来る街「紋別」から、
春夏秋冬めぐる季節を地元ガイドが写真で紹介します。
地元のオホーツクとっかりセンターのアザラシたちも紹介。
名前の pramon は「ぷらっと紋別」の略です。

 

北海道紋別市

自己紹介 pramon

カレンダー

2018年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

本の紹介

アザラシ流氷の海へ 紋別のアザラシ専門水族館「オホーツクとっかりセンター」のアザラシ赤ちゃん保護活動を紹介。小学生から大人まで楽しめる写真絵本です。

過去ログ

QRコード

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:pramon
夏海さん、こんばんは。
せっかく出た春の芽もこの雪で埋まってしまいました。
このような場合は新芽がシバレナイ(凍らない)ように、
ちゃんと暖かくなるまで雪を深めにかぶせた方がいいのかもしれません。(確証はありません)
「雪割り」再開はしばらく様子を見てからにしようと思います。

そちらの夜桜は都会的で洗練されたライトアップが美しいと思います。
紋別ではそういう演出は無いと思いますし、
桜の種類や枝ぶりが違うのでライトアップが難しいと思います。

もしもそちらで夜桜を撮影するとしても、
風による枝ブレや暗所での構図決定など、
何度も通ってトライしてコツをつかまないと納得の写真は撮れないでしょうね(^^
投稿者:夏海
こんにちは。
強風で流氷がいったり戻ったり、お天気大荒れのオホーツク紋別ですね。
「雪割り」の深い意味を初めて知りました。
雪割りすれば草花の成長も早まりますね。

関東も寒く、春と冬が混じり合った不安定な天候です。
お花見しましたよ。といっても、日中に近所の小さな名所に歩いていって、しばし立ち止まって鑑賞するだけでした。
スケッチも写真撮影も飲食もせずに。
桜の淡い色の撮影は難しいですね。
桜を見上がれば空は眩しくて光るし。
城址のお堀に見頃の桜の枝が水面ぎりぎりに下がっているところがあります。水面に花びらの吹き溜まりもあって。
撮影ポイントになっていました。
pramon様は夜桜の撮影に興味があるようですね。夜はまた格別の風情と撮影の技が必要でしょうね。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ