2009/1/22

《歌伝♬麓充》→命は幾ら分析しても、決して、理解は出来無い!  CRITICAL

■【無極・外伝】監修=【♯】慧眼☯不遜≒《無極問派》♬{風至≒封神花伝}♬■
最早、ほぼ理解・観“得〈解く〉”至得るものは、皆無ではあろう。が、語るだけは語って置くとしよう。§PC内の一機能に過ぎない、ワード・パッド機能は、色々な言葉を、記載・消去したり、各種のフォントをチョイスしたりする事≒これは私である§と、考え得るだろう。たが、これらの統括態であるPC本態から言わせれば、自らの内の一機能に過ぎない。と言った、構造・俯瞰も可能である。さて、西式・固体の対象へのアプローチは、解剖学的・分析的である。これは使用言語や風土と言った、直接的生活環境に関わって居る事であり、云わば生まれ付きにも等しい。それは狩猟・肉食動物が、自らの捕食対象である、獲物を理解しようとする行為に似て居る。ヨーロッパ地帯では、突出的な科学・知解力を魅せる、アーリア・ゲルマン。云わば独逸国民であるが、ザリガニに比べると非常に、律儀で正直・誠実であるが故に、この能力・格差が生じて居る。正直に言えば、独逸が他のヨーロッパ諸国民を、猿並に見做しても、私に言わせれば。何ら傲慢でも不遜でも有り得ない。無論、アドルフ氏が、ロスチャイルド家の血統下にあると言う説も、知っているし、事実、独逸第三帝国は、穢れたユ蛇屋・勢力の資金・出資・供与を受けていたと言った説も存じて居る。それでも尚、Zion議定書に対する、感受反応は、別格である。通常の凡夫は、この書に書かれた内容を、リアリティとして受け入れる事無く、安易なまでに、ユ蛇屋・Ⓜ結社の敷設・波及下にある、♏edia・Ⓢⓣⓐⓝdⓐrd〈誤意務の、唯一の現世・教書〉に支えられた常識・通念に身を摺り寄せ、笑話として、反応表出(自己保全)を顕すのだが。ユ蛇屋・タルムード・呪術師団の連中は、議定書にも描かれている様に、一般凡夫の姑息さと、けち臭い欲求、自己弁護の心理反応と言った、一般・多数型の低列・素体・臣民の、行動・反応・様式の構造を理解している。故に、この様に、密かな支配・操作の仕組みを、☑この世界≒不用意な臣民の頭の中☑に、教育や♏ediaを通して、永い年月[歴史的・時間]を掛け、組み込んでいるのである。自分の親やその又、親の世代に到るまで、この様な、現世的・常識・処理≒バリサイ的スタンダード・プログラムが、刷り込まれて居ると、思い致した方が、真の知性者と呼べる存在だろう。最早、完全に、多様な別現実の中に、各個は存在している。仕事とTV観賞、この様な生活サイクルを、繰り返す存在は、最早、この与えられた現実の檻から抜け出す事は、ほぼ無い事だろう。これらの存在群は、現実の其処彼処に、混入された、現世定理を呼吸・補填し、そのコース[現実・領界]の中を何処までも辿り、それらのものにしか、反応しなく成って居る。云わば、ここで言って居る
擬似・マトリックス世界とは、我々の頭の中に刷り込まれ、寄生・同着している、この意識反応処理法〈パリサイ・プログラム≡聖書・記述に従うなれば、パリサイのパン種〉が、これらを、誘導し、効果を見せて居る。支配は目に付く外にでは無く、眼に見えない、内側にこそ、寄生〈≒規制〉し挿入しておけば≒選択・誘導と価値誘導のチェック・ポイントを与えてやれば良いのである。それらを常に、その固体の快刺激へと、結びつけて置いてやれば、半自動的に、与えたプログラム価値・判定に沿って、動く事と成る。これは高度な洗脳であり、マインド・コントロールと呼べよう。ざっくりと『それを言っちゃ、御仕舞よっ、の台詞』を語るならば、現世定理や律法・常識に、何の疑問も抱かず従っている存在群は、この醜悪・下劣な、社会構造・維持・推進のマインド・コントロールに罹って居る、夢うつつ状態の半狂人で、精神・奴隷ある。と明確に成る。神話や、古代史等で、語られる、滅びた文明・寓話は、人間が本質的な部分に置いて、一切の理解・進歩が無かった事を、示して居る。そこに見えるのは、只管、外界への関心と欲望・充足の為の、考えしか存在しなかったことも、同時に明かしている。云わば人間の可能性への限界が、何度も試されて居ると言う事で在る。云わば、治療不可の欲望・中毒者のリハビリに等しいのが、救済・神話であり、慈悲とか、ヒューマニズムとか呼ばれる足掻き行為である。駄目なものは駄目と、はっきり告げぬ故に、無様な、何の解?も無い、足掻きに始終するのである。寓意として、当人の生活習慣欲求が、当人を地獄や苦界に導くのである。無論、悪しき臣民や、蛇の末裔は、現に、この現象・地上界に存在している。これらは、神話説と単純に捕えられるやも知れぬが、事実[リアリティ]であると、感ずる事の出来る、僅かな存在は、それを知っている。神話や預言は、深層域のリアリティであり、資格を満たしたものにしか、これらは、知覚出来ない。何かが各個の格差を生じさせて居るのは、誰も否定しえない、ひっそりと、実存している事実である。
0

2009/1/19

卍リアリティは、各個に因って、価値が変わるものである卍  CRITICAL

卍⇔∵深遠の迷宮≒ブラック・ボックス・Human∴/Zone14/
書が人を選ぶと言った言葉が在る。これは書だけでなく、物品もそうである。自らの手に余る道具を、余り使用しないのは、明白な事でもあるし。市販PC内機能も、ユーザーの、理解・使用出来る、機能が優先的に使用され、へたをすると、耐久限界≒廃棄に到るまで、一切使用しない[されない]機能プログラムも存在するだろう。§これと同様に、真実も§、認知・理解の差が存在し得るのは、容易な推測だろう。数学に置いても、単純な公式理解に留まるものと、高等数式を扱う事の出来る、能力・水準の違いが、各個に因って顕れる。植物とて、成長高度に因って、その陽光を受ける割合の有利さと言った違いも生じる。人間なるブラックボックスも、生理機能の面では、専門分野の者達にとって、理解は一般とかけ離れている。脳内での信号受付のポイントが定まっているとされる。と言われている。例えば、空腹を感じた時には、その脳内での信号受理・箇所が、専用の解析機器に示されると言う。無論、これらは軍事レベルでの研究機関下に拠るものとされているらしく、とても一般認知し得る事ではないかもしれないのだが。これらに類似する噺では、電子レンジ改造Weaponが存在しているらしい。これは、列島に置いての、ⓂKウルトラ成る、意識支配・実験。実働のトップは下劣で有名なザリガニ帝国の情報工作機関の示威eye衛が指揮を執っているらしい。無論この計画にはスポンサーと計画立案・集団と呼ぶべき、ユ蛇屋の金融・財閥の一門である、ロス茶やDogHorrorと言った、人喰い・略奪の名門が鎮座し、使役している。と言われている(笑)。このⓂKウルトラの進歩・発展型の、機材やテクノロジーに拠る、精神支配実験の、現地・工作兵として、お隣の半島種北と南に分割されてはいるのだが、の民族の怨念を利用し〈吹き込み洗脳し〉て、破壊工作に当たらせて〈徴用・投入して〉いる。これらの表面的・代表が、半島系の宗教・偽装・教団〈効果・構造のネタ元は、ユ蛇屋の、頭脳・呪術・長老・会議とやらに因るらしい〉の。有名どころの二つの巨大・犯罪・組織《ユ蛇屋結社にとっての、使い捨て使役組織》である→頭逸・減理・叫界と走禍・鰐壊であるのだが、この二つの偽装・教団の信徒に特徴的なのは、■脳死状態[思考力も知性も存在しない]であるのは、共通した特徴であり、事実でさえ在る■〈我々、ユーベル種に語らせれば、既に、生まれ持っていた筈の人間としての意味や価値さえも失っている存在、⇒最早、人では無く、道具存在に等しい〉。出来る事と言えば、お題目を唱える事と、イカサマ教祖を称え、我が身の幸福を願い、事実を語る者達を呪い、加害行為を加える事が、仏の道と信じているロボット・ゾンビ・奴隷である。ロス茶やDogHorrorの母体とほぼ等しい、メイソン結社の世界的・謀略に拠り[世界・賭博・経済のテーブル上]、経済停滞に沈む列島に置いて、その如何わしい、窃盗資力に因って、支配企業や会社を増やしている。はっきりと、㋣゛:Ⓤber(ユーベル)の義務として、通告して置こう、『すでに人類は、獣と神の民に完全に別れ、誰も後戻りの出来ない情況に在る』。獣の民〈彼らは神を唱えてみせる事は在るが、その心の内では、Satanを賞賛し、帰属している〉の関心と執着は、総て、この世・現世に留まる欲求に憑依され動いている。経済と言った、悪魔王の仕切るテーブルの上の勝利者達が、どの様な正体を隠しているのかは、Mediaの記事からでも、その二枚舌のイカサマ野郎≒〈当人が自覚し得るかどうかは、各個の、魂の残量に関わる事だが〉の正体が、丹念に調べ、積み上げれば明かされている筈である。■地獄で歯噛みする連中である■。これらは、我々ユーベルの取り扱っている、事実・現状・認識であり、ある意味の真実とも言えるのだが、冒頭で述べた様に、真実にも、理解・認知レベルが存在するのである。故に、荒唐無稽な、ヨタ噺として、読み飛ばしてもらっても、十分に結構なのである。
0

2009/1/17

◆迷信とよばれ、葬られし言葉の数々を、再び詠おう◆  CRITICAL

Ѻ『ヘーイ・ア・ア・ヘーイ!』Ѻ。魂の兄弟・姉妹よっ、私=【æ】は、貴方々に語りかけよう。
世界は今、恐ろしいほどの闇と、欲念・怨念の勢力に包まれ、断末魔を迎えようとしている。
様にも見える。これらは我々Nativeの古老達の語った、予言≒(ロードプラン)に、
付き従う如くに、起こって居る事で在る。新規の閲覧者の為にも、ここに最掲載しておこう。
∈「われわれには、教示と預言がある。それは、信仰を守り抜く勇気と力を授ける
前兆の到来に、目を見張らねばならぬと告げている。血が流されるであろう。
われわれの髪と着物は大地に散乱するであろう。自然は、力強い大風の息をもって、
われわれに語りかけることであろう。大災害を起こす地震と洪水、季節と気象の変化、
野生動物の消滅、いろいろな形の飢饉が起こるであろう。世界中で、徐々に、
指導者と民衆とのあいだに腐敗と混乱が広がり、戦争は強風のように広がるであろう。
それもみな、創造の最初から決められていたことなのだ。われらが絶望的な困難に陥るときに、
預言を成就する三人が立ち上がる。長い根と乳のような液を持ち、切られても生え、
卍に似た形の花を咲かせる草、メーハのシンボルは、自然の四大力の解放を象徴する。
太陽のシンボル、そして赤のシンボルがある。ホピの生命の道にバハナ(白人)が侵入したことにより、
メーハのシンボルが動き出すであろう。これによって、ある人々は
自然の四大力(四つの方向:統制力、原初の力)に向かって動き、
世界を戦争に引き込むであろう。これが起これば、われわれは預言が成就するのを知るであろう。
われわれは力を結集して、確固として踏みとどまるであろう。
この大いなる動きは失敗するが、その実質は乳であり、自然の四大力に統制されているので、
ふたたび立ち上がり、世界を動かし、もうひとつの戦争をつくりだすであろう。
そこでメーハと太陽のシンボルが動き始める。それは一時休み、三度目に立ち上がるであろう。
第三の出来事が決定的なものになると、われわれの預言は告げている。
ロードプランは、その結果を語っている。この第三の出来事は、指令を出し、
「太陽」の益のために自然の四大力(メーハ)を動かす、赤のシンボルにかかっている。
それが四大力を動かすときに、全世界は揺り動かされて赤に変じ、
ホピの文化を妨げる者たちに向かって立ち上がるであろう。
大いなる清めの日は彼らに来るのだ。
慎ましい人々は、新世界を探して彼に走り寄り、赤アリのように地に群がるであろう。
☑それを見届けようと外に出てはならない。家の中にいなければならない☑。
彼は来て、この大地に最初からいた赤い民(アメリカ先住民は赤色民族である)を
妨げている邪悪な者たちを集めるであろう。彼は、生命の道か、その頭(特殊なホピの髪型)か、
村とその住居の形によって識別できる者を探すことであろう。
彼だけが、われわれを清めてくれるのだ。赤のシンボルによって指令を出す粛清者は、
「太陽」と「メーハ」の助けを得て、ホピの生命の道、地上におけるまことの生命の道を乱してきた、
邪悪な者たちを一掃することであろう。■邪悪な者たちは首をはねられ、
もはや語れなくなるであろう■。【これがすべての義人たち、大地、そして地上のすべての
生き物への清めとなるであろう。大地の病は癒されるであろう。
母なる大地はふたたび花開かせ、誰もが末永く、平和と調和に結束することであろう」∋
「ホピ 神との契約」より引用
一部の抜粋であるので、由り良く、耳を眼を、心を注ぎたくあれば、
http://www.aritearu.com/Influence/Native/NativeBookPhoto/HopiStory.htm
へ、訪ねるのが、良いだろうぅぅ。Ѻ『ヘーイ・ア・ア・ヘーイ!』Ѻ。
■我々、人間は儚く脆い、〈この世限りの〉肉成る、身体・存在では、決してないのだっ■。
0

2009/1/15

無限解<アルティメイタム、痛快な意味不明・領域を楽しむ為の、注意事項  CRITICAL

使用・記号の、簡単な説明に移ります、用意は宜しいでしょうか。
@:あっとまーくと、一般に認識されていますが、【ここでは、この記号は、
トンでも系とか、ムー系の、ミステリー的な信じられないよっ、的な領域の
意味記号として、使用しています。ここでは、これを“度数濃い[どすこい]”】と
呼んでいます。
§:本来は、セクションの記号ですが、【此処では、Sessionセッションの意味として
使用しています】。
☆:【常識の、直ぐ外と云った、効果・領域的、効果を意味し、空白の星なので、
実質的な、意味も効果もそれ程無く、ラベル表示(こけおどし)に等しい】。
★:【悪意的・魔術的、奸佞・蛇悪的・意味合と、効果を持ったものと、
こちらの査定・指定下にあたる、色々なものを、指し示す記号】です。
※星印は、オカルトで言われる、ペンタグラムと呼ばれる記号でもあります※
●:このまんまるの黒円は、【本来的な意味に沿った、健全とか、真っ当な意】として
使用しています。
◎:【物事や事象などの核心部に触れていると、此方で思われる箇所に、付記する
意味・記号】に成っています。
◇:【現行の常識認知内の、取り立てて、内実の無い、表層的、事々や
意味合を指して使用】しています。
◆:【生成・変化を見せる、“内実を確かに内包した”、事々に対して、付加される
記号・意味】に成っています。
■:【泰然・自若たる、確固・不動の内実を持つ意味として、使用しています】。
△:【陰謀・勢力や結社などの、認知済み?のオカルト的な、犯罪勢力や
効果を指して使用していますが】、云わば、看板的な意味・記号として。
※基本的に、白抜き記号は、表層で内実の無いと言う、意味合いで※
▲:【魔力や呪術力を、持ち得て居るだろうと、こちらが想定している、類のものに、
使用される、記号】です。
♑:星座・記号の山羊が、本来的な意味ですが、【ここでは、この記号は、
デーモン学[悪魔学・体系]の内、Sabbath(サバト)を司る、デーモンの
バフォメットの意味で、使用】しています。
♉:滅多に、使用しませんが、【♑の上位・悪魔位・存在?効果の意味として、
使用】しています。
∫:【Snake(スネーク・蛇)の意味合で使用】。聖書・神話のイメージの流用ですねっ。
⇅:【逆位の意味で使用する、オプション的、意味記号です】。
例えば、★の前にプラスして→⇅★の表示の場合、ゲームで云う所の、呪いの意味に
近いものであり、黒魔術的=破壊的とか邪(蛇)悪と云った、意味合に変化します。
☑:これは、指定のそのままで、Checkすべきと言った、注意記号。
㊟:これも、上記と同じですが、もっと一般的範囲に置いてと言った、意味で使用。
*とか*は:この語彙、言葉に、注意して置いて下さいと言った意味です。
¥や$と言った:各国の通貨記号は、代替(だいたい)?、その様な意味で使用しています。
〈〉:この括弧・記号の中の文面は、此方、独特の観点を持った、コメントを
意味し。
[]:これは、常識的・認知範囲の、コメントと言う意味で使用。
():おくりがなの記載に使用する、括弧・記号に成っています。
〔〕:この確固内の記述は、更に、此処・独自の見解を述る様な場合に使用します。
※後、数学・記号類は、ほぼ、そのままの意味合として、使用しており、上記の様な、
この領域、特有な使われ方は、しません。※
【上記のも各・記号の解説は大意としてのものですので】、構文中に置いては、
前後関係の中で、指し示す、隠れた?、意味合を感じ取りながら、読み解いて下さい。
取り扱い・説明の、簡便な説明に成ますが、以上で、終了です。
『新規の閲覧者の皆様方へ、貴方の考えも、想像も及ばない、現実・構造として
存在している事。奸佞・蛇悪な、謀略計画は、存在しているのですが。
取り合えずは、意味不明なお笑い噺として、楽しむことから、始めましょう』。敬具。
0

2009/1/15

今回の✉℣incent・Letter[残されし・記録]✉は、通巻〔30〕  言語両断

【℣】✉参廿➻最初に、こう問いたい、『貴方は、この現実とされる世の中・社会で、
長生きしたいと、思うだろうか?』
。無論この返答には、概ね、二つの対立したコメントが
顕れる。俗な言い方をすれば、勝ち組みと呼ばれる物?は、この世での長生きを、
多分、願うだろうが、「長生きしたくねぇぇよっ」と言った、意見を口にする存在も在る筈だろう。
通常、これらの拒否・意見・感想を口にするのは、♑♏ediaに刷り込まれた、イメージ♑で
云う所の負け組みと、呼ばれる、対象[該当]・存在群であろと、思われる。
何故、この同じ現実・[管理・支配]社会に対して、評価・感想が此れほど、反転しているのか。
★一方は、この現行・価値・体系・社会に置いて、不便無く、楽しく過ごしている★。のだが、
■他方、厭世観を抱かずに済まない、底辺労働者≒派遣業種・従事者群にとっては、
活きていて、それ程、この世界は楽しく無いからである■。低賃金の労働に縛り付けられ、
その苦痛と不毛な作業従事から、離脱するは、社会的な死を意味する事だからであり。
こんな生涯を、死ぬまで続ける事を、容易に予測し得るならば、長生き等望む筈も無い。
《だが、どんなものにも、原因に拠って、結果が現れている。と言った道理が存在する》。
この考え方を持って、我々の帰属しているとされる、社会と言った集団・構造を見詰めるならば。
この、現行・社会を、俯瞰する視覚・思考を貴方が、もし、持ちえたとするならば、その風景には、
何が顕れているかを、知る筈である。☑この現行・社会の俗世・俗物・人間・原則界?は、
椅子盗りゲームである☑。と言った、実体構造が存在している事に、気付き得る筈である。
競争・原理・社会では、能力の在るものが、それに見合った、益を受けて当然であり、
能力の無い存在群〈現行・社会に、効果的な効用を持たない〉は安い賃金に拠る、
生活に甘んじるべきである。これは当然である=★社会・定理である★。と言う訳である。
では、考えてみよう。☑競争・能力比較が、果たして、公平にクリーンに
行なわれているかどうか?☑〈一体だれが、どの様な、査定評価・基準に拠ってか〉。
◆裏口入学などは、金銭提出に拠って、建前の正規の審査に匹敵すると言う事を、顕している◆。
現在では、上位の学習・教程を受ける為の第一の条件とは、お金〈資力〉の在る、無しであり、
学力・能力は、二番目の審査・基準に成っている事実を、思い知らされている筈である。
入学金や、学費を支払・維持出来る、家庭の子女でなければ、大学にも行けない。
実社会の上級・高給職に就く為の、ステップに足を掛けると言った、チャレンジ・チャンスさえ、
極端に云わば、金次第と言う事である。『金次第とは、地獄では非常に有効らしいが』(哂い)
だが、この様な社会の成功者とは、一体どんな人間だろうか?。と言った、
素朴で貴重な疑問を決して、忘れてはいけないだろう。素晴らしい人達なのだろうか?。
経済の神様と評されるらしい、今は亡き、末下・コウノスケ成る人物がいたようだが、
姑息にも、親子電球のセールス当時、蛍光灯の製品を製作完了していたにも関わらず、
親子電球の採算が取れるまで、これを秘匿・遮蔽し握りつぶしていた訳でもある。
自社・利益が優先されるのが、経済律に沿った行為ならば、どんなイカサマや嘘でも、
突き通す。見事、この企業も本家の強欲・ユ蛇屋に、乗っ取られた訳なのだが、当然である。
小悪党は、由り大きな悪党に食われるものである。経済の食物連鎖とでも、云えば良いか。
現在・社会の混迷も混乱も、総て、ユ蛇ヤ・タルムード≡⇅★邪神・兵団⇅★に拠って、
尽く引き起こされている、自作自演・演劇である。【マッチ・ポンプと言った、言葉をご存知だろうか】。
これは、火をつけ放火して置いて、ポンプ(消防車)を、持ってくる謀略・行為である。
これらの、カラクリをしらない、者達は、通報し消防に当たった存在を、善意の者と、
単純に解釈し勝ちだが、♏ediaが良くやる、ヤラセと同じで、仕込み、仕組みへの、
疑いや懐疑を持たず、表層の事実的・イメージに拠って、判断することで、容易に、
火をつけ放火した、当人[犯人]を、救済者や、指導者の如く崇めたりする事に成る様である。
人間とは、この様に、実に、愚かしい錯覚や、誘導結論にさえも、簡単に騙され、
それを真実だと、お目出度くも、信じ込む、他愛の無い存在なのである。この様な、
人間に纏わり付く、愚かさを、自覚し得て始めて、貴方は、現実・社会と呼ばれる。
ある存在群にとって、非常に都合の良い、支配・管理・体制の中に居るのである。
映:的利っ苦巣の一話に在ったように、ある年齢を超えて、この様な事実に触れるのは、
自我・崩壊≒発狂の危険があるのは、事実ではある。この二つの現実を使い分ける、
意識的な技能、タフさと冷徹さが必要とされるのだが。おいおいと言う事で、今回は、
この辺りで、閉じる事にしょう。⇅★邪神・兵団⇅★の突撃兵は、貴方の身近に、事実、
存在している。イメージ的理解の為には、B級・SF作品のTHEY LIVEが、入門編としては、
実に、適切と思われる。再度の来訪時には、この上記の映像。商品を、
ご観賞の後にして頂きたいものである。伝えるべき事は、まだ多々存在する。【℣】
0

2009/1/13

*Karte・bO59*⇔『宜しい』、始めて診よう‥*  CRITICAL

e【Dr-Absolute?の☤注文の多い>【Ð】<《Pointless・LABO》〃《粘土浸入禁止》
『偽装・人間に付いて』、幾つかの事例を診察してみて、感ずる所を、抉り出して診様。
さて、この引越し先の近所を、散歩してみたのだが、見事な程に、平和ボケ住人・馬鹿りが、
暮らしている。この現状を見る限り、陰謀・戦略・集団・勢力の勝利は確定に等しい。
鑑みて、これではとても、ここのディープなお笑い話題・論説に、関心も興味も引きそうに無い。
我々の方が、明らかに、異常者に見える事だろう。指標を辿って、ここまで辿り着いた諸君。
『おめでとう』と、祝辞を送ろう。¥枯れ木の山の中で¥、【ひっそりと、快心撃を始めよう】。
§本来的・人間の規定?§が、現在・社会に置いては、認知・混乱を示しているので、
★偽装・人間〈非・善類種〉★とは、一体どの様な代物〈本性〉を持つ存在か?。
と、語り明かすのは、誠に難しく、困難を極める→文明症例・論と成っているのだが。
大雑把に言えば、今は。ほぼ失われし、Nativeと呼ばれる民の心性を持つ者達が、
本来的・人間と【私は、決して譲らず、規定・厳守しており】。これらの心性から、
離れたる存在群を、★偽装・人間〈非・善類種〉★と、呼び、判別・鑑定している。
これら、★偽装・人間〈非・善類種〉★の表装・代表が、☆ザリガニ種?☆であり、
ザリガニ帝国を、背後で、操作・使役する。サバタイ派、フランキスト派ユ蛇ヤ教徒と
認識している。これらは、@人類史・古伝・継承的・秘学の体系@に由っており、
サバタイ派、フランキスト派ユ蛇ヤ教徒・血族・勢力≡Ⓜ結社に拠り、巧妙なまでに
一般・人類の、顕在・記憶から、抹消・遮蔽された、深智学?俯瞰・認知に置いては、
【実に明白な事実〈確証〉】でもある。が、これらへの認識(理解)は、
現在の一般・文明・適応・意識去勢・臣民種には、望むべくも無い現状である。
面白い事に、サバタイ派、フランキスト派ユ蛇ヤ教徒のエリートとやらが、
特級の国際金融家〈それも、巨大・財閥⇒ロックフェラーやロスチャイルド家一門〉
である事であり、事実、世界経済とやらは、これらのワンサイド・ゲームとして、
国際市場《現行・世界・経済・賭博》は、運営されている。
云わば、ロックフェラーやロスチャイルド家一門=現行の経済賭博場の
胴元に等しい「隠された?事実」。無論、この様な、サタニスト?・家系は、
実業ばかりでは無く、虚業全般にも、その支配力を振るっている。
この辺りの、世界[臣民]に、巧妙に隠された【確証・実情】は、
曰く付きの★Zion議定書★と呼ばれる。陰謀論者達にとっての、定書?を
読了すれば、容易に感じ取る事の出来る。この世界の深部・根底に触れる
境界域の、驚愕を感じる程のリアリティである。
♑偽装人間≒非・善類≡邪神兵団♑とは、如何なるものか?。
と言った疑問を、探究する志がある新規の閲覧者には、此方を、覘いて視るのもいいだろう。
天網恢恢・HP☞http://kadath.choitoippuku.com/
の内。*極限・遊戯*の三っの門を閲覧して頂ければ、どれ程、去勢されつくした、自己・存在で
あるかを、ひょっとすれば、気付くやもしれないのだが。余り、期待は持てそうも無い。
現実社会に、秘められた呪いの如き、この事実・支配・構造を、容認し得る、タフな存在が、
この現世に、どれ程残っているか。それでも啓発の門戸は開いて置くに、越した事はない。
連結・回線の案内に紙面を取られた様なので、解を改めて、語ろうと思う。
今回は、これで終了として置く。【Ð】←象徴記号の変更。Dr-Critical・Strange・Love。

0

2009/1/10

ラベルと実質は、果たして同じなのか?  CRITICAL

卍⇔∵深遠の迷宮∴/Zone13/卍
⇒偽装・食品が、最近、暫し、話題に成るようなのだが?。
『偽装表示は、食品だけの話なのだろうか?』、と言った、
実に素朴で危険なまで☑な疑問も感じるのだが。
→ここで、展開される自由闊達な、お噺は、現実とは一切関りの無い、
パラレル・ワールド?に属した、空話・考察・論説なので。
決して、現実のものと、混同されないように、と言った、お断りを此処に、明確に記し、
提示して置くので、Criticalなまでの、Fictionとして、楽しんでもらいたい。
では、この様なこの領域のみの前提を、双方の合意の上という事で、
初めてみよう※読者の方は、くれぐれも、この様な前提を忘れないでもらいたい※。
偽装(虚偽)は、ばれるまでは、そのラベル表示のものとして扱われる、
これは社会・常識的・判断と、一般では言われる、
社会・定理的・意識・処理に従っている為でもある。
表示・虚偽が、偽りである事を、知った[知らされた]人は、
これらを、再び、また別の認識を持って、捕え、扱い、評価する事と成る。
実に不思議な事だが、現物、そのものが、変わった訳では決して無いが、
■表示≒ラベルが、評価を価値を〈消費者達に〉与えている■
《と言った効果がここに存在》している。
この事に、得てして一般・臣民は、実に鷹揚でもある
〈余り、意識的に関心を払わない〉。
古典的、SF作品の中に、1984なる、ジョージ・オーゥエルの作品が、存在している。
買って読む暇の無い方は、電脳・波乗りで、書評を捕え、斜め読みすれば、
この作品の概ね、全容の骨子を理解し得るので、
ここでは、補足的、説明・解説は付けないのだが。
映:まとりっくす。で描かれていた様な、構造が提示されている。のだが、
『偽装・人間と言った存在が有り得るのか?』。
と言った疑問≒[思考・考察・実験の奨め]を、提示している。
「人間に偽・人間なんてものが、存在しているのか?」。
と言った、実に[自分≒社会の]常識や正気を疑わなければならない、
そんな疑問を考えるべきか?。と言った、不快な気分も有るだろうが、
では、普及(認知)率では十分な、映:まとりっくす。での、
「バーチャルな世界に留まったままの、存在は、人間であると、言えるのか?」
と言った問いを、貴方に問えば、貴方は何と答えるのだろうか。
マトリックスの中に有って、その外の現実に触れたことの無い、存在は‥。
また、魔trick棲?の外へと、逃れ出た存在は、中の存在であり続ける存在と、
同じ人間と、言い得るのだろうか?。
この二者は、違う現実に生きている事は、確かである。
この二者の常識≒認知・認識は、絶対に同じものでは無い筈である。
ラベル(イメージ的・評価・価値)と、実態・実質は等質で、あり得るのか?。
価値判定は、人の数程、多様では有るが、不思議な事にStandardと言った、
社会的な〈基準的〉物差し、が存在しているのだが、それを一体誰が、提唱し、
それを基準として、何故、波及・定着しているか、への疑問は、一切見られない。
我々は、多くの場合、生まれ、育ってきた社会とやらに、与えられたものに拠って、
育ち、規定され、それに従い、行為・行動している。
道路、交通法に従う、車と同じとも、言い得る。
初期の車の少ない次期・時代には、道路交通法は、存在しなかった。
そして、車が存在しなければ、交通法とやらも、必要は無い。
足元を見てみよう、我々が語ったり、評価したりするものは、
総て、この社会に拠って、知らない内に刷り込まれた、
考えや評価の、自己翻訳・解釈・表出に過ぎない。のではないか?。
無論、この様な疑問は、哲学者か社会・構造・学者が、
語るべきものと、思われがちだが。
何故、自家製・考察を放棄し、与えられた、アカデミー的・論説にのみ、
従わねばならないのか。
この様な、疑問に、自分の頭で考える事を、
何時の間にか、社会的Tabooとさえ、されている。
貴方は、まとりっくすの中の存在なのか、それとも、その外に立つ存在なのか?。
これは実に、際どく、愉快な、設問でもある。
他者の不幸は、果して、自分とは、関わりの無い、他人事なのだろうか。
貴方も私も、多くの場合、*社会と言った、ピンボールのテーブルの上を、
駆け回っている、鉄球*だとは、考え付かないだろうか?。
移転・引越しを済ませたばかりの、初回と言う事で、この辺りで、続くとして置く。では。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ