パコラバンヌ ウルトラバイオレット カラーズオブサマー EDT・SP 80ml  香水

ULTRAVIOLET COLOR OF SUMMER EAU DE TOILETTE SPRAY 80ml


パトリック・ロビンソンの退任後、数シーズンにわたってウェア・コレクションを中断していた、フランスの老舗メゾン「パコ・ラバンヌ」。一時期ファッション部門自体が閉鎖されておりましたが、2011年に、ウィメンズ・ウェアのクリエイティブ・ディレクターにインドを代表するマニッシュ・アローラをむかえることが発表され、大きな話題となりました。新生パコ・ラバンヌのこれからに注目が集まっております。

こちらはそんな人気メゾンのフレグランス・ラインから、2006年に発売されたレディス香水です。同時に発売された「ウルトラ・ヴァイオレット・メン・カラーズ・オブ・サマー」とのカップリング香水となっております。サマーリミテッド・エディションで、どちらもかなり入手が困難なレア・アイテムとなっておりますので、お求めはお早めに。

レディスのこちらはヴィヴィッドなシトラス・フローラルの香調をベースにしていて、ホットでハイファッションな趣きの、若々しくキッチュなアイテムに仕上げられております。

ピンクペッパーやピンク・グレープフルーツなどが、エナジャイジングでシャープなスパイシー・シトラスを香り立たせるトップから、 コーラル・フラワーやオスマンサス・フラワーなどが、モダンでふんわりとアメージングなフローラル・ファンタスティックを浮かび上がらせるミドルへ。 ラストはサンダルウッドやバニラなどが、全体の香調を落ち着いたスウィートでドライダウンさせて、マイルドなセンシュアリティーをアピールしてくれそうです。

プロデュースは、自社香水はもちろん、キャロライナ・ヘレラやプラダ、ニナ・リッチなどの香水ラインでも知られる「PUIG」です。とてもスマートでコンテンポラリーなトーンの香りではないかと思います。香りようによっては、ほんのりとピーチのような甘さが感じられるかもしれませんが、それはおそらくオスマンサス(キンモクセイ)の香りのマジックだと思います。カジュアルなシーンであればオールシーズンでお使いいただけるでしょう。

ボトルが近未来なデザインなのはこのラインの特徴ですが、今回も鮮やかな色合いがとってもステキです。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ