2016/10/4

紅葉の三ツ石山  登山

仕事中のカーラジオから三ツ石山の紅葉が見頃ですと流れた

ならば行ってみるべと、10月2日網張スキー場奥の新しい登山道より登ってきました。

スキー場駐車場から5〜6分ほどで頑丈な車止が現れここから歩く事になるらしい

朝7時すでに駐車してる車が30台ほど。


ゲートより舗装路を50分歩きます、長く感じる。
クリックすると元のサイズで表示します


舗装路を終え着いた登山口より40分ほどで久々の三ツ石の小屋着。

建て替えらた小屋のストーブの火入れ式をした事もあったな。
クリックすると元のサイズで表示します


東に岩手山を望みながら三ツ石の山頂を目指します。
クリックすると元のサイズで表示します


岩の露出した急な登山道が終わり大地へ出て一呼吸、皆カメラを構えてます、ナゼ ?

笹の緑の中にオレンジのペンキを流した様に紅葉が広がってました「オー」私の声に

カメラを構えていた方が「デショデショ」ウンウンとうなずいてくれた。
クリックすると元のサイズで表示します


山頂ドーム。
クリックすると元のサイズで表示します


山頂より南、奥に早池峰山でしょうか。
クリックすると元のサイズで表示します


下山すると駐車場には100台(大げさ)ほどの車!ここから登り日帰りで岩手山や泊まりで八幡へ

縦走の方も多いのでしょう、ここを起点にすればあちこちへも楽しいと思いました。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2016/9/12

秋田駒  登山

夏のジリジリとした尾根歩きも終わり、さりとて肌寒く何かを羽織るほどでもない山の

季節。日曜日、晴れの天気にほだされて秋田駒、国見温泉口より行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

登山口に着いたのが9時を過ぎてました、駐車場で二組の方達が支度をしています

「お先に行ってきます」と出発したもののすぐに追いつかれ「お先します」と・・。

クリックすると元のサイズで表示します

分岐でやはりムーミン谷を選択。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ここのよい所は、沢山のルート、ピークをその日で選べ。尾根を辿り縦走も遠くは

八幡平までと単独なりパーティなりに山を楽しめるようです。

クリックすると元のサイズで表示します

小屋前でごはんを食べていた親子が木道を帰って行きました。

私も横岳経由で下山します。


横岳より、山のテーマパークのような山頂部。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

帰路ムーミン谷出合いで足下に・・待っていてくれたんだね・・・。

雲が遊び、爽やかな山行となりました。
3

2016/9/6

神室、西の又支流  沢登り

秋田県側、神室山、西の又コース第三徒渉点に「三十三尋の滝」が有ります

西の又沢に支流として合流してる沢出合いの滝です。

登山道はその滝を巻くようにあり、その後は胸付八丁の坂道が一時間半ほど続く

沢もその登山道と並ぶように高度を上げて御田の草付きで消えるようです。

前置きが長いですがその高度の中に滝が隠れてると思い行ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

登山口Pより一時間ほどで第三徒渉点に三十三尋の滝に着きます。今回湯沢のSさんに

同行をおねがいして沢を辿ってみました。

クリックすると元のサイズで表示します

歴史を感じる看板で辿った所をみてね。

クリックすると元のサイズで表示します

三十三尋の滝を巻いて沢に降り、少し歩くと二段10mの樋状の滝が現れました。

クリックすると元のサイズで表示します

水量もあり狭く灌木も期待できない滝でSさんと偵察し、攻略法に巻きも考えましたが

もしもと持ってきたハーケンで一つ支点を取ればなんとか行けるのではと左より取り付き

小さいテラスで支点を取り一段目をなんとか登る事が出来ました。

その上部は大きな階段状で問題は無かったです。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

F2攻略に気を良くして次を期待しましたが、このゴーロが最後まで続きます。

クリックすると元のサイズで表示します

御田の神の雪田が残る草付きに二時間ほどで出ました。

私は満足でしたが、Sさんは物足りなかったのではと心配してます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ