2017/4/30

美術館  催し物



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


0

2017/4/30

県花木研究指導センター  愛媛県

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/4/29

アヤメの里  季節

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2017/4/29

井内の牡丹茶屋  季節

東温市の井内にある≪牡丹茶屋≫
クリックすると元のサイズで表示します

少し早かったようで、半分くらいは蕾でした。
クリックすると元のサイズで表示します

咲き始めた牡丹は美しく豪華です。
クリックすると元のサイズで表示します

山の斜面を歩きながら植えてある花を楽しめます。
クリックすると元のサイズで表示します

牡丹茶屋へ来たのは随分前だったのですが
その頃より、花も随分増えて素晴らしい花園です。
クリックすると元のサイズで表示します

色とりどりの牡丹の美しさにウットリ、時間の経つのも
忘れてしまいました。
クリックすると元のサイズで表示します

蛙が牡丹の花の中で休んでいます。
香りも良く
柔らかくて羽根布団にくるまっている気分でしょうね。
クリックすると元のサイズで表示します

棚田にも水がはってあり田植えも近いですね〜
クリックすると元のサイズで表示します


0

2017/4/28

庚申庵のフジ  季節

庚申庵のフジも見頃だろうと楽しみに行きました。
ところが
門を入って池のほうを見るとあれっ❣


丁度受付に居た方に
『早かった❓』と聞いたら
『今年はこれ以上は咲かないでしょう』
なんと蕾に虫がついてポロポロ落ちているから
花房も伸びないのですって❢
いつもなら一メートル近くある花房ですが
30pかせいぜい50pくらいですよ〜
クリックすると元のサイズで表示します

緋毛氈に座ってお茶を頂きながら眺めると
薄紫の美しい簾のように見えるはずなのに今年は
透き透きです。
クリックすると元のサイズで表示します

この≪庚申庵≫の以前の持ち主“渡部章正”さんから
いつもこの季節になると
『咲き始めたけんおいでな』とお誘いがありました。
お伺いすると
『おいでたかな』とお茶を出してくださり
美しい花に見入られたようにただただ眺めていました。
その頃のフジはこんな物ではなく、花が大きくて色も濃くて
花房も池の水面に届くように長く垂れ下がって
この一角は幽玄の世界でしたよ〜

章正さんもお年を召されて庭の手入れが出来なくなり
この庵を松山市に寄贈され、市が大幅に改修して
今の庚申庵になりましたが
始めて来た時には
あまりの変わりように言葉もありませんでした。

章正さんに『あれは何なの?』と言ったら
『あんなもん、どうでもええ❢』と
きっと
奥様との思い出のお庭が無残にも壊されてしまって
哀しく腹立たしかったのだと思いました。

今は本当に綺麗に整備された美しい庭になっていますが
昔、章正さんと縁側に座ってノンビリと眺めたフジの花
お手入れは行き届いていないけれど
風にフジの長い花房が触れ合う音が聞こえるような
静かなお庭が懐かしいです。

あの章正さんの想いを
知っているのはこの古いフジの根っこだけかもね。
クリックすると元のサイズで表示します

今年は、花房もこれ以上は伸びないそうです。
クリックすると元のサイズで表示します

≪栗田樗堂≫さんも
今年のフジは残念がっていらっしゃることでしょう。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新緑のお庭を眺めながらお抹茶を頂いて帰りました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

“オガタマ”が咲いて良い香りを振りまいていました。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ