蝕む夏16年目!  (蛾の写真)

ムシバムファンの皆さん、2018年のムシバムです。


クリックすると元のサイズで表示します


ムシバム基本ルール。
1/群馬にある長嶋家の山小屋の室内で、虫の写真をとる。
2/奇麗な虫を探さない
3/上手に撮ろうと無理しない。
4/撮った虫のことをなるべく調べない。分かろうとしない。


「ムシバム」バックナンバー
過去のムシバムは、左のカレンダーみたいなのからみてください。

初年度、2003年のムシバムのみ、現在閲覧できません。すみません。


コメントなど、レスポンスできないことが多いと思います。
※当サイト上の画像の無断加工・転載・複製を禁じます


58

銀三角  

クリックすると元のサイズで表示します

昨年、来ていないうちに三角コーナーがまた変わった。


……先々代(薄緑)は10年以上使っていた気がする。
それに対して先代(白)はずいぶん短かったことになる。なんでだろう。
真っ二つに割れて壊れたりするものではないのに。

(お暇な方は「ブログ内検索」「三角コーナー」で検索してみてください)。


疑問形で今、いったが、なんか分かる。
先々代の方が、なんかよかった。先代なんかしっくりこなかったのだ。
その差がいまだに分からないのだが。

その、新たな三角コーナーに蜘蛛。ちょっとみにくくてすみません。
今度のは果たして気に入るか。

上にピンクの縦線の入ったボトルがみえるが、キレイキレイです。
赤ん坊がやってくると、そんな物品も備わる。
3

夏だ!虫だ!ムシバムだ!  

昨年は父親に撮ってもらいましたが、今年はとりあえず僕自らのショットではじまります。

クリックすると元のサイズで表示します

山小屋到着したその場で撮った18年初ショット。
細いドアの小さなドアノブに、ちょうど納まった蛾。
「検品済」のシールみたいだ。
「虫、ちゃんといれときました」の印。

いらんよそんな印。
10

ムシバム名画シリーズ3  

山小屋滞在中のヤスローが描いた窓の外。
クリックすると元のサイズで表示します

ムシバムに載せるため、カナブンを放って撮影してくれた。

クリックすると元のサイズで表示します

これもヤスロー画。レタス畑と(雲でみえない)浅間山。とカナブン。
絵心ありますな。


……実は今年のムシバムは、すべて父、ヤスローの撮影によるものでした。
慣れない初スマホでの撮影ごくろうさまでした。


僕は今年は山におらず、下界で子育てにあけくれ。
週刊文春連載をお読みの皆さまはもちろんご存知のことと思いますが44歳にして父親になったのでした。


まだもしかしたら一泊くらい山にいく、かもしれないのだが、たぶん今年のムシバムはここまで。
来年は吾子&虫ショットをお楽しみに。
14

もうすぐ山じまい  

クリックすると元のサイズで表示します
このランプシェードは、初めて写るものかも。
ボロいがかわいく、カメムシもややよいものにみえる。

……カメムシって、堅そうな甲羅感はあるが、形はあまり亀じゃないよね。肩パッド入ってる。

夏も終わりが近づいてまいりました。
11

瓶テージ  

クリックすると元のサイズで表示します
山の中でも森の奥でも、今はごみの分別はしっかりしている。
不燃ごみの袋はセーブオンやホソカワで買えます。

日用で出る瓶のゴミ、全種類揃えました、という写真になったな。ジャムの瓶以外、まあおおむね、というか。

中のはカマドウマにみえるがコオロギ系の虫です。
なんか足の感じが死体っぽくてアレですが。
8

安定の尻かくさず  

クリックすると元のサイズで表示します
ポタージュスープの飲み残しをスプーンを伝って舐めているネズミ。

今年もネズミ健在。
11

ヤスロー読書シリーズ2  

クリックすると元のサイズで表示します

ウンカはムシバム初登場ではない。
だが、ムシバム掲載頻度は少ない虫です。

カマドウマやらカゲロウとか蛾並みによくいる常連の虫だが、ムシバムの常連ではない。
なぜでしょう。

撮ろうとすると、ジャンプして「ものすごく遠くに」いってしまうからです。
他にも、撮ろうとするうちに移動する虫はいる。でもだいたい、捕捉できる。

ウンカは一瞬で「消え去る」感じ。

また、小さすぎて、接写のピントをあわせるのに時間がかかるというのもあります。
今回うまく撮れたのだが、貴重な虫を撮ったぞという気持ちの高揚が薄いのだった。


ヤスローが読んでいるのは夢野久作の日記。どことなし虫に似合うことはたしか。
14




AutoPage最新お知らせ