2009/1/16

川村明宏のジニアス記憶術ついに公開!  川村明宏のジニアス記憶術

川村明宏のジニアス記憶術



あなたは、ご自分の勉強方法を疑ったことがありますか?



「一つの事を集中してやりなさい!」と・・・




過去に言われた勉強方法を頑なに守って一生懸命



勉強していませんか?





でも、今まで常識と思われていた勉強法は間違っています。



実は記憶術には、今までの勉強法は向いていません!





今までだったら、勉強でも、何かを達成するにも



まずひとつに集中すること、という考えが、



常識だったのかもしれません。





しかし、今までの常識的な勉強法では成果がでないどころか



ライバルに差をつける事ができないのです。




むしろ余計に物覚えが悪くなります。





なぜ、今まで常識とされていた勉強法がいけないのでしょう?



それは、脳の仕組みに関係しているのです。






例えば、複雑な数学の計算や、論理的な思考になると、



多量の血液が左脳の一部に流れ込み、



他の部位の血液量が少なくなります。





つまりこれは左脳のみが活動し、



右脳は寝ている状態ということになるのです。






人間の自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、



知的作業を行っているときは、主に交感神経が活動しています。






知的な作業の中で一番基本的な行為が「読むこと」ですが、



この時点でもう、交感神経の異常行動が始まっていて



同時並列の作業ができなくなっているのです。





つまり、ひとつの作業が終わってから次の作業に行くという、



直列作業になってしまうのです。





これでは脳の力をフルに使えているとはいえないわけです。





だから、常識とされる今までの勉強方は



記憶力の向上には向かない勉強法だと言うことができます。





では、記憶力を飛躍的に上げる記憶術のやり方とは?




「右脳と左脳を同時に上手く使う事・・・」




と言うことになります。



川村明宏のジニアス記憶術





なので、記憶力が悪いといっても、決して生まれつきの



才能や能力の問題だけではないんですね!



私たち人間の脳は、トレーニングの仕方によって、いくらでも



隠された能力を引き出すことが可能です。





あなたも、この記憶術で1日数分のトレーニングをするだけで、



隠された能力が引き出され、記憶力が数十倍にアップするという



今までは考えられない自分に驚かれることでしょう。





もし、あなたが記憶力に少しでも悩みをお持ちなら、



この記憶術トレーニングで、あなたの記憶力を飛躍的に向上させる



お手伝いをさせていただきます。



詳しくは⇒川村明宏のジニアス記憶術

0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ