2012/2/14

teacup.ブログ START!  

ブログが完成しました

ケータイからも、閲覧、投稿が可能なので、どこからでもブログの更新が行えます!

teacup.ブログはひとりで複数作成可能なので、ブログの内容によってブログを使い分けることもできます。
ブログ追加新規作成

また、投稿の仕方、管理画面の使い方につきましては、ヘルプ一覧ページに詳しく記載されています。
ヘルプ一覧

*この記事は管理画面から「投稿の管理」→「削除と編集」より、削除または編集していただいて構いません。

2011/2/22

特攻野郎Aチーム  

特攻野郎Aチーム THE MOVIE(初回生産限定) [DVD] / リーアム・ニーソン, ブラッドリー・クーパー, クイントン・“ランペイジ”・ジャクソン, シャルト・コプリー, ジェシカ・ビール (出演); ジョー・カーナハン (監督)

2/19鑑賞

リーアム・ニーソンがあんな張り付いたようなニヤケ顔するなんて・・・。

昔やってたTVシリーズの映画版・・ということは知ってるんだけど、ソレもひっくるめてはじめてみました。

壮大にバカ。
だけど、なんだかその壮大さでスカっとさせてくれます。
だって、ヘリコプターの宙返りなんてはじめて見たし、屈強な黒人のレンジャーがそれで飛行機ギライで失神までするようになるなんてwwww

大いに笑い、大いにスゲー!!!を連発し、なんかスカっとする。
バカだけど、そういう意味ではいい映画ww

「G.Iジョー」くらいのいい映画ですね^^

2011/2/22

インプリント  

インプリント~ぼっけえ、きょうてえ~ [DVD] / 工藤夕貴, ビリー・ドラゴ (出演); 岩井志麻子 (原著); 三池崇史 (監督)

2/16鑑賞

岩井志麻子女史の「ぼっけぇきょうてぇ」、三池版。
日本アカデミー賞で賞を取り逃しちゃったんでww

「こわい」「グロイ」と言われてきましたこの映画ですけど・・・たしかに拷問シーンなんかは痛いんですが、どうして「SAW」は平気で大ヒットとかしちゃうのにこれがダメ?くらいのものです。

貧しさからの間引き、子殺しなどは精勤的にはグロいけど、ゴム人形ってわかるしね・・・www

もう照明・意匠が三池節炸裂でむしろ私は好きでした。

夜の帳を彩る、花町のあざやかなちょうちんや薄暗がりに映えるケバイ女郎の化粧。
女郎屋の建物の雰囲気と照明の暗さ。

これはもう・・・たまらないものがありますよww

話も原作に忠実かどうかはちょっとわかりませんけど、あと一歩踏み込むと一段とぐぐぐっと面白く、雰囲気も出てよいと思うんですな。

間引きを核とするタブーって非常に日本の土着的ないやらしさを持ってるものですから、もうちょっと食い下げて欲しかった。

でも、及第点ですよ。
ただ、後半からのいきなり妖怪話っぽくなるのだけ突然すぎていただけません。
間違ったビジュアルにするからイメージ的に「ダメじゃん・・」になるのかもしれないけどww

まぁ、それがあってもよかったっす。

2011/2/22

欲望の翼  

欲望の翼 [DVD] / レスリー・チャン, マギー・チャン, アンディ・ラウ, カリーナ・ラウ (出演); ウォン・カーウァイ (脚本); クリストファー・ドイル (映像); ウォン・カーウァイ (監督)

2/15鑑賞

15年ぶりくらいに見たかな・・・。

ウォン・カーウァイ×クリストファー・ドイルが紡ぐヌーベルシノワ的な映像に見出されたきっかけはもう覚えてないくらい昔です。

この恋愛映画を見ない私が、どっぷりと浸かってしまったのですから監督の才能押して知るべし。

少しもやがかかった画面。
煩雑な町並みにおしゃれな若者。でもどっか垢抜けない。
登場人物が主人公をくるくるとバトンタッチさせながらストーリーが進む手法はこのあと「恋する惑星」「天使の涙」「ブエノスアイレス」以下続々に引き継がれていきます。

みんなが主人公。
なんかいいじゃありませんか^^

マギー・チャンの美しい地味さ。
そして、アンディ・ラウ×レスリー・チャン×トニー・レオンという鼻血が出るほどの豪華キャスト。

地味にすごい映画なんです。これは。

2011/2/22

沈まぬ太陽  

沈まぬ太陽 スタンダード・エディション(2枚組) [DVD] / 渡辺 謙, 三浦友和, 松雪泰子, 鈴木京香, 石坂浩二 (出演); 若松節朗 (監督)

2/12鑑賞

ながいながいwww
19時からやって23時終わりです。

やっぱり山崎豊子先生の作品はドラマでやってくれた方がいいのかも。
その方が丁寧に書けるかな。

しかし、大多数の小説ファンの方は「よくぞまぁ頑張って映画にしたねぇ」という評価ですね。
確かに。

日航が舞台なんで、墜落事故が絡んだりして。
まぁ、60年代の社会が「闘争・運動」華やかなりし頃。
組合の委員長やって会社に楯突いてた人間がどんな哀れで大変な会社人生を送るかって話ですね。

あーゆーことがあったから、めっきり組合なんてもの聞かなくなっちゃったし、労働者は雇用者の言いなりなんだなって思います。

ホント、「労働三法」って何のためにあるんだろうね・・・?と考えさせられた4時間でございました。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ