食事のお誘い、ダイエットのために制限していませんか?

彼氏がほしいから痩せてキレイになろうと決死の覚悟で臨んだダイエット。
見事、体重も理想値まで落ち、以前よりも異性から食事のお誘いが多くなった。
けれども、食事制限をしている(ダイエットの)ために、せっかくのお誘いの
大半は断っている…というあなた。

それって本末転倒していませんか?

食事制限によるダイエットの場合、最初のうちは量を控えていられるけれども、
大好物のものが目の前にでてくると、「ガマン」している自分にストレスを抱え、
それが反動となり、理性で抑えられないほどの過食に走ってしまうことがあります。

さらに、過食した分を取り戻すために、以前にも増して食べる量を減らしてしまうと、
その反動サイクルが短くなり、過食の回数も多くなると同時に、栄養失調状態の体が
栄養素を蓄えようと働き、結果、痩せた以上に太ってしまうのです。

これが、いわゆる、リバウンド現象といわれるものです。

実は、リバウンドで悩んでいた多くの女性がその悩みから開放されたうえに、
理想の体型を手に入れることができた究極の方法があるのです。

そんな旨い話なんて…と思うかもしれませんが、事実なのです。
その事実をまずはこちらで確認してみてください。

 モデ痩せのないようをみる


食べた分を全て消費してしまう食事法「モデ痩せ」。

まず最初に考えてほしいのが、太る仕組みです。
消費するカロリー以上に摂取したカロリーが多ければ、当然太ります。
リバウンドの場合は、食事制限により体の細胞レベルまで栄養失調状態に
なっているため、体が生命の防御作用として、栄養素が取り込まれると
必要以上に蓄えておこうとするのです。


しかも、栄養失調状態の場合、体は最低限の消費活動でまかなおうとしますので、
必然的に基礎代謝が減少します。
つまり、食事制限法では、摂取カロリーを減らし続けなければ、
ある程度のレベルに到達するとそれ以上に痩せることができないのです(
体重減の停滞期といわれる現象です)。



逆に、摂取カロリー以上に消費カロリーを多くするにはどうしたらよいのでしょうか?

まず思い浮かぶのが「運動」です。
確かに、運動することは健康上よいことですが、
痩せるくらいの運動量をとなると、
一般人にとってはムリな運動範囲です。
中には、運動のしすぎで関節をいためたりする方もいるのですから。

では、他に何があるのでしょうか?

答えは簡単です。食べた分を全て消費してしまい、カラダに脂肪のつくひまがない状態にしてしまえばよいのです。



それには、少しだけ食べ方を変えなくてはいけません。
その方法が細かく記載されているマニュアル本が「モデ痩せ」なのです。



⇒ 外食もOK モデ痩せ


食事改善は制限ではありません。

普通の食事をとる上で、ちょっとだけ工夫をしてもらうだけなのです。

この食事改善方法を続けることで、
要な栄養素が余さず体中の細胞に行き渡り、
カラダの細胞も活性化し、より消費カロリーがアップするため、
自然と体脂肪が燃焼し、結果的には体重も減って行きます。



ある日、カラダのラインが細くなっていることに気づいたら、
それは、
余分な体脂肪が燃焼している証拠なのです。



●参考リンク

★ゲキモテ★1日たった10分で!自然な二重まぶたをゲット! 憧子(とうこ) 口コミ



1日10分間ある事をして10日間で−6.2センチの脚やせ!?【美脚パーフェクトプログラム】 三橋 麻美 口コミ


女性のメカニズムで痩せる究極のダイエット! 太田 口コミ



0
タグ: 効果 内容 口コミ



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ