MNL Appendix

やられザコ婦女子の艶姿を描き流す落書き帳

 

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:名無しさん
おはようございますMETさん
デスダイビングですねえ
投稿者:MET
こんな状態なのにコメント頂いて恐縮です。
今手をつけているのは未完成品の続きではないんですが、なんとか良い物になるよう努めています。
進行速度からして近日とは言えなさそうですが(短編なのに…)どうか気長に待っていただければと…。
投稿者:Aki
ROM専ですが
更新楽しみに待ってますよ!

以前に連載していたものの続きとか見てみたいなぁ
投稿者:御滝灘
>MET様
>フランスファイブ

名前の通りスーパー戦隊シリーズにインスパイヤされた同人特撮です。
で、監督は特に主要な元ネタの一つとして、かのバイオマンを挙げておられるのですね。

するってえと(勝手に)期待しちゃうじゃないですか、そうファラキャットを。
第一話で、敵の組織にはお約束の女幹部が登場しました。
するってえと(勝手に)期待しちゃうじゃないですか、「そうかファラキャットはこいつの部下で出て来るんだな!」と。

……ええ、結局そんなシーンは無いまま第四話(最終話いっこ前)を迎えました。
そうこうするうちに女幹部は(ネタバレになるためメール欄)という結末に。
かくして私は勝手に変な期待をかけたツケを自らの虚無感で払う羽目になりましたとさ。どっとはらい。


なお、アレックス監督ならびに関係者各位の名誉のために言っておきますが、
特撮作品としては、非常に、たいへんに、最高度に面白い作品です。
頭を冷やして第一話から順に見直してみたところ、本当に童心に帰って楽しむことが出来ました。
スタッフの日本特撮への情熱、そして祖国フランスへの愛が感じられる作品です。
こちら↓のサイトで見れますので(フリー配布 日本語・英語字幕版も)、ぜひ邪念を払ってから(笑)ご覧になってみてください。
http://www.francefive.com/
投稿者:MET
>御滝灘様
お久しぶりです。返事が遅れてすみません。
なんとなくもどかしい出来になりそうな気もしますね>フランス
奇声(の一種ですよねあれは)を張り上げながら大挙して襲ってくるなんてノリなら同じラテンでアマゾネスの大御所、イタリアがベストかもしれません(笑)。
「フランスファイブ」って何かと思ったら自主制作の特撮ですか。何か良さそうな情報があったのでしょうか?
投稿者:御滝灘
お久です。

>ハーロック
どうせ実写化するなら、むしろ韓国の方が余計な期待をせずに済む分マシな気がします。
フランスで映画化となると、むしろ中途半端に希望が残る分だけ実際やられ無かったときの反動が大きそうで……
(フランスファイブで盛大にスカ振ってorzしたのも今となっては……いや、やっぱりよくない)
投稿者:K・U
いえいえ長期放置だなんて、気長にお待ちします。
別作2つも楽しみにしております。

そうでした作画韓国丸投げでした、純粋に国産であったならと悔やまれます、彼の地では硬直した儒教観念が緩やかに薄れれつつも、未だに世の中のシステムを支配しています。
それに比べフランス版中華思想の方がまだましでしょうね、良いものを良いと受け入れる寛容さは随分有りますし、伝統とそれに裏打ちされた最先端に対しては特に・・
どうしたら完結するんでしょうかね、御大が思い描くハーロックからすると納得出来ない部分が多いのでしょけど、世界中に受け手がいるのですからそれぞれの受け取り方があって、もう御大も止めることが出来ない状況であるのは間違いないんでしょうけど、それをさせない為の否定であればそれはそれ仕方が無いんでしょうね。
でも見てみたいと思うのは私だけでは無いと思うんですが。
投稿者:MET
>K・U様
 こちらこそお久しぶりです、と言うか中断したまま長期放置で「またか」という感じになっており申し訳ありません。現在別物を2つ進行してて、それがなかなか完成せず往生しております。
 さて、ハーロック実写化についてですが、それ、発表から間もなく毎日で御大が否定なさってますね…。
 最初のテレビシリーズは韓国丸投げ作画のはしりだったので、縁(因縁?)はあるんですけど、あそこは儒教国だからあまり期待できません。以前断ったフランスならアマゾネスものにも理解がありそうだし、あの時是非ともGOサインを出して欲しかった…。
投稿者:K・U
>MET様
お久しぶりです、たしかにそうですね。
燃えるも燃えないにも条件がありそうです。
しかしとうとう映画化されるようですが、まさか韓国だとは思いもよりませんでした。
しかも権利の問題が多少あるとかないとか?!まあアニメーションのようなものは期待できませんけど多少はあるかなと淡い期待もしています。しかしどうもこの作品は作者の思いなのかなんなのか、常に燃えている・・いやいやもめている感じがしますね、こちらは純粋に見たいだけなんですけど・・やられをww(不純だなこりゃ)
投稿者:MET
>K・U様
続きなんですけど、”妄想炸裂”をやろうかどうか思案中ではあります。
原作は炎上・不燃の2種類と言うのもそうですが、燃えるマゾーンにしても点火してやる必要があるんですよね。殴り殺したりすると燃えません。

>Soldatin様
こちらこそご無沙汰しております。
設定の不徹底・不整合は基本的にアニメに限った話で、原作は一応つじつま合っていたと記憶しています。でもアニメの方が色々惹かれるんですよねえ。特に「死=炎上」という拡張は幻想的な印象を強調して素敵なアイデアだなと思いました(上と話はかぶりますが、原作では外的要因がない限り死体は燃えずに残っていたと思います→シャドーソルジャーの時)。私の場合、アニメ設定の方が好みなので、それを元に勝手に拡張した設定を考えてたりします。それがどのくらい作品に役立つかは判りませんけど(笑)。
1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ