MNL Appendix

やられザコ婦女子の艶姿を描き流す落書き帳

 

カレンダー

2017年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:名無しさん
マ・ゾーン兵士大きな乳房です
むちむちぷりんですねえ
さようなら
投稿者:K・U
>METさま
ただの縦穴・・・段取りってのも(笑)
お約束と言っても良い感じ・・でもこれが無いと
マゾーンっぽくなくなるんでしょう。
死に来てるだけな感じですね。
死屍累々・・確かに燃え滓ですね、でもこのくだりでは灰になっていない感じで、足の踏み場も無い程の色付きの亡骸に炎をかぶせている場面もあったり、腕や足だけ燃えてなかったり・・
ローラの回、隕石衝突母艦内で燃え滓なのに戦闘服だけ燃えずに留めているのもグッと来ます。

投稿者:MET
>K・U様
おっと、書き込んでいる間に(笑)。
そもそも落とし穴に何の致命的な仕掛けも施されてないのがマゾーンクオリティというか、ただの縦穴なんですよね(高さに関してはマゾーン側も無視してるし)。あんな地雷原を設置するだけの準備期間はあったわけだから、最初からああいう段取りだったとしか(笑)。
投稿者:MET
>御滝灘様
当たらない以前に、実はほとんど攻撃してないんですよね。ハーロックがあれだけ撃ちまくっている間にマゾーン側が発砲しているカットはなんとたった1つ。追い詰めているようで実は一方的に攻められてます。

>ザコやられファン様
マゾーンの死屍累々というとどうしても”燃えかす”になっちゃうんですよね。それを避けるとすると姿を残したまま炎に包まれてる感じですかねえ…。

>bluebird様
前段、ハーロックが矢継ぎ早にマゾーン兵士を撃ち倒していくくだりですね。続く落とし穴へ追い立てて行くカットでは5人の兵士しかいません。後半のマゾーンを新手と考えると凄いですね。この絵にいる全員すら生き延びられなかった事になります(笑)。
投稿者:K・U
>METさま
順番だなんて、全くもってお気になさらずに・・
確かに中隊に近い規模でたった一人に臨むのは念が入りすぎですよね、しかも海賊船は地雷?で既に破壊されているとの確信があっての部隊展開ですし。
圧倒的にハーロックが強すぎか、マゾーン先遣部隊が弱すぎか(笑)のいずれかでしょう。
ハンドガンで上から撃つだけで・というより小型の母艦で落とし穴に爆弾落とせば済むはずですが・・
しかもいつもの様に旧軍ばり・・いやそれ以上の玉砕っぷり、細かい作戦行動の分析が馬鹿らしくなるくらいのやられざまは思考が停止します(笑)
投稿者:bluebird
この場面もよく覚えています。ここからの展開が萌えるんですよねぇ。
私もすばらしいやられの光景を期待しています。
投稿者:ザコやられファン
すばらしいですね。この後の展開楽しみです。
最終的にはやられて消滅してしまうのでしょうか。
もし出来ればやられて死屍累々の光景(出来れば
表情アップで)をお願いできたら最高です。
投稿者:御滝灘
「まゆ」に な〜まえ よ〜ばたら
あ〜おいは〜な さいた
むーざん むーざん

そんな空耳が聞こえてきました。
マゾーンの兵士の銃は 頭を撃つことが出来るのか?
植物人間の兵士の刃は 対手(あいて)に触れることが出来るのか?
出来ぬ 出来ぬのだ
投稿者:MET
>K・U様
ここから順序通りに追っていくとは限りませんけどね(笑)。他に手つきのもあるし…。
あんだけの兵員を配置したという事は、案外とマゾーン側も戦力比を自覚していたとも、それでも更に甘かったと(笑)。
投稿者:K・U
>METさま
うわ〜この場面からですか、全くこれから起きる惨劇を想像だにしていない彼女たち、まさに”シグルイ”という表現がぴったりです。
しかしMETさまのマゾーンにはこっちがやられてしまいます(笑
これからの展開に(知ってるだけに)わくわくしますが、お忙しい御身ご無理の無い程度に。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ