【Maya練】その4 インタラクティブすぎる

2017/12/16 | 投稿者: ミキ

オブジェクトを作成する時に、インタラクティブモードにすると、
インタラクティブすぎる結果になるMaya。これが結構厄介

クリックすると元のサイズで表示します

マウスだけでざーっと書いても、LWの場合自動でスナップがついてるので、
きれいに頂点が揃うけど、Mayaは揃わない

じゃあグリッドスナップ使ってはと思うかもだけど、それじゃでかすぎた
グリッドを小さくし過ぎると見えずらくなるし、小さいにも限界がある↓
何よりグリッド変更がワンボタンでできない×o×

LWの自動スナップはビューの大きさによって、自動でグリッドと作業単位が変わるので
今まで気が付かなかったが、建物のモデリングなんかかなり便利

クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに自動で変わるのはモデラーだけで、アニメーションなどするレイアウトは固定。

私の買った初心者用Mayaの教本では、
「作成」→「ピボットを移動」→「スナップしてくっつける」
と、LWなら「作成」の1段階なのに、3段階も踏む
しかもインタラクティブモードだと、結局頂点座標も気持ちの悪い数字(笑)

この超簡単モデルですら5分ぐらいかかる。LWなら20秒ぐらい。

ほんとに? ほんとに? 著者さんテクニック出し惜しみしてませんか?
わざと手間のかかる方法を書いているとしか思えない〜

そしてピボットの移動、こいつが実はとんでもなく厄介
こいつのせいでLWがモデラーとレイアウトに分かれている
ありがたみを感じるといっても過言ではない。
ピボットについては言いたいことが山ほどあるが、その話はまた今度

とまぁ、文句ばかり言っていても仕方ないので、
解決方法を探ってみました

グリッドスナップじゃうまくいかないし、なんかねーかなといろいろいじってると、
移動ツールをダブルクリックで・・ありました

クリックすると元のサイズで表示します

この「Step Snap」というやつを「Absolute(絶対)」にして、
小さい数字を入れてやると、似たような動きになりました。

作成時には使えないけど、編集時には使えるので、
まぁ少しはマシになりました。

Mayaのモデリングはイマイチの真相がじわじわわかってきました
アニメーションがイマイチなLWなので、早くそこまでいきたいです。

最後に本日覚えたショートカットキー。

「D」押しながらピボット編集
「X」グリッドスナップ
「C」カーブスナップ






にほんブログ村 デザインブログ 3DCGへ
 ↑ポチっと応援よろしくお願いします。


0
タグ: CG 3D 動画




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ