明日への希望  真梨子さん

高橋真梨子さんの歌には、明日への希望があります。主人公は必ず救われます。数多くの自然災害や人災で、多くの方が日常の生活を突然奪われ、そしてまだ復興もしてないというのが事実です。
MDF音楽館とこのBlogでできることは、高橋真梨子さんのその世界の素晴らしさを伝え続けることととらえています。みなさんとともに真梨子さんを応援し続けたいと思います。
16

2017/1/14  11:51

BE DO HAVEの波動  感想批評コメント

人は少なからず波動を誰でも出している。
ただ気づくか気づいていないかの違いであって、存在するかしないかの問題ではないと自分は考えている。
たとえば、この1週間でこんなことがあった。
そういえばある方から年賀状が来たよなぁと思いながらコンビニに入ってレジに並ぶと、その方と同じ姓の店員の方であった。
ロブスターを食べるのに、料理方法はテルミドールがいいのかと調べていて、そういえばラジオのパーソナリティの吉田照美さんに以前講演会に来ていただいたなぁと思った翌日、地下鉄の前の座席に吉田照美さんが座っておられた。
少し専門的だが「竹内文書」について興味があり、本も揃えているが、ある駅に向かうときいつもと違う道を通って行こうとたまたま思って進んだら、角の出会い頭になんと著者であり第73世武内宿禰の竹内睦泰先生と遭遇した。
こういうことは、引き寄せの波動で引き寄せていることのサインである。

さて、「お金持ちになれたら」HAVE「こういうことができて」DO「幸せだろう」BEという風に一般的には考えてしまう。しかし、波動の法則は、どうやら逆であるらしい。
今が幸せであることに気づいていろいろと明るく取り組めるところに幸運が舞い込むということであるようだ。上の3つの例は、会いたいと思っていないのに思い浮かべて行動したら会ったということである。
幸せになりたいと想い続けると、想い続ける状況を実現してくれるので、幸せを感じられない。

MDF音楽館2014未来館も、このBlogも、真梨子さんに個人的に会うことを描いて目的にはしていない。良さを伝え続けたいというだけである。結果、いろいろな皆様の意見やコレクションを引き寄せる波動になっている。そしてついには、コンサートの後真梨子さんとお目にかかるチャンスが舞い込んだ。もし私が、いい席が当たりますようにという思いで作っていたら、きっと引き寄せてはいないと思う。

*********************************

以前にも述べたことがある。真梨子さんには、「Not So Bad」という曲がある。
今の幸せに気づく歌だ。
しかし、どう考えても、金スマは負のイメージからのスタートだった。そのマイナス波動は思いもかけないマイナスの話題に巻き込んでしまったということだろう。

***************************

真梨子さんには、しばらくゆっくりしていただきたい。
真梨子さんが感謝の気持ちでの動きとしてとらえても、制作側は「高橋真梨子」という名前が出れば視聴率が稼げるというような思いもあるはず。週刊誌も同様である。
こういう番組には出ず、今までどおり独自の方向性で進んでいただきたいと考えている。

13

2017/1/12  12:50

歌唱後の笑顔  真梨子さん

紅白の歌唱後、司会の方に目線を向けた笑顔が真梨子さんの感謝の気持ちの素直な表れですね。
74歳のポール・マッカートニーさんのメッセージと真梨子さんのメッセージが一つの括りになっているシーンです。真梨子さんが語ったら違うイメージになるところを、有村さんの素朴な朗読にしたので、なんらおかしなことはなかったと思います。

以上この話題はこれでおしまいにします。

14

2017/1/8  9:16

さてこの話題は終わりにしましょう。  真梨子さん

さて、たくさんの方からのアクセスご訪問をいただきました。
あくまでも、このBlogは、真梨子さんを応援する私的なホームページMDF音楽館の中の、談話室なのですね。
本来は明るい話題で語り合いたいのです。
ただ、今回は私がコメントを書く前からアクセスが増えていました。
ある方から、私のコメントを読んでスッキリしたい人が多いのでしょうと言っていただきました。しかし、私は評論家ではありませんのであまり期待はなさらないでくださいね。

ということで、真梨子さんファンなら17年前から知っている焼き直しのテーマで語り続けるのは疲れますので、これで終わりにいたします。

まり子さんには、鏡に映る「明日に向かうもうひとりの高橋真梨子」として元気にステージに戻ってきてほしいと思います。
今年は、真梨子さんの原点である、素敵なJAZZが聴けるのではないかと楽しみにしています。

クリックすると元のサイズで表示します
17

2017/1/8  9:01

書き込みを紹介いたします-2  真梨子さん

マリアンです。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。真梨子さんが過去を告白することで少しでも楽になるのならそれはそれで良しです。ファンの方なら昔から知っていることなので、あえて自分の口からは語らないと思っています。メディアで取り上げられると脚色されてしまいますが、ある程度の覚悟があるからなのでしょう。ずっと体調が悪い…心の問題なので私達にはどうすることもできない。私なら入ってきて欲しくない領域です。できることは「寄り添い、見守ることのみ」だと思います。

いつも書き込みありがとうございます。お母様が体調を悪くしてからという話になっていましたが、1985年にCM撮影でお母様とヘンリーさんとNEW YORKを訪れていますし、その後夜のヒットスタジオにもよくお母様が出ていましたね。本当に嫌なら断るはずです。親子の関係は徐々に変化しています。

真梨子さんに必要なのは、まり子さんご自身が自分を責めることなくご自身を許すことです。優しいヘンリーさんに守られ、どんなに周りがサポートしても自分で責め続けていては苦しみは続きます。

実はもっと書きたいことがあるのですが、いつも言うように私は発表された作品やコンサートを通じてファンになっているのですから、まり子さんのプライベートに入るつもりもありません。

12

2017/1/7  18:42

さっそく書き込みありがとございます。  真梨子さん

Kさん、いつもありがとうございます。

こんにちは! 今年もよろしくお願い致しますm(__)m
さて年末の紅白に続き今週は2本の番組の放送がありましたがそれを見て感じた事等あれこれを!
WOWOWはinfiniコンサートの間にNYの様子やコンサートの模様が入りちょっと紛らわしかったです。NYの分はinfiniコンサートが終わった後まとめての方が良かったと思いました。
この番組で一番は♪New York State of Mindが見られたことでした!

そして昨日のTBSの番組ですが、私もMDF様同様に見ることについてはあまり気が進みませんでしたが、番組は今の真梨子さんの卒直な気持ちが伝わってくるのが感じられ、真梨子さんの人生を描くという趣旨の番組としてはこれまでの中で一番良かったと思いました。

結婚して年齢を重ねて真梨子さんもだいぶ変わってきたとは感じでいましたが、人間というのは自分を含めなかなか自分の心の根底にあるものを変えることは難しいことだと思いました。

またこの番組では、あまり見ることが出来なかった過去の映像等も多く見られた事は良かったです。私もお母様と香港のランチパーティーでお会いし、お亡くなりになった年には秋の神奈川県民ホールでお会いしたことを思い出しました。 真梨子さんとヘンリーさんがMCで、ご一緒に来てホテルで泊まったとのお話をされたことが印象に残っています。
奇しくもその年のコンサートのフィナーレの曲は昨年と同じ♪海色の風でしたね!!

真梨子さんとしては体調の悪いのをみんなが心配しているのでご自分の気持ちを伝えたくて出演されたのかもしれませんが、この手の内容の番組への出演はそろそろ打ち止めにしてもよいのでは?? 見ているこっちもつらいですので…

見終わった今は、ツァー開始よりも一刻でも早く真梨子さんが心身ともにベストな状態に戻ってほしいと願うばかりです!!

以上、いつもながらのまとまりのない内容で失礼致しましたm(__)m


テレビの影響力から、内容もいろいろと微調整されていましたが、NHK、フジと数年おきに同趣旨の企画が出ていることに不思議であり、不満を感じます。50周年を真正面から盛り上げる華やかな企画になんでできないのでしようかね。
このままでは、真梨子さんの苦悩→視聴率が稼げそうなネタ として取り上げられたという感じになりかねません。
あとあの番組のいつものことなので仕方がないのですが、私たちが真梨子さんの話を聞くとしたら足を組んで座ることなどありませんよね。私もこれで終わりにしてほしいです。
20

2017/1/7  1:00

金スマ 丁寧な作り方で安心しました。  感想批評コメント

1/7 朝11時少し書き加えてみました。
*************************************************


いま、帰宅後録画を見ました。午前0時50分です。
1/3からフルに勤務していて、週末の3連休など関係ない私にとって、スポットで番宣を見たときにあの2013年12月のSONGSのコピーかと感じて、あまり期待していなかったのですが、ファンの方からのメールで丁寧だったということでしたので、ゆっくりと見ました。
********************

ただ、一つ忘れてはいけないのは、私は真梨子さんのプライベートな部分を知りたくてファンになったわけではありません。また真梨子さんが描く世界は、本人の生き様や経験が直接にじみ出ているわけでもなく、そしてそれを表現しようとしている世界観でもなく、全く別の世界観であるということです。経験はきっかけではあっても、表現の目的ではありません。もし、苦悩だけを歌う歌手であったら、私はファンにはなっていません。

親との確執や、不倫のようなことは、真梨子さんだけが経験することでもありません。だからこの歌が歌えるというところに結びつけすぎないことを私は望みます。多くの皆さんがご承知のとおり真梨子さんの歌唱は、客観的に歌う押しつけない歌唱です。こういうことがでてこないと、ワイドショー的な捉え方で終わり、真梨子さんの歌の世界の捉え方が変わってしまいます。

たとえば、僭越ですが、可愛がられて育てられた私でも、世話をすると決めたのに、父の介護でとことん疲弊した時は、父の首を絞める直前まで行きました。もっと壮絶な経験をしている方も多くおられるはずです。

真梨子さんの体調不良は、一番癒されたかった存在の彼女、そして自分を救ってくれた歌がいつしか人を癒す存在になっていることを認め、同時にそれに余りにも真面目に真摯に向き合ってきたことが一つのストレスになり、そこからきていると、私は思っています。

***

さて、「窓辺のアダージョ」がお父様をモデルにしていることがお分かりいただけたと思います。また、香港のランチパーティで花束を受け取ったお母様の笑顔のシーンが出てきましたが、成田全日空ホテルからずっとご一緒だったお母様は市内観光にも同行され、とても楽しそうに香港公演に参加されていました。また、翌年の秋の新宿厚生年金会館では、車椅子で会場に来ておられました。

思い出すのは、武道館でのフレンズまつりで、真梨子さんが「THANKS」を一言歌詞を替えて歌われ、背景にお母様の映像が流れたことです。その映像では、コロラドのパームスプリングスでゴルフをしているシーンが出てきましたが、その時の休日のゴルフを取り上げた「地球アクセス」という番組の放送では、お母様は一番好きな曲は、「BrownJoe」であるとお話になっていました。「いつかは自由になれる」という歌詞が、後年「フレンズ」の「修羅のごとく」に通じる歌詞なのだと私は思っています。

そして、真梨子さんが96年体調を壊されたとき、お母様がヘンリーさんに放った強烈な一言も想い出されます。

*************************

「向日葵」で歌われた特別な化粧という表現、そして「far away」が鎮魂歌であり魂の解放をすでにされています。ですから、真梨子さんがトラウマと気にしすぎることがないように望みます。そして、2015年には、「You're so far away」のRetake。そして、何よりも、金スマの取材が始まったあと、「フレンズ」を封印していましたね。真梨子さんらしいです。
ただ一つ、「ごめんね」は友人の実話からという話が96年当時ありましたが、もしかしてお母様のことがモチーフであったとしたら、今回の出演はそれを伝えたかったのかも知れませんね。

************************

ラストに、いままでこの画像は私も封印していましたが、週刊誌で掲載されていたものですのでこの仲睦まじい写真を掲載いたします。まだ八重歯があります。当時笑わないで有名な彼女の、素敵な笑顔です。
真梨子さんには、あまり過去のことを気にしすぎず、元気に太っていただきたいと思う次第です。まり子さん、ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
21

2017/1/4  6:26

たくさんアクセスを頂きありがとうございます。  

正月3が日は、MDF音楽館2014未来館のホームページおよびこのBlogに多くのアクセスを頂いております。誠にありがとうございます。
皆様のご期待はWOWOWの放送の感想であったかもしれません。

はい、見てません。
ひぇーとひっくり返るところですが、別にWOWOWの契約がどうとか、BDRが壊れてしまったとかという表面上のことではなく、紅白を見てもお分かりのとおり痩せているのを見るのが辛いのです。
また、NEW YORKの映像も、行きたかったなぁとなるだけですので、気持ちを整理してからリリースされるであろうBDやDVDをみれば良いかなと思っております。

ということで、ご覧になった方の感想をお待ちしております。
2

2017/1/2  23:10

読者の皆さんの書き込みを紹介いたします。  真梨子さん

明けましておめでとうございます。真梨子さんの紅白そして大変な1年が無事に終わりホッとしています。あとはゆっくり休んで体調回復に努めていただきたいものですね‼
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m


Kさん今年もよろしくお願いいたします。

真梨子さん2016年歌い納めの紅白での「ごめんね...」。ドキドキしながら聴き入りました。MDFさんの予想通り淡々と、でもとても丁寧に歌い切って下さいました。オープニング時のリボンをあしらった白のドレスも、歌唱時の深紅のドレスもどちらもとてもとてもお似合いでした。それにも増して美しいのは真梨子さんの穏やかで清楚で品のある笑顔と立ち姿でした。「夢を歌おう」のテーマ通り、真梨子さんの歌う姿を見る事は夢を追いかけている気分なのです。ただ歌うことだけをしてきた、と仰る真梨子さん。生きていく希望をありがとうございます。

Oさんありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

11

2017/1/2  14:13

初詣  

いつもどおり、出雲大社東京分祠に参詣してきました。
ありがたいことに、ちようどお祓いの式がはじまるところで神主さんが祝詞を上げているところに参拝できました。そして、毎年参拝できることにお礼を申し上げ、高橋真梨子さんの健康を祈願してきました。利他の願いごとは聞き届けてくださいます。
木札と関札を授与していただく際に、巫女さんから「ようこそお参りくださいました」と声をかけていただきました。巫女さんは全員には声をかけてはいませんが、そういう声によく接します。
昨年の香取神社でもそうでした。

そのまま、六本木の東京ミッドタウン前を通り、乃木坂へ。
乃木神社は本日はちょうどよい人の列でした。そこでまた偶然が。
またまたお祓いを受ける方たちと神主さんの列が。ちょうど拝殿に向き合うタイミングで、祝詞が始まりました。こういう偶然の御厚意はとてもありがたいことです。

実は、島根の出雲のお社に参拝した時も、お神楽が聞こえ始めたタイミングでの参拝でした。
誠にありがたいことです。
当然おみくじは大吉です。おみくじは、お初言葉ですので大切に持って帰り手元のノートに貼って保管します。枝に結びつけて帰るというのも私にはよくわかりません。
神社の空間と接するにはいろいろな作法があります。

クリックすると元のサイズで表示します












乃木神社の境内内摂社である正松神社にも参拝しました。玉木文之進氏と吉田松陰先生を祀るこの神社と乃木神社・松下村塾と私の繋がりは、長い話になりますのでここでは再掲載しませんが、誠にありがたい不思議なご縁と繋がりです。

真梨子さんのコンサートに出かけられるのも、健康に過ごし、また仕事の段取りも円滑に行けばこそです。こういうありがたい神意に沿ったタイミングで初詣ができたことを嬉しく思います。

***********************
これからも、よい波動を送り続けられるよう、身を清め心清らかに精進してまいりたいと思います。

11

2017/1/1  15:15

少し正月らしいお話を  真梨子さん

初詣に行かれた、行かれる方も多いと思います。
参拝の作法はいろいろと書かれていますのでその通りになさってください。

さて、拝殿の前に立って柏手を打ったあとがポイントです。
私は、まず名前、住所、生年月日をお伝えします。
次に、こういうことを実現しますと肯定表現で述べます。
そして、そのために精進するので、条件と環境(人との繋がり、健康など)を整えていただくようにご加護を控えめにお願いします。
**を叶えてくださいとはお願いしません。

よく神仏など信じないという方がおられますが、その方はそれで良いのです。
ただ、目の前5メートルのところに窓ガラスが落ちてきたり、新宿の街路樹の大きな枝ごと折れてばさっと3メートル手前に落ちてきたり、先日は連絡通路の上のホームから携帯が2メートル手前に落ちてきたりと、あと3-5秒ほど生き急いでいたら、まさに直撃しています。
ですから、電車の駆け込み乗車は致しません。こういう経験は、大きな力で守られているということに気づかされる瞬間なのです。

上記の通り、神意は真梨子さんのようなひたむきで誠実な生き方を応援します。
ただぽかんと***をかなえてくださいとお願いだけしても、
努力するかどうかも分からず、どこの誰かがわからない人のお願いは通りにくいものです。
それでも、寛容な神意は暖かく迎えてくれるのです。

願っても叶わないという方もいますが、実はかなえてくれています。
***が欲しいというお願いは、「***が欲しいという状況」を常に実現してくれているのです。

さて、1回目の書き込みをした0:15頃、テレビをつけると、ジャニーズの新年ライブやお笑いばかりでしたので、なんとなくBSをつけたところ、吉田類さんの酒場放浪記を放送していました。
そして、なんと奈良県の三輪駅の紹介でした。
2015年の5月に訪れた大神神社のある駅です。
大神神社の拝殿も出てきて、画面を通じて参拝できたのですね。

クリックすると元のサイズで表示します











空間には、いろいろな電波が飛んでいます。
チャンネルを変えるというのは、周波数を合わせるということです。
偶然にこういう番組にチャンネルを合わせられるというのは、新年早々嬉しいことですね。

このBlogに来訪頂いた方も、周波数をあわせて頂いたということですね。
今年もよろしくお願いいたします。



9

2017/1/1  0:05

新年明けましておめでとうございます。  真梨子さん

0:00丁度に一陽来復の御札を貼り、我が家の神棚に四拍で礼を尽くしたところです。

昨年は、紅白のラストは「ララララララ」と大団円でフィナーレを迎えると予言し、真梨子さんの「海色の風」ではありませんでしたが、「嵐」さんがイメージを実現してくれました。
当たらずといえども遠からじという、テレパシーを受信していますね。

真梨子さんへの想いは波動エネルギーとなり真梨子さんに伝わります。
1/2には出雲大社東京分祠に出かけます。
自分のことはお願いしません。お礼を述べてきます。
そして、真梨子さんの健康を祈願してまいります。
今年もよろしくお願い致します。


クリックすると元のサイズで表示します
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ