明日への希望  真梨子さん

高橋真梨子さんの歌には、明日への希望があります。主人公は必ず救われます。数多くの自然災害や人災で、多くの方が日常の生活を突然奪われ、そしてまだ復興もしてないというのが事実です。
MDF音楽館とこのBlogでできることは、高橋真梨子さんのその世界の素晴らしさを伝え続けることととらえています。みなさんとともに真梨子さんを応援し続けたいと思います。
17

2017/2/22  11:10

読者の方のコメントを紹介いたします。  真梨子さん

「早目に届いた3月の会報を見て思ったこと、感じた事を書かせていただきます。
 まず今年のコンサートスケジュールが発表されましたね。今年は大都市での2日間公演が多く設定されていて真梨子さんの体調を考慮したスケジュールになっていることで少しは安心しました。ただ公演数は36と昨年とほとんど変わりなくまだ安心とは言えませんが…

 そして今回はPMでもコンサートで聴きたい曲のリクエスト募集がありますね。これはMDFさんがこのHPで企画された「コンサートで聴きたい曲ベスト30」がPMを動かしたことに間違いありません。と云うことはこのHPでのみんなの意見や発言等も真梨子さんサイドに届いていることの証しではないでしょうか?

 真梨子さんへの想いを心の中で思うだけでなく発信していくことも大切なことだと改めて思いました。そんな場所を作ってくださったMDFさんに感謝しています。有難うございましたm(__)m

 そしてまずはPMのリクエストの前にこのHPの聴きたい曲ベスト30のリスト作成に注力しなくてはと思っている今日この頃です(^^♪  
 それでは また! 失礼いたしました。」


Kさんいつもありがとうございます。動かしたかどうかはわかりませんが、きちんと毎年送付しててお届けしていることは事実です。
真梨子さんが封印している曲もありますので、なにかよいリクエストができればと思います。  
4

2017/2/19  0:18

3月会報が届きました。  真梨子さん

今年のコンサートスケジュールが発表されています。
いつもどおり6月川口リリアからスタートです。

「いつも通り」でしたね。
私の予言がまた当たりましたね。
おまけに、ペーパームーンの企画で、コンサートで聴きたい曲のリクエストというのがあります。
協力したいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

*ちなみにテレパシー能力があるだけで、何か事前に知っていたわけではありません。むしろ、2年間リクエストアンケートを送付していたので企画になったということでしょう。リクエストした曲コンサートで歌ってくれていますからね。
8

2017/2/18  12:46

say my name  真梨子さん

奈良線宇治駅のそばに、そして平等院鳳凰堂の参道に有名な、
辻利兵衛本店があります。
まだ参道が細い小道であった頃には、ここまでたくさんのお店が並んでいなかったのですが、
その頃からも老舗でした。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

さて、さらにチョコレートをいただきました。
宇治茶をひく石臼型のCDのようなチョコレートです。


*********

ということで「THANKS」でした。
クリックすると元のサイズで表示します
3

2017/2/16  1:15

チョコレートその2  真梨子さん

チョコレートその2です。いつもありがとうございます。

音楽館には、Vicorのニッパーの製造元から直接購入したニッパーのセットとか、こういうプレートもありますよ。

クリックすると元のサイズで表示します

コンサートが待ち遠しいですねぇ。
さてアンケートの締切は「いつも通り」2月末です。お待ちしています。
3

2017/2/16  1:12

バレンタインのチョコレート  真梨子さん

いつものように音楽館のたぁくんあてチョコレートをいただきました。
これってこういうことですよねぇ。
こんなふうにイメージしてみました。

Victorのニッパーですかぁ????
クリックすると元のサイズで表示します

2

2017/2/9  13:43

今年のリクエストは  真梨子さん

例年実施しています「高橋真梨子さんのコンサートで聴きたい曲BEST30」ですが、今年は企画というよりも、有志の方のリクエストを取りまとめて送付する形にしたいと思います。

30曲選べない、ランキングがつけられないという方もおられると思います。
何曲でも構いません。真梨子さんへのメッセージをこめてリクエストをお寄せくだい。
1枚ずつプリントアウトして送付致します。
もちろんランキングをつけられる方はぜひ聴きたい順で並べてください。

尚、あわせてセットリストとして実際のコンサートでの順番も想定できる方は
ぜひお寄せください。
リクエスト先は、このプログの拍手コメント欄でも、連絡用メールでも構いません。
尚、私個人としては、セットリスト案をあわせてTHE MUSIXあて送付致します。

締切は、例年と同じ2月末に設定させていただきます。いつもと同じです。
皆様のご連絡お待ち致しております。

クリックすると元のサイズで表示します
画像はシングルレコードとMEG-CD
7

2017/1/28  0:19

ようやく落ち着いたみたいだが  真梨子さん

一生懸命努力したんだから評価してあげようという頑張った主義
全ては結果でのみ評価されるというプロ主義
そもそもこの2つはどちらが正しいかどうかではなく、考え方の違いなので相容れないものだ。

企業にお勤めの方なら言われたことがあるはずだ。
頑張らなくてもいいから結果を出せって。一生懸命やってます、数字ゼロです、はぁ?

これを言った言わないに変えて話題にするレベルは、少し考えればおかしなことだ。

*********************

では何故今回記事になって、一体誰が得をしたのか。
司会者さんも、真梨子さんも、NHKも文春も誰も得をしていない。
こういうことをよく考えてみると、実はあることが見えてきた。
推測だ。大きな背景があるのか。もちろん書かない。
だから、当面テレビには出ない方が良いと直後に書いた。

発熱でうなされている間に、極めてNHK的な解決策? としてSONGSが放送された。
そしてオフィシャルからもメッセージが消えた。

世界のトップシンガーがより良い仕事の完成のためにひと言何か言ったとしても誰も文句はつけない。これは批難でも批判でもない。

*********************************************

さて、この話題はこれでホントにおしまい。


9

2017/1/14  11:51

BE DO HAVEの波動  感想批評コメント

人は少なからず波動を誰でも出している。
ただ気づくか気づいていないかの違いであって、存在するかしないかの問題ではないと自分は考えている。
たとえば、この1週間でこんなことがあった。
そういえばある方から年賀状が来たよなぁと思いながらコンビニに入ってレジに並ぶと、その方と同じ姓の店員の方であった。
ロブスターを食べるのに、料理方法はテルミドールがいいのかと調べていて、そういえばラジオのパーソナリティの吉田照美さんに以前講演会に来ていただいたなぁと思った翌日、地下鉄の前の座席に吉田照美さんが座っておられた。
少し専門的だが「竹内文書」について興味があり、本も揃えているが、ある駅に向かうときいつもと違う道を通って行こうとたまたま思って進んだら、角の出会い頭になんと著者であり第73世武内宿禰の竹内睦泰先生と遭遇した。
こういうことは、引き寄せの波動で引き寄せていることのサインである。

さて、「お金持ちになれたら」HAVE「こういうことができて」DO「幸せだろう」BEという風に一般的には考えてしまう。しかし、波動の法則は、どうやら逆であるらしい。
今が幸せであることに気づいていろいろと明るく取り組めるところに幸運が舞い込むということであるようだ。上の3つの例は、会いたいと思っていないのに思い浮かべて行動したら会ったということである。
幸せになりたいと想い続けると、想い続ける状況を実現してくれるので、幸せを感じられない。

MDF音楽館2014未来館も、このBlogも、真梨子さんに個人的に会うことを描いて目的にはしていない。良さを伝え続けたいというだけである。結果、いろいろな皆様の意見やコレクションを引き寄せる波動になっている。そしてついには、コンサートの後真梨子さんとお目にかかるチャンスが舞い込んだ。もし私が、いい席が当たりますようにという思いで作っていたら、きっと引き寄せてはいないと思う。

*********************************

以前にも述べたことがある。真梨子さんには、「Not So Bad」という曲がある。
今の幸せに気づく歌だ。
しかし、どう考えても、金スマは負のイメージからのスタートだった。そのマイナス波動は思いもかけないマイナスの話題に巻き込んでしまったということだろう。

***************************

真梨子さんには、しばらくゆっくりしていただきたい。
真梨子さんが感謝の気持ちでの動きとしてとらえても、制作側は「高橋真梨子」という名前が出れば視聴率が稼げるというような思いもあるはず。週刊誌も同様である。
こういう番組には出ず、今までどおり独自の方向性で進んでいただきたいと考えている。

14

2017/1/12  12:50

歌唱後の笑顔  真梨子さん

紅白の歌唱後、司会の方に目線を向けた笑顔が真梨子さんの感謝の気持ちの素直な表れですね。
74歳のポール・マッカートニーさんのメッセージと真梨子さんのメッセージが一つの括りになっているシーンです。真梨子さんが語ったら違うイメージになるところを、有村さんの素朴な朗読にしたので、なんらおかしなことはなかったと思います。

以上この話題はこれでおしまいにします。

15

2017/1/8  9:16

さてこの話題は終わりにしましょう。  真梨子さん

さて、たくさんの方からのアクセスご訪問をいただきました。
あくまでも、このBlogは、真梨子さんを応援する私的なホームページMDF音楽館の中の、談話室なのですね。
本来は明るい話題で語り合いたいのです。
ただ、今回は私がコメントを書く前からアクセスが増えていました。
ある方から、私のコメントを読んでスッキリしたい人が多いのでしょうと言っていただきました。しかし、私は評論家ではありませんのであまり期待はなさらないでくださいね。

ということで、真梨子さんファンなら17年前から知っている焼き直しのテーマで語り続けるのは疲れますので、これで終わりにいたします。

まり子さんには、鏡に映る「明日に向かうもうひとりの高橋真梨子」として元気にステージに戻ってきてほしいと思います。
今年は、真梨子さんの原点である、素敵なJAZZが聴けるのではないかと楽しみにしています。

クリックすると元のサイズで表示します
17

2017/1/8  9:01

書き込みを紹介いたします-2  真梨子さん

マリアンです。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。真梨子さんが過去を告白することで少しでも楽になるのならそれはそれで良しです。ファンの方なら昔から知っていることなので、あえて自分の口からは語らないと思っています。メディアで取り上げられると脚色されてしまいますが、ある程度の覚悟があるからなのでしょう。ずっと体調が悪い…心の問題なので私達にはどうすることもできない。私なら入ってきて欲しくない領域です。できることは「寄り添い、見守ることのみ」だと思います。

いつも書き込みありがとうございます。お母様が体調を悪くしてからという話になっていましたが、1985年にCM撮影でお母様とヘンリーさんとNEW YORKを訪れていますし、その後夜のヒットスタジオにもよくお母様が出ていましたね。本当に嫌なら断るはずです。親子の関係は徐々に変化しています。

真梨子さんに必要なのは、まり子さんご自身が自分を責めることなくご自身を許すことです。優しいヘンリーさんに守られ、どんなに周りがサポートしても自分で責め続けていては苦しみは続きます。

実はもっと書きたいことがあるのですが、いつも言うように私は発表された作品やコンサートを通じてファンになっているのですから、まり子さんのプライベートに入るつもりもありません。

13



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ