明日への希望  真梨子さん

高橋真梨子さんの歌には、明日への希望があります。主人公は必ず救われます。数多くの自然災害や人災で、多くの方が日常の生活を突然奪われ、そしてまだ復興もしてないというのが事実です。
MDF音楽館とこのBlogでできることは、高橋真梨子さんのその世界の素晴らしさを伝え続けることととらえています。みなさんとともに真梨子さんを応援し続けたいと思います。
20

2017/4/27  15:54

PRELUDEセットリスト予想  真梨子さん

いつも外れるたびに、予想はよそうと思うのですが、
また懲りずに今年も掲載しましたぁ。

MDF音楽館2014未来館のCONCERTのコーナー
PRELUDEのページです。

スッキリとしていますが、ボイントはついていると思います。
全体の構成、各部のはじめと終わりなどを比較してみてください。

THE MUSIXに送付しました。

1

2017/4/25  11:57

MDF音楽館新メンバー  

MDF音楽館に新研究員が入館しました。
いただいたものですが、防犯の監視カメラだそうです。
使用環境にないため、素敵な研究員として活躍してもらいます。
まるで教授の進化形みたいな感じです。
宇宙のお話で活躍してもらいます。
ASTROくんと呼びましょう。
クリックすると元のサイズで表示します
4

2017/4/25  11:27

予想セットリストを  真梨子さん

予想 SET LISTを木曜日に発表したいと思います。
各曲のパランスをうまい感じに取るでしょう。

お気づきだと思いますが、今回のCDには花王はあって、ライオンがない。
「ジャスト・ホールド・ミー」が入っていませんね。
詳しくはわからないですが、岩谷さんの化粧水にあまり影響しないようにとの選曲ですね。

2008年の35周年の切手シートの時に、最大のヒット曲といわれる「ごめんね」が入っていなかったのと似ています。この時のカーネギーの後援はフジテレビでしたね。日テレのヒット曲は避けたのですね。

さて、SET LISTですが、オープニング、オープニングMCの後の曲、1部の終わり、2部の始まり、メインの前後、2部のラスト、アンコールの始まりとラストの曲と枠組みを決めればそこにディテールを考慮していけばよいのです。

PRELUDE メインのドラマの「前奏曲」
しかもコンサート全体が一つのドラマになるのだと思います。


クリックすると元のサイズで表示します

3

2017/4/21  13:36

こういうこともある-3  

本日は久しぶりのお休み。高幡不動尊に行ってきた。
平安時代からの4メートルを超える不動明王像が宝物殿に有り、心を浄化していただくための参拝であった。
いつも言うように、社寺に参拝するとはお礼と感謝を述べにいくことである。かなえてもらいたいお願望をお願いしにいくところではない。神頼み、仏頼みではなく、その聖域のAIRに触れてくることを楽しみにしている。

クリックすると元のサイズで表示します













本日も、宝物殿からの帰りに面白いことがあった。あるお堂の前で、88歳の矍鑠としたお洒落な年配の男性から声をかけてもらった。帰宅後調べると結構有名人のお方である。繁華街に土地をお持ちの地主さんで、江戸幕府開幕以前からのご家系であるとのこと。お名前がそのままあの地名になっているとお話されていた。
そんな時を過ごしていると、またまた本堂から読経の大きな声が鳴り響き始める。
護摩を炊く読経の本堂に再び訪れた。またしても幸運に恵まれた。
これで今年8つめの社寺の恩恵である。

今日は帰りに、書店でなぞり書きできる仏像のイラストの本を購入した。


2

2017/4/19  11:44

PRELUDEセットリスト  真梨子さん

「フレンズ」「ごめんね」は定番曲なので、それ以外の定番曲、そしてBEST盤から5曲くらいはSETリストに入ってくると予想できます。各テレビ局のパランスを取ると思います。もちろんグランパはあるし、二部のオープニングはあの曲でしょうから、残りは5曲くらいですかね。初期の頃の曲をいれて欲しいです。
4

2017/4/18  11:30

ちなみに  真梨子さん

BEST盤・・・各テレビ局とほぼ均等な距離が保てますね。
***を考えれば、これはひとつのポイントでしょう。
ちなみに、劇場に行くかどうするか?
⇒お仕事で行けません。




3

2017/4/13  11:26

ペーパームーンからお知らせが届きました  真梨子さん

昨年のコンサートのBDとDVDのリリースを記念して、
映画館で上映するコンサートだそうです。日本橋では真梨子さん本人のご挨拶を全国に中継するとか。

ということで、アルバムは、映画とドラマ主題歌の曲のBEST盤とのことです。

そういえば結構たくさんありましたね。
「陽かげりの街」「Come Back to Meフラワーホテルの女客」「も一度ロマンス」「蜃気楼」「ごめんね」などなどたくさんあります。
「Night & Day」も映画曲。「黒のオルフェ」も。
つまり、BEST盤ですね。
こういうコンサートになるのですかね。
そういえば、今年は香港ツアーから20年です。
香港のランチパーティの会場は、映画「慕情」の舞台になった香港島南のレストランのヴェランダでした。
アルバム「Fantasia」もあったし、「OVER THE RAINBOW」も歌われたし。
バリエーションはいろいろとありそうです。

クリックすると元のサイズで表示します



昨年の東京国際フォーラムのコンサート感想の記録に「映画色の街」をタイトルにしました。
つながっていますかぁ?

ということは、♫ 映画色の街から
ラストはもしかして、もしかして、もしかして???

いつか雨の街で観た映画
あなたはヒロインの 〜 


とあの32年間封印してきた曲の歌詞に入ってますが・・・・・・
楽しみにしておきましょうね。

6

2017/4/9  20:00

こういうこともある-2  

東京は雨模様。しかし桜でも見に行くかと、奥さんと杉並区の大宮八幡宮に出かける。
はい、日曜日の午前中ですから不思議ではないのですが、またまたまたまた、神主さんが祝詞を上げているタイミングでの参拝でした。連続7社目です。
てもですね、訪れる日時や時間帯、お社の予約の時間帯など様々ですから、これだけ続くといろいろとありがたいと思うことばかりです。
少し雨が強くなっているかと思えば、神門を入れば小止みになるし、ちょうど禊の雨という感じ。
ここは、以前テレビ番組で妖精の小さなおじさんがいるお宮として取り上げられましたね。東京のへそとも言われている神社です。大きな銀杏の御神木や竹林もあり、杉並区という感じはしませんね。

クリックすると元のサイズで表示します













さて、その足で、はい世田谷線で豪徳寺へ。行ったことがなかったのですが、井伊直弼のお墓のあるお寺です。先日は道にまよってきっとここから行けば良いのだと進んだら、裏門でした。そして東門も閉まっていて、結局南門の正門にぐるっと周囲を歩いてたどり着いたのでした。こんなに大きなお寺だったのですね。今は、外国人の日本旅行の映像で話題になっている招き猫のお寺として、紹介されています。ちなみに招き猫の神社は浅草の今戸神社です。
とにかく境内が広いです。びっくりです。

そう、豪徳寺は小田急線の豪徳寺駅よりも、世田谷線の宮の坂駅の方が最寄駅なのでした。
そしてまた世田谷八幡宮にお参りして、下高井戸にもどりました。
今日は禊の雨で良かったし、7社連続してそういうタイミングだしということで、8年ぶりに駅前のイタリアンレストランを訪れました。混んでいるかなと思いながら、お店に入ると、「御予約ですか?」と聞かれました。確かに予約席がたくさんありました。当然待たされるなあと思っていたのですが、1分程で座れたのです。その後、10分もしないうちに、店内は複数のご予約客が到着して混雑してきました。

はい。豪徳寺にたどり着く間、歩きましたね。しかし、もう15分も遅ければそのお店には入れなかったはずです。そして予約の方より前に入店したのでオーダーもスムースでした。こういうことはラッキーとだけ言って済ませてはいけません。やはり目に見えない時間調整というものがあるのですね。
誠にありがたいことばかりです。





6

2017/4/5  18:48

さくら  

近くの公園の桜も満開

コンサート日程よーく見てみると2*3週間の休みを何回か挟んで、ずっと歌っているスケジュールですね。休まない方が体調管理しやすいのかもしれません。

クリックすると元のサイズで表示します

5

2017/3/30  19:36

こういうこともある  

本日東京は17度くらいまで気温が上がり快晴の穏やかな日でした。
そこで、区役所に行く時しか乗らない東急世田谷線で世田谷八幡宮を訪れてみました。
世田谷区のほほ中央に由緒ある神社があることはとても素敵です。
大鳥居を入ると右手に分祀された厳島神社があり、小さな滝がありました。
少し身を清めるかのような時間をおいて、階段を登り拝殿に向かいました。
はい、またもやお祓いを受ける方がいて、神主さんの祝詞と今日は神楽鈴でのお祓いのところまで、拝殿の前で立ち会わせていただきました。今日は、早めに出ようと思っていたのですが、洗濯物日和でゆっくりとでて、少しのんびりとしたわけで、そのタイミングにあわせて行ったわけではないのです。そもそも、小さな滝の前での時間を合わせれば、絶妙なタイミングでの参拝になりました。
読者の方はまたかよという感じでしょうが、
初詣以来、このような神官が祝詞を上げるタイミングでの参拝は6社目です。続いています。
今日は神楽鈴(下の画像)の綺麗な音色と太鼓のどんどんという音まで聞かせていただいて、とてもありがたい時間でした。こういう不思議なこともあるのです。
日時も場所も全く異なる神社で、全て祝詞をあげるタイミングに遭遇する。

一つ言えるのは、こういう波動をブログで報告して出しているので、偶然のタイミングを必然のように引き寄せていただいているのだと思います。ありがたきことです。

私は、見えないけど、感じるという感覚をもっています。
そういえば、真梨子さんも2008年の改装前のカーネギーには音楽の聖が棲んでいると感じられたようでしたね。

クリックすると元のサイズで表示します



紫色でまとめてみました。
そろそろ真梨子さんへの波動を出すタイミングかと思います。

クリックすると元のサイズで表示します
(C)THE MUSIX
6

2017/3/22  20:06

コンサート会場の波長と合わせる  真梨子さん

言葉には波動があり、明るい言葉・素敵な言葉にはプラスのエネルギーがある。その逆にマイナスのエネルギーを持っている言葉もある。
当然、歌詞には、その両方が入ってくるのであるが、よく聞いていると真梨子さんの歌にはプラスエネルギーの言葉が多い。

その典型は「ランナー」であり「THANKS」である。
真梨子さんの倍音の幾重にも重ねられた声から、「ありがとう」というプラスエネルギーの言葉が奏でられる。

読者の皆さんはどうであろうか? 実は私も倍音なのである。メロディーラインの音を発声すると、それと呼応する音階で低音と高音が自然にハーモニーになっている。その高音を強調すれば透き通るし、低音を強調すれば、同じ音階でも厚みが増す。高音部を裏声のような高めの声で歌うときに、実は倍音の低音のハーモニーのような声質で高音を奏でることがある。これが真梨子さんが「for you」を歌う時に自然と行っている歌唱であろうと思っている。
真梨子さんは、この一人ハーモニーでさまざまなシーンを奏でプラスの波動を送ってくるのだ。

ところで実は、どうしても眠くなる曲がある。「流れる」、この曲の波長が私の脳波をリラックスさせすぎてしまうようだ。

今日久しぶりに「VOICE」を聞いて、というがよく聞くのだが、K2マスタリングでリテイクしたアルバムなので、私のオーディオで聴くと、センターブロックの7-8列くらいの特等席で真梨子さんを聴いている感覚になる。そもそもステレオ音は空気を振動させる波動だから、余計にすごいことになる。

ところで皆さんは、真梨子さんのマイクを通さない地声を聞いたことがあるだろうか?
幸運にも何回かあるが、その声ももちろん倍音であるので感動したことがあった。

********************
今年は、「Brown Joe」「THANKS」「そして愛は」
そんな感じか急にしてきた。もちろんなんの根拠もない。受け取るテレパシーの感覚からである。

クリックすると元のサイズで表示します

7



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ