2012/7/17

i-BANQの窓口銀行が変更になったようです。  i-BANQ(アイバンク)での入金方法

i-BANQの窓口銀行が、楽天銀行からジャパンネット銀行に変更になったようです。

いずれも日本人なら誰でも?利用しているネットバンクなので、特に問題無しでしょう。

まだ口座を持っていない方はサクッと作っておいたほうがいいですね。

現在は楽天銀行も並行して使えてます。

24時間対応の枠が外れるだけなんで、別にジャパンネット銀行の口座がどうしても必要ってわけじゃありませんが・・・

やっぱり24時間入金可能ってのはありがたいですよね。

麻雀なんて銀行の営業時間内に打つモンじゃありませんよ!

>>>ドラ麻雀まとめサイト<<<
0

2012/5/7

ドラ麻雀への入金方法まとめ  ドラ麻雀入金方法まとめ

ドラ麻雀への入金方法・総評


ドラ麻雀への入金方法をクレジットカード・Neteller・i-BANQと試してきましたが、使い勝手に関して比較してみます。

これは個人的な意見になるので、実際にどれが優れているとか劣っているとかというわけじゃありませんので、ご理解ください。



■クレジットカード

メリット
 ・入金の反映が早い

デメリット
 ・出金方法を別に用意する必要がある
 ・VISA / MasterCard のカードを持っている必要がある


■NETELLER

メリット
 ・ほとんどのオンラインカジノで利用できる
 ・入出金が便利
 ・ゆうちょATMでの出金に対応

デメリット
 ・NETELLER口座への入金に時間がかかる
 ・口座開設(アップグレード)までに時間がかかる


■i-BANQ

メリット
 ・口座開設が早い
 ・i-BANQ口座への入金反映が比較的早い
 ・楽天銀行から24時間入出金対応

デメリット
 ・本人名義の楽天銀行口座が必須


とまぁ、ドラ麻雀をプレイするなら、初回はクレジットカード入金である程度様子を見て、i-BANQも口座開設して永く遊ぶスタイルが一番ラクチンです。

対応のクレジットカードが無ければ、はじめからi-BANQを利用しましょう。

もちろん楽天銀行の口座を持っている必要がありますので、まだの方はこの機会にどうぞ。



今後、他のオンラインカジノサービスを利用する可能性があるなら、NETELLERも・・・というカンジで。



また、ドラ麻雀では Skrill(Moneybookers) / Ukash / paysafecard からの入金にも対応してます。

しかしながら、日本国内では使えないサービスであったり、(ホームページが)日本語に対応して無かったりと、他の入金方法に比べて敷居が高く感じられます。

日本人がドラ麻雀を利用する上で、特にこれらを選択する必要はないと思います。


>>ドラ麻雀公式ホームページへ<<




0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ