今は少し立ち止まろうよ。 ちょっとぐらい立ち止まったからと言って、誰もあなたを責めたりしないから。

 


思いきり泣いていいのですよ。



彼の声、

優しさ、

ぬくもり、

言葉、

愛情・・・・・・・

いろんなことを思い出して

おもいっきり泣いてください。

今は「地獄」。

想像もしなかった「闇」の中に

あなたはいるのですから。





今はただ、悲しみの底で

泣いてください。





堪える必要がありますか?

今になって強がる必要がありますか?

寂しさ、

悲しさ、

悔しさ、

納得のいかなさは

もう

泣くしかないのです。

涙を流す事以外に

あなたは何もしなくてもいいのです。







涙を流せば


ほら




ほんの少しだけど

固くなった心が

少しずつ・・・

ゆっくりと

ほどけていきます。





泣いていいのです。

そして、わたしも一緒に

「あなたのため」に

泣かせてください。
1

2010/6/22

思い込むこと  ふっきるために

失恋をして、自分の気持ちを整理するためには

どうしても時間がかかるものです。




今回は、一日も早くふっきるために

過去の「別れ」から学んだ事を少し書かせていただきます。




@ 「運命の人じゃなかった」と思い込む。

だって相手は私の元から去って行った人。
その程度の相手だったのだと自分に言い聞かせる。




A 「次の恋愛にこそ最高の幸せがある」と思い込む。

失恋をいやすのは、時間よりも次の恋である。
ということわざがあるように、
去って行った人よりも、もっと素敵な人と巡り合えるかもしれない。
「あの時あの人と別れて良かった(´∀`)」
と思える人に出会えるかもしれない。
だったらなおさら、とっとと忘れてしまおう。と思い込む。




B 一度変わってしまった人の気持ちは容易に戻ることはない。

泣いても・すがっても・脅しても・汚い手段を使っても、
割れたガラスと一緒で、幸せだったあの頃への修復は不可能。
と、思い込む。(あきらめ




C 相手の「最低な部分」「嫌だった部分」の記憶をかき集める。




D 意識を「相手」ではなく違う方向へ向ける。

これは一番難しいのですが、でも、
「こんなウジウジした気持ちを早くふっきりたい!」
と思っている人には一番早い方法だと思います。




E 最大の復讐は「相手を忘れる事」だと思い込む。

人生経験、恋愛経験の豊富な人には、この意味が解りますよね?










失恋したての時は、何も考えられないものですが、

たくさん泣いて、少しずつ時間が経つにつれ、

冷静な判断が出来るようになった頃に

私はこれらの事を意識するようにしていました。







「ふっきる」のと「あきらめる」のは

結局、紙一重なのです。  


2

2010/6/22

今の自分でいいですか?  ふっきるために



たくさんたくさん泣き、

心の中は毎日が「台風」で

気持ちはずっと「梅雨」。

何をやっても集中できず、

笑うことが少なくなり、

ただ、真っ暗な悲しみの真ん中で

「なぜ?」「どうして?」と繰り返すばかりで

立ち上がることもできず、

前を向く事さえできず、

途方に暮れる日々が続くでしょう。




そんな時こそ、

「自分を鏡に写す」ことを忘れないでください。




鏡に写った自分は

悩み疲れ、泣き疲れ、

とても可愛いとは言い切れないでしょう。




そしてそれは

他人が見ても同様に感じる事でしょう。






ひどく疲れきった表情をしたそんな自分に



相手が戻ってくると思いますか?



新しい恋が生まれると思いますか?







鏡に写った自分に聞いてみてください。

「あなたは今のままでいいの?」と。




自分の背中は

自分でしか押せない時もあることに

どうか気づいてください。




あなたに一日も早く

笑顔が戻りますように。
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ