ネット選挙運動ニュース【各党政策責任者が登壇する“20代限定”カンファレンス開催】  誹謗中傷対策

ネット選挙運動で気になるニュースを紹介します。

グリー、サイバーエージェント、Twitter Japan、ドワンゴ、ヤフー、Ustream Asia、LINEのネット事業者7社、およびNPO法人YouthCreateは17日、20代の若者に向けた「参議院選挙・政党カンファレンス」を開催することを発表した。

 「参議院選挙・政党カンファレンス」は、ネット選挙解禁で期待されている“若者の政治参加”を促すイベント。各9政党の政策責任者が登壇し、20代の有権者に対し、特に若者が興味関心の高いテーマ「財政、教育、雇用」について政策を説明する。

 カンファレンスの様子は、ニコニコ生放送、Ustream、ピグチャンネル、YouTubeでそれぞれ生放送され、後半には質疑応答も実施される。また、カンファレンスの最後には、各党の施策について、会場に集まった参加者たちが支持するか否かを表明し、施策をランキング形式で発表する。なおネット事業者各社は、ユーザーへの告知、特設コンテンツでの番組内容の記事化なども行う。

 開催日時は7月17日20時〜22時で、場所はドワンゴ新オフィス内セミナールーム(中央区銀座四丁目12番15号 歌舞伎座タワー14階)となる。参加費は無料で、事前に募った20代の有権者100名のみ参加可能。


転載元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130717-00000012-rbb-sci

ネット選挙運動では、候補者に対する誹謗中傷対策やなりすまし対策が必要ですね。

誹謗中傷対策はコチラで無料相談受付中!
0

ネット選挙運動解禁のこと  誹謗中傷対策

お久しぶりです
今回はネット選挙運動解禁について話します

ネット選挙運動解禁は以前から言われていましたが、インターネットを使った選挙運動(ネット選挙運動解禁)が7月4日公示の参院選から解禁されるようです

インターネットを使った選挙運動が今夏の参院選から全面解禁されることを受け、県内の各政党や陣営の間でネット戦略や対策を模索する動きが広がっている。ホームページ(HP)を一新した立候補予定者や、交流サイト「フェイスブック」や短文投稿サイト「ツイッター」などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の開設支援を予定する政党もある。政治に関心の低い若者らにも比較的簡単にアプローチできる手段だけに、ネットへの期待は熱を帯びそうだ。

ネット選挙運動解禁に伴うソーシャルメディア対策・誹謗中傷対策を支援する株式会社エーディーシー
0

ネット風評被害対策と農業実践者が実情語る 村田副知事と意見交換  誹謗中傷対策


お久しぶりです
今回はネット風評被害対策と農業実践者が実情語る 村田副知事と意見交換について話します

「あすのふくしま農業を語るつどい」は24日、福島市の杉妻会館で開かれ、県内の農業者7人が村田文雄副知事と復興や農業経営の実情について意見を交わした。
 「福島の農業、未来に向けて」をテーマに開催。東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響を受けながらも水稲や畜産、果樹などの農業に従事する51〜58歳の7人が臨んだ。
 広野町の新妻良平さんは昨年、町内で取り組んだコメの試験栽培状況などを説明した。原発事故の影響で、顧客は震災前の三割に減ったが、「『福島のコメがおいしい』と言われる限り、諦めない。双葉郡の農業を再生させる」と復興への思いを語った。福島市で果樹栽培などに取り組む大友伸夫さんは原発事故に伴う風評被害が今も続く現状を伝え、「農業の未来を考えた施策が必要。農家一人一人の声を聞いてほしい」と訴えた。
 農産物の信頼回復に向けた一層の情報発信、除染の推進などを求める意見も出た。
 村田副知事は「風評被害払拭(ふっしょく)を強化する。皆さんと力を合わせ、これまで以上の福島県をつくりたい」と答えた。


ネット風評被害対策エーディーシーをwikiでチェック!

ネット風評被害対策エーディーシーをwikiでチェック!
0

ネット上の名誉毀損と競泳記録保持者・河本氏、名誉毀損で告訴を検討  誹謗中傷対策

こんにちは
今日はネット上の名誉毀損と競泳記録保持者・河本氏、名誉毀損で告訴を検討を話します

新潟県警に詐欺容疑で逮捕され、地検が不起訴処分とした県体育協会の河本耕平職員(33)は7日、被害届を出した知人女性を名誉毀損容疑で告訴を検討する考えを明らかにした。河本氏は競泳男子100メートルバタフライの日本記録保持者。

 河本氏は同県長岡市で記者会見し、不正に使ったとされたクレジットカードについて「知人女性から『自由に使っていい』と渡された。逮捕はまったく理解できない」と訴えた。

 同時に「もう一度、競技に向けて一生懸命やっていきたい」と現役続行の意向を表明した。




0

誹謗中傷対策と石原語録:知事会見から 橋下市長の記事/横田基地訴訟 /東京  誹謗中傷対策


こんにちは
今日は誹謗中傷対策と石原語録:知事会見から 橋下市長の記事/横田基地訴訟 /東京などを話します

◇インチキ野郎が書いた−−橋下市長の記事
 ◇眠れないほどの騒音ない−−横田基地訴訟

 ◆友人だから腹に据えかねてあえて申し上げるが、大阪の橋下(徹)市長について佐野眞一なるインチキ野郎が週刊朝日にとんでもない記事を書いた。この男は私も被害者の一人。出自とかお父さん、おじいさんの職業をあげつらって、しかもそれがDNAとして橋下君に受け継がれて「ああいう性格のとんでもない人間を作った。非常に危険な存在だ」と。これは中傷誹謗(ひぼう)の域を出ない本当に卑劣な作業だと思います。

 −−首都高の老朽化で建て替えが議論されている。

 ◆前から言われていたし、阪神大震災の時に高速道路が倒れたのを見て慌てて柱に鉄板巻いたりしたが、肝心の道路そのものの破損がよく分からない。ところが今度、ベンチャービジネスの先端技術を表彰するが、その中に高速道路の上を60キロで走りながら、路面のどこが傷んでいるかを映像としてキャッチできる技術を開発した会社がある。これを大いに活用したらいい。首都高そのものを全部建て直すなんてべらぼうなお金がかかって、とてもじゃないけど簡単にいきませんよ。

 −−横田基地の周辺住民が騒音被害を訴え、国に対し夜間と早朝の飛行停止と損害賠償を求める訴訟を起こすと発表した。

 ◆それはエゴの話でね、眠れないほどの騒音があるわけないし、飛行機が飛んでないんだから、あそこ。横田の周りの住民が騒音訴訟を起こすのは、私に言わせればナンセンスだね。

 −−先週、橋下市長とたちあがれ日本の平沼赳夫代表と会談した。橋下氏との連携は?

 ◆これから先のことですから、今それ言えません。

 −−平沼氏は「西の橋下、東の石原」と連携に希望的観測を述べている。

 ◆平沼君に聞いてくれ、平沼君に。

 −−先週の記者会見で、来月4日の健康診断を見てから(新党結成など)身の振り方を決めると発言したが。

 ◆健康だったから、当分(知事を)やりますよ。(19日)

ネット誹謗中傷対策エーディーシーをチェック!

0




AutoPage最新お知らせ