2012/12/9 | 投稿者: lhednie

だいえっとの歴史英語「diet」の語源はぎりしゃ語の「diata」で、「ふだんのたべもの」というような意味とされています。

昭和になると、スチュワーデスなど憧れの職業に就く女性や、映画じょゆうのスレンダーなスタイルが、女性たちを魅了しました。

だいえっとはその後、くちこみによって広まり定着し立といってよいでしょう。

1970年??80年代には、てれびや雑誌でだいえっとの話題が次々ととり上げられるようになりました。

すりむな体形が女性の美しさのじょうけんとされ、日本でだいえっとブームがスタートした理由はミニスかーとだという説もあります。

はるか以前の源氏ものがたりにとうじょうする姫君から、江戸じだいの花魁や美人画のモデル、そして明示には貴夫人の洋装が女性の憧れでした。

だいえっとということばがこのような意味で使われだしたのは、1970年ごろからとされています。

そして、1967年に来日したろんドンの人気モデル「ツイッギー」のミニスかーと姿は、日本女性におおきな衝撃を与えたようです。

長い歴史のなかでも、女性たちのくちこみがおおくの流行をつくってきました。

しかしげんだいでは、痩身とげんりょうとそのためのこうどうの意味で、だいえっとということばが使われています。

マスコミ主導だっ立とはいえ、そのころの女性たちの会話や噂にも、げんだいのくちこみと同じような力があったようです。

げんだいでは、だいえっとは外見や美容のためだけでなく、健康の面からも重視されています。

日本語での持と持とのりゆう語は、病気治療やひまんぼうしのための「食餌両方」や「制限食」でした。

そして、だいえっとはわたしたちのせいかつとみっせつになり、おおくの人の関心事となっています
0

2012/11/26 | 投稿者: lhednie

脳を活動させるには、さんそがひつようです。

さんそを体内にとりいれると、しぼう燃焼酵素が活発に働き出すことで新陳代謝があっぷし、ダイエットにもこうかてきなのです。

そこで、さんそ不足のげんだいじんのために開発されたのが、空気中よりも多いさんその量を水に溶かし込んだ「さんそ水」です。

現代では、廃棄ガスの影響や科学物質の影響でたいきが汚染されているために、さんそが年々不足してきていると言われています。

さんそ水はこくないさんの物だけでなく、かいがいからゆにゅうされている物もありますし、天然のみねらるウォーターにさんそを過飽和させたような物などもあります。

ヘモグロビンとはけつえきちゅうに存在している物質のことで、ヘモグロビンが増加すると体内に蓄積されている老廃物を体外へ排出する働きをそくしんしてくれるので、血液をさらさらにしてくれます。

たいき中のさんそを吸うよりも、水に溶けているさんそをせっしゅする方が、より多くのさんそを体内に九州することが出くるのです。

血液がさらさらになれば、体内の血流も良くなるワケですから、生活週間病の予防にもなります。

さいきんでは、スーぱーやドラッグすとあなどでもよくさんそ水を見かけるようになっています。

このように体内に多くのさんそを九州することで、ヘモグロビンが増加します。

いろいろな飲料メーカーがさんそ水を開発し、今ではみねらるウォーターと同様に、コンビニえんスすとあえんスすとあなどに置かれるようになりました。

前述したように、げんだいじんは基本的にさんそが不足しています。

中でも、美容や健康にふだんから気を使っているような方やたばこの喫煙ほんすうが多い方、飲酒量が多い方は、さんそ水をふだんから積極的にのまれるといいでしょう
0




AutoPage最新お知らせ