慣れないフレンチ  恋愛

小学校からの親友が生徒会に入って引き離された
(ように感じた)し、幼馴染の好きな子は
親の転勤で横浜に転校していった。

転校・転勤・転職・結婚・失業・・・

なぜかそういうものに巻き込まれて遠くへ行ってしまうのが、
「ここ一年で急に欠かせない存在になった人」が
欠かせない状態の時に、だったりするのだ。

この女子大生たちもそう。

10年以上も楽団を続けていると、波だってある。
精神的に義務化されると、息苦しくなる。
楽器を吹く、以外のモチベーションをあげるのが、
人間関係の楽しさ。

7つも年下の女子大生と話が弾むのは、
恋バナがきっかけかなぁ。
オシャレのセンスが似てるとか?

でも「練習に行く=その子たちと語る」くらいの
目的になってたのに。
就職決まって、敢え無く転勤。あぁ、セツナイ。

同じパートで、送別お食事会をすることになったらしく。
ホルンとトロンボーンの10人弱のところに、
「あの二人と仲良しだから」
っていう理由でクラリネットの私にもお誘いが。

プレゼントを持って、参戦してきました☆

フレンチのフルコース!
(いや、全然似合わないメンバーなんですが、
その中の一人が昔そこでバイトしてたとかなんとかで)

一番最後に席につくと、隣はいつもお気に入りの
ホルンのオトコマエ19歳でした(笑)

あ、こーゆーの参加するんだ〜、と思った。その時。

もちろん19歳がフレンチなんて食べ慣れてるワケもなく、
ぎこちなく食べてる姿が楽しかった、けど、
私も食べ慣れてないから
「これ何だろ・・(笑)」とか言いながら食べてた。

帰りに、理事長が、19歳に。
「あーY、アイツ送っていってやってくれん?
ここからだとそっち方面だし。」
と私を指さして。

突然、車で二人になることに。

・・・ていうと、なんだか意味深だけれども、
特に深い意味もなく。

単に10コも下の男の子に送ってもらうのが、
なんだか新鮮だった。
しかも、いつもお気に入りーと思いつつ、
二人で10分以上も話すことなんて
なかったし、なんだか空気がどきどきしていた。ただそれだけ。

フツウに家まで送ってもらって、フツウにお礼のメールして。

「なんか新鮮でしたね、また機会があれば
そこくらいならいつでも送りますよ。また話きいてください。」

みたいな返信が。なんだか、かわいい。



ほのぼのした気分で、眠りについた。
0

 

原点にまで戻ってみる  恋愛

楽団の、仲良くしてる女子大生二人が、就職で休団することになった。

七つも年上の私と、ちゃんと対等に話ができる子たち。
お互いの恋バナしあったりして、すっごい楽しかった。
楽団外でも遊んだり。

私の人生のクセ?の一つに。

とても好奇心をそそられて、あーもっと仲良くなりたい!て
強く願う相手が老若男女問わず出現して、結構仲良くなれると。

逆らえない流れによって奪い去られることが何度もある。

私はきっとワガママで欲張りなので。

誰か特定の人、に、
『1番大事 』
『1番仲がいい』
『1番必要』
と言われる事が至福で。

きっとそれを言ってくれるかもしれない、私も夢中になれる人、を探し続けている。

多分、始まりは小学生低学年のとき。
『仲良し三人組』て名前をつけて、ある種の排他的時間を送っていた。
『仲良し』なんだからずっと三人で遊ばないといけない、みたいな、がんじがらめさが心地よかった。
親が新築の家を建てて引越すまでは。

0

 

〜Prelude〜  恋愛

男の奇妙な優しさに、幾度も心を奪われてきた。

今度もそうだ、そしてまた泣きを見る。

…神戸から大阪までの通勤電車の中から窓の外を見ながらふと思う。
BGMはMISIAの『Everything』。
6、7年前の20〜30代の女の価値観を変えたとも言える
人気ドラマ『やまとなでしこ』の主題歌。
この曲が好きなのだ、ただひたすらに。
音は昔の記憶と共に蘇ってくるけれど…

昨夜仕事帰りに立ち寄ったコンビニで、私好みのスタッフを発見し、
一人ときめいてるところに流れていたのが何故かこの曲で。
朝から探し出してエンドレスで聞いてる。
どうせもうすぐ会社に着いて現実に引き戻されるのだから。
少しの間くらい、自分の世界に浸っても誰にも咎められることはないはず。

今まで幾度恋に堕ちただろう。

正直、そこそこの人生を歩んできたつもり。

クラスではトップとはいかないまでも、そこそこ上位の成績を保ってきたし、
それこそ引きこもりもぐれることもせず、がり勉でもなく。
周りに女友達はどちらかというと多い方だったし。

高校最後の夏休み、ほぼ毎日部活を続けて吹奏楽コンクールでは
1番上の大会まで勝ち進んだ。
その結果私たちの学年は浪人や短大進学が多い学年となったけれど、
特にそんな努力をしたわけでもなく『女の子にしては上出来』な大学も卒業した。

大学時代にちょっと工夫してお化粧することで、女としても小学生のころに
思い描いていたような、そこそこ見れる、『キレイなお姉さん』に近づいたはず。
巻き髪、アイライン、ピンヒール。がりがりでもポッチャリでもなく、
出るとこ出て、くびれるとこそこそこくびれた、
どちらかというと色っぽい体型、とはよく人に言われる。

けれど。

金融企業で社会の常識を身につけ、セクハラ社長の秘書を経て、
今はテレビ局に転職してもう五年め。
仕事はできる方だし、姐御肌だから同僚たちには好かれている方だと思う。

けれど。

恋愛以外のことで言えば、私の人生80点以上はあると思う。

けれど。

恋愛はからっきし、だ。別に男に興味がないわけでも29歳になるこの年まで
彼氏が一人もいなかったわけでもない。

恋は、していた。

何故か、満足いくカタチに進んでいかないだけで。一歩一歩、つまづくだけで。

どちらかというと私は『ませた』ガキ、だったので18歳のとき
14も年上の32歳サラリーマンに恋に堕ちた。
20歳の時は23歳の大学院生に。
26歳の時は24歳の職場の人に。

一旦好きになると相手の全てを許せて愛せるのが愛だと、昔から恋愛小説を
読みふけっていた私は、
いつしかそれが自らの考え方だと思い込むようになった。
それが正しい恋愛の在り方だと信じて疑わなかった。

…その結果、世話好きな、尽くす姐御肌タイプの女になった、と思う、今日この頃。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ