2017/3/21  22:06 | 投稿者: Reika

クリックすると元のサイズで表示します





7時前発の電車に乗るため、
朝食はスーパーで買ってきたもので。

いつものヨーグルトを見つけて、迷わずカゴへ。
シンプルだけどハムの質が違って美味!
マヨも日本のよりあっさりしてて (●´ڡ`●)





クリックすると元のサイズで表示します




ハート venerdí 24 marzo 2017


日本と違ってホームが固定じゃないので
決まるまでの待ち時間はソワソワ、、

待つこと数分、
掲示されたホームへ





クリックすると元のサイズで表示します





海外で初めての特急乗車、
そして、初めてのヴェネツィア電車入り

期待で胸がいっぱい



クリックすると元のサイズで表示します





ホーム上の自販機の中身が気になって
見てみたらそこにあったのは、


 「江崎君(=グリコの事) (o゚Д゚o) !?」
 *走ってる彼の事を勝手に社名からとって
  「江崎君」と命名して呼んでることに所以します


世界の江崎君だったことにもビックリなのに、
商品名がどう見てもポッキーなのに、“MIKADO”

ナニコレ!?状態な私に
海外ではこの名で売られてることを
母が教えてくれて、やたらテンション↑↑


 「(ミカド=“帝”・・・)
  “江崎帝”・・すんごい名前だよ、江崎君!!」


ローマで勝手にフルネーム決定!





クリックすると元のサイズで表示します





予報通りの気温に少々不安を抱きつつ、、
フレッチャロッサに乗って、いざ





クリックすると元のサイズで表示します





結構な距離を走るので
車窓からの景色も田舎から都会まで
色々楽しめて (o゚Д゚o)





クリックすると元のサイズで表示します





なんか雲行き怪しいなあ・・と思ってたら、
フィレンツェはなんと、 Σ(=ω= ;) !!ゲゲッ




クリックすると元のサイズで表示します





それから走ること2時間...
ラグーナが見えてきたと思ったら
今度は霧 (o゚Д゚o) !!





クリックすると元のサイズで表示します





ついにルチーア駅に到着
降りてみると、寒っ (((o+д+o)))!!!

日中、小春日和なローマとは雲泥の差で
ヴェネツィアはまだ冬の中。。。





クリックすると元のサイズで表示します





寒いので、ホットひと息
定番のチョッコラータ (*´꒳`*)

相変わらず濃厚で美味なりキラキラ





クリックすると元のサイズで表示します





カルネヴァーレ中なのに
駅前はマスケラで着飾る人の姿もなく殺風景。

とりあえず当初の目的、トノーロへ





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
Tonolo
- Frittelle Venexiane
- Frittelle Zabaione





カルネヴァーレの時期のみ販売される
伝統菓子・フリッテッレ。

レーズン入りのヴェネツィアーネと
ザバイオーネ入りのものを (●´ڡ`●)

揚げてるはずなのに油っこくなくて
レーズンの自然な甘みと芳醇なマルサラ酒
どちらも堪能できましたキラキラ





クリックすると元のサイズで表示します





サン・マルコに向かう途中、見つけたパン屋さん。

北イタリアのパンは素朴なものが多いと
何かの本で読んだけど、素材の味が活きていて
噛めばかむほど味わい深くて大好き






クリックすると元のサイズで表示します





いつものスケートリンクだけじゃなく
メリーゴーランドまであって、 (o゚Д゚ノo)ノ︎!





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





サン・ポーロ広場はずらりと並べられた
ハムチーズの出店があって、つい足が向かっちゃう





クリックすると元のサイズで表示します






リアルトにある大きな広告塔が
グラナ・パダーノになってて、心惹かれて一枚。


 (イタリアDOPチーズ生産第1位だもんなあ)





クリックすると元のサイズで表示します





市場にぽつんとパッサレッレの姿。
見つけるとついつい、ワクワク(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





めっちゃ高速でカルチョーフィを剥いてくおじ様。
剥いたのをバケツに投げ入れるまでの流れは
慣れてるとはいえ、神業・・ (〃゚Д゚〃) !!






クリックすると元のサイズで表示します





日本では馴染みがないけど
イタリアでは定番のカルチョーフィ
売り方も様々。





クリックすると元のサイズで表示します





電車の中で予約済みの
いつものお店の前はおこぼれに預かる
海鳥たちで溢れかえってました。




クリックすると元のサイズで表示します





予約特典のプロセッコはお約束キラキラ





クリックすると元のサイズで表示します





暖炉にマスケラが飾られていて
カルネヴァーレモード





クリックすると元のサイズで表示します
Speciale Antipasti


クリックすると元のサイズで表示します
Speciale Primi piatti





前菜とプリーミは“特別メニュー”の
文字に惹かれてその中から。

グリルした魚介類を岩塩につけて。
素材の味が一番引き立つ食べ方キラキラ


ラディッキオとスカンピのフジッローニは
苦味がアクセントになって、後味さっぱり!





クリックすると元のサイズで表示します
Primi Piatti





もう一つのプリーミは定番のリゾット。
相も変わらず旨みギュッ (●´ڡ`●)





クリックすると元のサイズで表示します





エスプレッソに添えられた
ビターチョコがこれまた秀逸で





クリックすると元のサイズで表示します





サンドアートのように
美しく盛られたスパイスに思わず近寄り

人目を引く飾り方はさすが!!





クリックすると元のサイズで表示します
Marco Vecellio, Annunciation



クリックすると元のサイズで表示します





入口からいつもと違う雰囲気が漂ってて
気になってサン・ジャコモに入ってみたら
音楽博物館そっくりで、ビックリ (〃゚Д゚〃) !

カルネヴァーレだからかなあ?



◆港◆



サン・マルコ方面に向かっていくと
マスケラを着けた人たちがちらほら・・・

でも“凄い!”と感動する人はいないは、
歩きやすいはずのいつもの道が歩き難いはで
なんだか凄くビミョー、、、 (´-ω-`*)



◆港◆



途中、寒さに耐えきれず
花柄のダウンコート(€10)を購入 (((o+д+o)))
安いのにデザイン優良

冬のイタリアでお土産代わりに
防寒具を買うのが常になってるなあ・・・(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





歩いて見ていて思ったこと・・
5年前に来た時よりも明らかに
クオリティが下がってることにショック。。。

それでも中にはちゃんと伝統を貫いている方々もいて、
見つけては声をかけ、撮らせてもらいました


撮らせてもらう時、近づいて気づいたこと。
この方はおそらく男性。
たっぱがあるから様になる!





クリックすると元のサイズで表示します





河岸を歩いていたらギターの音が

ヴェネツィアに来るといつも
歌や楽器の音が聞こえてくるのに、
そう言えばローマもフィレンツェもなかったことに
気がついて、違いを実感 (o゚Д゚o) !

音楽がいつも溢れてるところも
ヴェネツィアが好きな理由の一つかも





クリックすると元のサイズで表示します





最も美しいと思った二人。

溜息の橋の下でポージング
なんて絵になる風景





クリックすると元のサイズで表示します





その横でマリオネッタのような
ポージングをした方も個人的にお気に入り





クリックすると元のサイズで表示します





中には18世紀頃の
フランス貴族様の男性の姿も

フランス王国もまた、ヴェネツィアを語る上で
外せない国なので妙に印象的でした。





クリックすると元のサイズで表示します





 (あれっ?光ってたっけ・・?)


メルチェリア通りの上が光ってたかどうか
思い出せなくて気になりつつ、元来た道へ...





クリックすると元のサイズで表示します





1時間も経たずルチーアに戻った頃には
すっかり日も暮れて夜に。


**


衣装の生地が見るからに安っぽかったりと
5年前と比べて質の低下に。。。

いつも歩き慣れた道も
普段いない観光客でごった返して
歩き難いことこの上なくて。。。


 “カルネヴァーレの時期は止めよう
  ヴェネツィアはいつもの時(=年末)に来よう”



母と二人、同じ結論を出しながら帰路へ。





クリックすると元のサイズで表示します





あまりに美味しかったので
両親にも食べてもらおうと帰りちゃっかり
トノーロに寄ってお土産購入キラキラ

“ヴェネツィア”は
ヴェネツィアに滞在することに意味があると知った
ある意味、いい勉強になる旅でした (u_u*)
0

2017/3/14  0:11 | 投稿者: Reika

クリックすると元のサイズで表示します





2回目の朝食は、外側がシロップで甘いコルネット
今回1番のお気に入りのパンですキラキラ

ダイヤ型のジャム入りクッキーが
とにかくおいしくて (●´ڡ`●)


ローマは置いてあるお菓子の数が多くて
種類も豊富で甘いもの好きというのは本当らしい。





クリックすると元のサイズで表示します





ハート giovedí 23 marzo 2017



待ちに待ってたこの日、メトロ初乗車

ユーロの種類によって受け付けてくれなかったり、
1枚ずつ発券するからゆっくりだったり、、
チケット販売機がなかなかの曲者!





クリックすると元のサイズで表示します





あっという間にヴァティカン市国!
この日はどっぷり1日芸術鑑賞コース


まずは、エジプト文明
「グレゴリアーノ・エジプト美術館」へ





クリックすると元のサイズで表示します





 「教科書に載ってたでしょ」
 「確かに、(ここにあったのか・・)」


本物が目の前にあるという不思議。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





レリーフの中で特に気に入ったのは
動物たちが描かれたもの。

棺の中に描かれた絵はミイラが横たわって
蓋の役割を果たしたためか、保存状態がよくて
色が鮮やかで見事・・!





クリックすると元のサイズで表示します





国は違えど、どの神話にも
“動物の神格化”があるというのが面白い





クリックすると元のサイズで表示します





美しくて、見入ってしまった頭像
背景がまた、砂漠の満天の星でイイ!




クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





すごく情けない貌に思わず笑いが・・ ( ´艸`)ププッ
凛々しく美しい同胞は称賛!





クリックすると元のサイズで表示します





これを見た瞬間、頭を過ぎったのは
中1の時にハマッた『天は赤い河のほとり』の
♡マークが刻まれた粘土板。


 “赤河を思い出す”


と思わずTwitterでつぶやいたら、


 “「♡」←これ。これー!!”


とリアルタイムで友人から返信がきて
以心伝心 (ु ๑>◡<๑)੭ु⁾⁾





クリックすると元のサイズで表示します





ナイルを越えて
「ピオ・クレメンティーノ美術館」へ

ベルヴェデーレの中庭に出て
古代ギリシャ・ローマ文明の暁光を浴びに...





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





やっぱりギリシャ彫刻は見応えあって(*'∀'人)

天使の羽の細やかな彫り
馬に襲いかかる獅子のこの迫力!





クリックすると元のサイズで表示します
Laocoonte





真ん前に行って撮ることに成功した《ラオコーン》


 (なんでこんなもん造れるんだ・・)


ウフィッツィで観たレプリカとは違う
“本物”の威厳





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
Torso del Belvedere




 (あれはっ・・!!)


「ミューズの間」に入って見つけたものに
歓喜して近づいて見入ること数分。

ミケランジェロが絶賛したというのも納得の
堂々たる肉体美 (〃゚Д゚〃)


 (わあー・・好きそう・・・)


いかに素晴らしいかを説いて
手を加えるのを断った話を思い出して笑いつつも、
確かにと納得できる素晴らしい彫刻でした。





クリックすると元のサイズで表示します





角度を変えて下から。
この方が迫力が出て、自己満な一枚





クリックすると元のサイズで表示します





「円形の間」にいた美しい人。
凛とした横顔ってイイ





クリックすると元のサイズで表示します





 「ほら鹿せんべいだよ、お食べ〜」


ヴァティカンで蘇る奈良公園・恐怖の思い出。
勝手にアテレコしたら母がウケました





クリックすると元のサイズで表示します






彫刻も見事な赤大理石の棺
でも、石のベッドには寝たくないなぁ・・・





クリックすると元のサイズで表示します





「大燭台の間」の天井に釘付け。

明らかに時代が新しいものだけど
立体的に描かれた天使の羽を観ていたら、
なぜかサモトラケのニケが過ぎって






クリックすると元のサイズで表示します





まっすぐ続く「地図の間」に
ウフィッツィ以上の広さを実感!





クリックすると元のサイズで表示します





 「あんたがヴェネツィアを見逃すなんてね」


あまりの数に気づかずスルーしていた私への
母のツッコミが無性に悔しかったので
ちゃんと戻って撮ってきた一枚。


 (変わってないんだなあ・・・)


“Giudecca”,“S.Marco”,“Murano”...
見慣れた文字に思わずほっこり (*´꒳`*)





クリックすると元のサイズで表示します





まるで天窓から差しこむ光の如く
神聖な雰囲気に包まれていた窓の一角。

自然が作り出す演出はスゴイ





クリックすると元のサイズで表示します





システィーナ礼拝堂までもう少し・・・

逸る気持ちで渡り廊下をわたって
「ラファエッロの間」へ





クリックすると元のサイズで表示します
Raffaello, Scuola di Atene





 (こんな所に描かれてたのか・・)


最も混み合っていた「署名の間」で
《アテネの学堂》 の中央に描かれた
ヘラクレイトスの姿を目の当たりにした瞬間、
感動で立ち尽くし.. (〃゚Д゚〃) 

システィーナ礼拝堂の天井画に感動し、
完成していた絵にわざわざ描き足したという
ミケランジェロの姿。

若き天才の心をそこまで動かした絵とは
どんなものなのか・・期待に胸がっ!





クリックすると元のサイズで表示します
Raffaello, Incendio di Borgo





「火災の間」にあった絵は
それまでのやわらかい線とは違い
力強く筋肉質が描かれていて・・
明らかにミケランジェロの影響が見て取れて ( ´艸`)


**


そして、
ついに念願の「システィーナ礼拝堂」へ


死ぬまでに1度でいいから観たいと思っていた
絵を前にしていることが信じられなくて
思わず感涙・・ (ノ△;。)!!


祭壇に描かれた儀典長の姿に笑いつつ、
天に広がる『創世記』に言葉を失って
触れ合おうとする指と指に釘付け。


 (これを本当に一人で描いたのか・・!)


彫刻家と自負した天才が
圧巻のスケールで描いた絵画作品に
しばし時を忘れて見入っていました。





クリックすると元のサイズで表示します





美術館を出て、次は大聖堂に行こうかとみたら
恐ろしい長蛇の列が。。。

また改めてにしようと
落書きだらけのメトロでローマに←┘





クリックすると元のサイズで表示します
Fontana della Barcaccia


クリックすると元のサイズで表示します
Scalinata della Spagna





“ベルニーニの彫刻を観る!”
という目的を果たすため、歩いてスペイン広場へ

階段を見てやっぱり出てくる
『ローマの休日』のワンシーンカチンコ





クリックすると元のサイズで表示します
Fontana di Trevi





近いので、そのままトレヴィの泉へ。

泉の水を飲んだ後、
しっかり肩越しにコインも投げ入れて満喫





クリックすると元のサイズで表示します
Pane & Salame





気づけば15時過ぎ
さすがにおなかが減ったのでトリアド検索。
周辺飲食店・第3位のお店に行ってみることに!





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





店内はオシャレな雰囲気で、
コルクを使った飾りが可愛い&ハイセンス

とりあえず、まずは白から。





クリックすると元のサイズで表示します





注文して目の前に出されたパニーニのサイズに
思わずビックリ (〃゚Д゚〃) デカッ!


頼んだパニーニは
全員一緒で「ポルケッタ&フリアリエッリ」

ローマはパニーノ屋さんが多くて
特にポルケッタを挟んでるのをよく目にしたせいか
さっきのアレにしよう、アレで即決(笑)





クリックすると元のサイズで表示します
- Panini (Porchetta e Friarielli)





これでもかとぎっしり詰まった具材。
ポルケッタの皮のパリッパリ食感も味わえて
文句なしのおいしさっ・・ (●´ڡ`●)

一人だけ丸々1個完食!


**


店員のお兄さんたちがとっても気さくで
イタリア語でお会計を頼んだら
満面の笑みで


 (そう、私はイタリアの
  こういうノリが好きなんだよっ・・!!)


と強く実感 (*´꒳`*)


父が支払いは私がすると説明したらしく
“She is Boss!”と言っていたそうな(笑)





クリックすると元のサイズで表示します





程よい時間なので、今日はここまで。

帰り途中の一枚
ローマの街角にも聖母の姿。





クリックすると元のサイズで表示します





外国で初めてトンネルを発見!
トンネルって不思議な雰囲気があって
どこに繋がってるのかなあ・・と気になりました。





クリックすると元のサイズで表示します





テルミニに着いた頃には夕暮れ時。
駅前でもこの路駐っぷり!





クリックすると元のサイズで表示します





ホテル近辺の工事現場
トリコローレの幕は初めて&オシャレ





クリックすると元のサイズで表示します





明日は早朝出で、ホテルの朝食はなし。

スーパーに買い物に行った後、
この日は早めの就寝となりました (。σω-。)。o〇‏
0

2017/3/7  11:34 | 投稿者: Reika

クリックすると元のサイズで表示します





1日の始まりは甘い朝食から。
ヴェネツィアでもフィレンツェでも見たことのない
クリームたっぶりなパンをチョイスキラキラ





クリックすると元のサイズで表示します





ハート mercoledí 22 marzo 2017



今回の宿泊先は “ホテル・サン・マルコ”
なんだかヴェネツィアとのご縁があるみたい!





クリックすると元のサイズで表示します





ローマに来て一番驚いたのは
とにかく路駐が多いこと!
道は広いのに、半分埋まってるという凄さ。

あり得ないところにゴミがあったり
笑いが止まらない (ノ´∀`*)





クリックすると元のサイズで表示します
Basilica di Santa Maria Maggiore





ローマお散歩1日目
まずは、サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂へ


ヴェネツィアともフィレンツェとも違うのは
至るところに軍人さんがいて銃を構えて
警護してるところ。

空港のような手荷物検査まであって
厳重体制にビックリ!





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





4大聖堂の一つだけあって、中は広々。





クリックすると元のサイズで表示します





係の方の案内で特別拝観のために2階へ
途中、ぐるぐるカタツムリのような螺旋階段が。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





歴代の教皇の法衣等、貴重な資料を鑑賞
古い楽譜もあってワクワク





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





祝福のロッジャに出てモザイク画を鑑賞

鮮やかな色が印象的
こんな間近でモザイク画を見たのは初めてで
モザイクって描くの大変だなあ・・と初めて思いました。





クリックすると元のサイズで表示します





 「ローマって道多いよね」
 「そりゃ“すべての道はローマに通ず”っていうでしょ」


V字路を見ながら言った言葉に
母の応えはなんだかとても説得力があって、納得。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





この教会で一番に見入ったのは
主祭壇の造り。

ヴェネツィアでもフィレンツェでも見たことがない
面白い造りと祈る法王像が特に印象的でした (〃゚Д゚〃) 





クリックすると元のサイズで表示します





無知な私の中のローマは平坦。
でも、実際はアップダウンの激しい坂道だらけ!


 「七つの丘があるくらいだから、そりゃそうでしょ」


母のツッコミにだんまり、、、
恥ずかしながら初耳で、ローマの道は驚くばかりです。





クリックすると元のサイズで表示します
Forum Romanum





次に向かったのは
古代ローマの遺跡群、フォロ・ロマーノ





クリックすると元のサイズで表示します
Basilica Aemilia





鳴き声がすると思ったら、しっかり柱の上にいたカモメ。

ローマは海と山の幸
どちらも楽しめると聞いていたのを実感。

でも、彼らの鳴き声はなんとなく人を
馬鹿にしてるように聞こえて、ムっとくる (`^´o)=3





クリックすると元のサイズで表示します
Arcus Septimii Severi


クリックすると元のサイズで表示します





スゴイものがそこら中に在りすぎて
圧倒される空間





クリックすると元のサイズで表示します
Templum Antonini et Faustinae


クリックすると元のサイズで表示します
Aedes Castoris


クリックすると元のサイズで表示します
Basilica Emilia





観光客の数は相当なのに
広大すぎて全く込み合ってる感もなし!





クリックすると元のサイズで表示します





なぜかベストポジションにいたカモメ
非常に観光客受けがよく、私も漏れずに1枚





クリックすると元のサイズで表示します
Basilica Maxentii
Templum Veneris et Romae
Arcus Titi





丘に上がって見下ろした眺望に絶句。
かつての公共広場の姿に、
いかに栄えていたのかを目の当たりにした瞬間です。

コロッセオも見えて、これからあそこも
観るのかと思ったら、胸が高鳴りました (〃゚Д゚〃) 





クリックすると元のサイズで表示します
Palatinus





つい半年前に来たはずの両親も
ここは観てないというから驚き!

いまだに発掘が続いてるという事実に
歴史の深さを痛感して感動

(ここがパラティーノの丘だと帰国後に知りました!)





クリックすると元のサイズで表示します





そろそろ次に行こうと
出口に向かってる途中で母が突然のくしゃみ。

ん?と辺りを見回すと、


 「あ、いた犯人」


すぐに見つけて指さした先に立つ原因・杉。
あまりにも見事な反応ぶりに笑ってしまい、怒られました(笑)





クリックすると元のサイズで表示します
Amphitheatrum Flavium (Colosseum)





ローマ経由の旅の時に飛行機から見たのとは違う、
ド迫力のコロッセオにあんぐり (〃゚Д゚〃) !!

次はここの見学と決めていたものの、この時点で12時半。
これから観たらお昼を逃すということで
プランツォを先にとることに!





クリックすると元のサイズで表示します
La Carbonara





今回の旅の旅程はすべて
私が行きたい所と決まっていたので
トリアドとググマを頼りに、ちょこっと迷いつつも
なんとか見つけた、カルボナーラ発祥店料理


**


予約なしで行ったので店内でちょい待ち。

待ってる最中、腰かけたイスの下にいた
実におとなしくて可愛いワンちゃんに癒されて、
それだけでしあわせ (*´꒳`*)





クリックすると元のサイズで表示します
Elephas Bianco 2015
Castello di Torre in Piera
(Italia;Lazio)





それほど待たずに着席、
ワインはもちろん、ラツィオので。

洋ナシのような甘やかな香りと
北よりもやや度数を感じる味わいキラキラ





クリックすると元のサイズで表示します
Antipasti
- Carciofo alla Giudia





興味のあったゲットー名物
「カルチョ―フィのから揚げ」を前菜にチョイス。

ものの見事に丸ごとから揚げ
外はパリパリ、中はホクホク食感が楽しめる一品キラキラ
絶妙な塩加減でワインが進むすすむ!





クリックすると元のサイズで表示します
Primi Piatti
- Spaghetti alla Carbonara





メインにに選んだのはもちろん、
前回、結局食べれず悔しい思いをし
絶対食べてやると決めていた、本場のカルボナーラ!

ロマーノの塩味
卵と合わさってさらに濃厚さの増したソース
絶妙なカリカリ具合のパンチェッタキラキラ

ずっと食べたかった味で・・ (●´ڡ`●)





クリックすると元のサイズで表示します
Espresso





食後のエスプレッソを飲みながら
至福の時を満喫





クリックすると元のサイズで表示します





お手洗い事情を考えて、お店で借りると
ドアの前にかわいい牛がいて





クリックすると元のサイズで表示します





元来た道を戻ってコロッセオへ
路駐もスゴイけど、蔦もスゴイ (o゚Д゚o) !





クリックすると元のサイズで表示します






手荷物検査を通って、いざ中へ

目の前に現れた巨大な円形闘技場に
またもや、あんぐり (〃゚Д゚〃) 





クリックすると元のサイズで表示します





両親が前回来た時はなかったという
動物用のエレベーターも再現されて在りました。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





昔は板が敷かれて見えなかった
地下施設は今や、むき出しに

そこはかつてここで催された
残酷非道なイベントの数々を静かに語っているようで
何とも言えない気持ちに。





クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します





上から見下ろすと
すり鉢状になってるのがよく分かって、
何万という人が熱狂し響き渡ったであろう歓声が
聞こえてきそうな、不思議な感覚。

これほど語りかけてくる建築物は
今まで見たことがなくて、ただただ圧倒されてしまいました。


これは確かに、“一度は見る価値がある”・・!!





クリックすると元のサイズで表示します





ゆっくり見て回っていたら、もう15時過ぎ!

出入口に下りる途中、
コンスタンティヌスの凱旋門と
丘の上に広がる天使の梯子が見えて一枚。


**


せっかくここまで来たんだから
どうせだから行っちゃおうという母の提案で
急遽、真実の口に行くことに!





クリックすると元のサイズで表示します





トラムが走ってるのを見て思わず一枚
イスタンブールはもっと走ってるらしく
両親は見慣れてても、私にとっちゃ物珍しい



**


今日はよく歩いてるなあ〜なんて
思いながら川岸を渡って、歩いていくと人だかりが。


 (うん、きっとアレだ)


思った通り、写真撮影待ちの
観光客の列ができていて、並んで待つこと数分...





クリックすると元のサイズで表示します
Bocca della Verità
* Fotografo:Papá





“真実の口”とご対面。
見てやっぱり浮かんだのは、「ローマの休日」

しっかり手突っ込んできました (●`∀`●)ノ






クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
Basilica di Santa Maria in Cosmedin





これまた知らなかった事実、
まさか“口”がある場所が教会だったとは・・!

せっかくなので、入ってみると
明らかに古くから在ることがわかる趣に
さらにビックリ (o゚Д゚o) !

花の冠をかぶった頭蓋骨が印象的でした。





クリックすると元のサイズで表示します
Capitolinus





帰りも徒歩でゆっくりと...

長い階段を上って、
カピトリーノの丘からローマを一望





クリックすると元のサイズで表示します
Piazza del Campidoglio





隣にある広場の床の模様がやけに気になりました





クリックすると元のサイズで表示します
Altare della Patria


クリックすると元のサイズで表示します





 (何だろう?この建物・・・)


そう思って見ていたら、聖マルコの姿が・・!


 (何で (o゚Д゚ノo)ノ︎!?)


と思ってググマを見ると、“ヴェネツィア広場”の文字。


 「ここかっ!!」





クリックすると元のサイズで表示します
Santa Maria di Loreto





思わず歓喜で声を上げ、
サルーテを彷彿とさせる教会に
ヴェネツィアとのご縁を感じて、至福 (*´︶`*)





クリックすると元のサイズで表示します
Columna Traiana





広場にある柱のレリーフが見事で、一枚





クリックすると元のサイズで表示します





ローマの街を歩いてると
そこら中に古代遺跡があって、驚き!

母が見つけた馬の像
囲む建物もなんだか古そうで、


 (これもまた古いものなのかなあ・・?)





クリックすると元のサイズで表示します





とにかく坂が多くて、同じ散歩でも
平坦なヴェネツィアより足にくる感じで、
街自体も広いからか、めっちゃ歩いた感が味わえます





クリックすると元のサイズで表示します





最後に共和国広場にある、イータリー・ローマ2号店へ

そこまで大きくないものの、やっぱ日本とは違うなあ・・と、
違いを痛感させられる店内をぐるり。





クリックすると元のサイズで表示します
Grom
Stazione Termini piano ferrovia
- Gelato (Limone e Mandarino)





帰り道、駅のグロムに寄って甘いひと時。
意外に歩いたせいか、のどが渇いてたので
珍しくフルーツをチョイス。

リモーネはさっぱり求めてた味
マンダリーノはあっっま Σ(=Д= ;) !!

みかんってこんなに甘いのかと実感しつつ、
私はやっぱりブラッドオレンジ派だなと認識して
幕を閉じた1日でした。
0

2017/2/24  22:32 | 投稿者: Reika

10年間お世話になった会社を退社
その足で成田へ向かい、空へ―――



✈ lunedÍ 20 febbraio 2017



クリックすると元のサイズで表示します
Çankaya 2015
Kavaklıdere
(Turkey)





martedi 21 febbraio 2017



寝酒代わりに頼んだ白は初のトルコ産。
かなりドライで重めな味の感想は


 「ギリシャ産に似てるなぁ」





クリックすると元のサイズで表示します





まずは中継地点のイスタンブールへ。
朝霧に包まれた情景に
いつかのヴェネツィアを思い出しました。





クリックすると元のサイズで表示します





朝食代わりのドゥンドゥルマ
今回もお兄さんのパフォーマンスという名の
罠にハマり、鼻にぺちょっとされちゃった。

4年ぶりのお味は相も変わらず
ピスタッキオが超濃厚 (●´ڡ`●)





クリックすると元のサイズで表示します






免税店を見て歩いている時、
目に入ったものに思わず近寄り手に取ってみると
思ったとおり、“ペイニリ” (o゚Д゚o) !!

トルコのチーズと初対面
日本では出会えない貴重な存在は、お土産に決定!





クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





でも、どうしても味わってみたくて
ペイニリを使ったパンを購入。
塩味が効いていて、私好みの味でした





クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します





乗り継ぎまでの12時間のあいだ
せっかくトルコにいるので、ケバブをチョイス。

 デカイ!ボリューミー!
 ヘルシー!ウマイ! (●´ڡ`●)

これでもかと野菜がギュッとつまっていて
鶏肉だからか、意外にさっぱり。

母にもらった牛肉はドンと重みがあって
違いにビックリ!





クリックすると元のサイズで表示します





とっても気になるお菓子
バクラヴァをひとり追加注文。

物凄い甘いと聞いてたけど
ここのは上品な甘さで好み。
木の実がギュッとしてて豪華キラキラ





クリックすると元のサイズで表示します





無性にコーヒーが飲みたくて
トルコの上積みコーヒーを初体験。
ロクムも1個付いてきて、ほっと一息。





クリックすると元のサイズで表示します





イタリア半島の上空を飛んでる時に
見えてきた山にやや興奮。

 (アペニン山脈かな?)





クリックすると元のサイズで表示します

着陸前に見つけたサイレージ
すぐ近くに羊の群れを見つけて大興奮。

 (ペコリーノの土地だ〜!)





クリックすると元のサイズで表示します





空港内の移動は電車で。

チューリッヒ空港を思い出しながら
夕暮れ時のローマをしばし堪能。





クリックすると元のサイズで表示します





テルミニ駅まではバスで。

バスに乗るのはフィレンツェぶり。
自分で荷物を入れるものとは知らず、

 「えっ (o゚Д゚ノo)ノ!?」

中に入って荷物を出したら、
頭をぶつけるというオマケ付きでした。。





クリックすると元のサイズで表示します





ホテルまで歩いて荷物を置いた後、
目覚めの一杯のために近くのスーパーへお買い物。

長時間飛行の疲労から
この日はこれでバタンキュー (。σω-。)。o〇‏
0

2017/2/13  23:43 | 投稿者: Reika

約10年間お世話になった職場で過ごす
最後の一週間...

毎週1回ランチをご一緒させていただいてる
先輩お二方からお誘いを受けて、
最後のランチ会に行ってきました (●`∀`●)ノ





クリックすると元のサイズで表示します





ここのフォカッチャは塩がよく効いてて
オリーブオイルと相まって美味!
しかも焼きたてで・・

やっぱパンは焼きたてじゃなくちゃ (●´ڡ`●)





クリックすると元のサイズで表示します





今日のランチパスタは
「和歌山県産かまあげしらすと
 有機ほうれん草のトマトソースパスタ」

ニンニクの風味がアクセント
釜あげしらすがイイ塩加減で、あっさり!


日本らしい味わいだけど
絶妙な塩加減や、大きめのしらすから
南イタリアやスペイン人にもウケそうだなあとか
密かに思ってみたり (*´꒳`*)





クリックすると元のサイズで表示します





食後のコーヒーの間に
先輩方からいただいたプレゼントを開けてみると、





クリックすると元のサイズで表示します





江戸屋さんの猪毛のブラシ (〃゚Д゚〃) 
柄は白雪姫の黒髪にも例えられた黒檀

剛毛かつ量が多くて静電気バチバチ。。。
そんな難ありな私の髪質を考えて選んでいただいた
非常にありがたい贈り物に感動っ・・!!


昔から“烏の濡れ羽色”と母に褒められる
黒髪長髪をこよなく愛す私。
これから髪を梳くのが楽しくなりそう (*´꒳`*)





クリックすると元のサイズで表示します





お食事までごちそうになり、もらってばかり...
いつも活力をいただき、感謝感謝です。


いただいたカードのメッセージを励みに
来月から始まる新しい生活を頑張ろうと思います!
٩(๑òωó๑)۶
0




AutoPage最新お知らせ