タイ北部 観光と交流しませんか   海外旅行

 4年生23人の「観光日本語」の授業をやっていますが,後半に入り,10月上旬試験で終わりです。日本は,夏休み,オリンピックの方に目がいっていると思いますが,9月にタイ北部に来られる方,実費+アルファで交流と観光案内をします。
 同じ大学生くらいの方がよいとは思いますが。
 コースは,世界遺産スコータイ,ピサヌローク,ウッタラディットなら簡単にできます。
 チェンマイ,ランパンも面白いですが,学生さんの交通費,宿泊費がたくさんかかってしまいます。SKYPEで,タイ語入門もできます。
 タイの日本語好きな女子学生,男子学生に興味のある方,お待ちしております。
クリックすると元のサイズで表示します
1

2009/10/27

タイ深南部へ引っ越し  

見ていただいた方、ありがとうございます。

タイ深南部、パタニへ引っ越しました。

パタニ通信もよろしく!

パタニ通信 http://suksaphat.at.webry.info/
0

2008/12/9

気になるタイ語45 ぶっそうなラバート  タイ語学習

 チャムロンさんの率いるPADの空港占拠もひと段落。この間,ニュースでよく聞いたのは,ラバート。はじめは,ドロボーかゴムかなと思ったんだけど,爆弾のことです。
 PADをねらった爆弾,南部の政治問題での爆弾,クロントーイの住民が座り込みをしているところへの爆弾。たぶん政治主体が実行することは少なくて,請負か,やらせ(爆弾はほんものだが,敵がやったように思わせる)が多いじゃないかと思いますが,こわいですね。バンコクやチェンマイの発砲事件もテレビに映ってましたね。映っているところで堂々と発砲するんだから,こわいね。
0

2008/10/16

気になるタイ語44 ゲス・ナムター  タイ語学習

 最近聞くのは、硬めの概念語ばかりなので、ちょっとお休みしてました。
 プラチャーティパタイ(民主主義)、ユティタム(公平・公正)、ラッタタマヌーン(憲法)といった抽象語ばかりです。
 で、バンコクでの衝突の際に、警察機動隊が使って問題だったらしいのが、殺傷能力のある中国製の催涙弾。水平打ち。
 催涙弾はゲス・ナムターです。ゲスはガス。ナムターは涙。もっと細かくすると、ナムは水、ターは目。目の水は涙。涙のガス。タイ語って、けっこうかんたんでしょ。
0

2008/7/16

気になるタイ語43 イサーン風スキヤキ ヂム・チュム  タイ語学習

 タイ風スキヤキは,コカやMKのチェーン店でおなじみ。イサーン(タイの東北地方の別名)風のスキヤキはヂム・チュムです。豚肉・内臓,牛肉・内臓セットそれぞれ100B。基本の味付けは生姜。ミント系の葉っぱ,白菜といった野菜をいれてから,具の肉を入れる。肉・もつ煮込みといってもいい。
 牛肉・内臓セットにソムタム・タイ(ソムタムのプー・カニ味は生ぐさいのでいつもソムタム・タイと注文している),カオニアオ(タイもち米),シンハ・ビールで豪華に。しめて190B,100B札2枚渡して,10Bはチップ(テーブルサービスにつき)。
 バンコクにはバーベキューとしてチェーン店があります。よく食べていましたが,タイスキより人気がありません。韓国風焼き肉(ジンギスカン鍋に薄く切った肉などをこすりつけて韓国焼き肉だといっている)を取り入れて,起死回生を図っています。
 タイ風スキヤキ(なんでもしゃぶしゃぶ)の由来には,諸説あってどれが本当だかわかりません。日本のスキヤキを誤解してスキと呼んだのだ,というのがとりあえず皆がいうことです。本当かいな?
 で,持説・自説を披露します。本当は,タイ風スキヤキは,イサーンのヂム・チュムがもとである。バンコクのタイ人,華人系タイ人は,このイサーン料理がとてもおいしいと思い,田舎風な味を,都会風にアレンジして,鍋もしゃぶしゃぶ風にして食べた。しかしだ。イサーンは日本の昔と同じで,東北地方,東北弁(タイではイサーン方言,ほぼラオス語)の田舎っぺだ。味は辛すぎる,色も黒くて,しし鼻だ。
 そこでバンコクの都会のタイ人は考えた。日本にスキヤキという似た料理があるらしい。幸せなら手をたたこうの九ちゃんもスキヤキが大好きだ。イサーン料理をまねたと言われるのはシャクだ。日本のスキヤキだって言えばいい!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/7/16

気になるタイ語42 トー・モー  タイ語学習

 タイに NON−IMMIGRANT BUSINESS ビザで入国してからそろそろ3か月がたちますので,バンコクの入国管理局イミグレでビザの延長手続きをしてきました。このあとは90日ごとにレポートで報告する(出頭する必要はない)ことが義務となります。タイの入国管理局はチェンマイにもありますが,バンコクで遊びついでにということでバンコクにしました。
 サトーン・タイ(南サトーン通り,BTSサラデーンか地下鉄ルンピニー下車)から600メートルほど,入ったところにあります。タイ語ではサムナックガーン・トウルアット・コンカオムアン(office inspect immigrantといった意味)というのですが,トー・モーでタクシーの運転士さんには通じます。バスは22,62,67番。
0

2008/6/30

気になるタイ語41 分かってきたウソとマコト パヤーン  タイ語学習

 よく「ぜひうちにおいでください」と京都人がいったら,本気にしちゃいけないっていうけど,タイ人のウソがわかってきた。ランパンへ行く途中,我が2ストのモトサイは機械オイル切れの赤ランプが点灯。田舎道で聞くと,市場(タラート)が近くにあるからそこにいけと。そこのおねえさんに聞くと,山の上にいったところ,1キロくらいのところにガススタンドがあるとのこと。これはウソでした。
 ウッタラディットからランパンまでの国道11号線ってのは山あり谷ありの難しいコースです。ハラハラしました。結局,山を降りる途中のバイクパンク修理屋(パヤーン)で補給しました。街道沿いにはよくみるとパヤーン(パンク修理)の看板がよく出ています。
 ウソともいえぬウソ。外国人はよくわからないから,適当に言ったという感じです。「かもしれない」「だろう」のニュアンスを省けばウソになっちゃいますからね。アウ!

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/6/18

気になるタイ語40 耳鼻咽喉科 フー・コー・チャムック  タイ語学習

 ベッドから落ちて,耳が切れて出血し病院にいきました。詳しくはウッタラディット通信を。それで耳鼻咽喉科にいったのですが,ドクターはタイ語,英語どっちがいい? 日本語は話せない,というのでタイ語を選択。しかしてチンプンカンプン。でもだいたいわかりました。つまり用語の問題です。
 この耳鼻咽喉科の看板には,フー・コー・チャムック(耳・のど・鼻)とタイ語で書いてありました。となりはトウルアット・ター(検査・目)と書いてあったから眼科です。タイ語はわかりますがその下に書いてある専門英語(ラテン語から来たの?)は語源分解しようとしても全くわかりませんでした。
 英辞郎http://www.alc.co.jp/でしらべると,Otorhinolaryngology と書いてあったようですが,ear, nose and throat の方がかんたんじゃん!眼科は Ophthalmology と書いてあったようで eye clinic の方がかんたんじゃん!
 論文のなかなら構わないでしょうが,一般ピープルもやってくる病院では簡単な英語にしてね。タイ語の方が簡単だったってオチ?

ウッタラディット通信
0

2008/6/15

気になるタイ語39 ペンディンワイ 地震  タイ語学習

 タイは地震のない国だというのがいままでの認識でした。わたしもそのような認識でした。森林伐採、果樹農園の開発などによって、タイ北部では例年、洪水の被害があることは知っていました。ここウッタラディットも2年前、洪水被害にあったんですね。大学の図書館も流されたとか。
 プーケットの津波被害は、タイ国内の地震によるものではありませんでしたが、おもにタイ北部のビルマ(ミャンマー、同義語でスペルが異なるだけ、タイ人は一貫してパマーと呼ぶ)寄りに活断層が分布しているようです。ここウッタラディットにも活断層があるそうです。TV番組からの知識です。
 中国などいろいろなところで地震が発生し、タイ人の意識も高まっているようです。2年前にはタイ北部チェンライで地震被害があり、病院などの建物に亀裂が入ったようです。
 日本はどうだと聞かれることが多くなりました。ペンディンワイはどうなんだ? 学校ではどういう対策をしているのか? 机の下に隠れるのか?安かろう、悪かろうの取引じゃなく、日本の耐震設計技術や品質、買ってくれるとうれしいですね。まあそれでもゴマカシがありましたが。
ウッタラディット通信
0

2008/6/7

気になるタイ語38 コッピーはダメです!  タイ語学習

 和製英語でカンニングというやつ。英語ではCHEATING、タイ製英語ではコッピーですね。ひとのもの、スカートの裏に書いた答えを書き写すということですね。日本の学生さんはそれほどではなかったが、明治学院大、専修大、和洋女子大のなかでは、明治学院大の経済学部が毎回警告を発していたな。中国人留学生のカンニングにはひどいものがあった。なぜかというと、故郷に点数が通知されるから必死なんだね。
 タイ人の学生も就職、卒業でかなり点数を気にするらしい。そこで点数のためなら何でもするという志向が生まれる。ウィスパリング(ささやき)に手を焼いたことがあったが、これからどうなることやら。
ウッタラディット通信

0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ