タイ北部 観光と交流しませんか   日本語教育

 4年生「観光日本語」は終了し,3年生を「観光日本語」「ビジネス日本語」で鍛えるところです。4年生はこの政治混乱と経済状態で,フックガーン(企業での実習)に入りました。よい経験ができるといいですね。

 観光日本語はまだまだ続きます。
 機会あれば,実費+アルファで交流と観光案内をします。
 同じ大学生くらいの方がよいとは思いますが。
 コースは,世界遺産スコータイ,ピサヌローク,ウッタラディットなら簡単にできます。
 チェンマイ,ランパンも面白いですが,学生さんの交通費,宿泊費がたくさんかかってしまいます。SKYPEで,タイ語入門もできます。

 いま,タイは政治的経済的混乱のさなかにあって,マイナス情報が多いです。「女ひとりで」というような無謀なことをしなければまったく問題ないのですが,来年にしたほうがいいかもしれませんね。もっとも来年はクーデタか,失業者がたくさん出て日系企業も閉鎖ということになりかねませんが。

 タイの日本語好きな女子学生,男子学生に興味のある方,お待ちしております。
e-mail: koyins.uruアットマークgmail.com(アットマークって@のこと)

 タイ北部 大学生による観光案内 http://yaplog.jp/utdit-thai/ ブログできました。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/10/27

タイ深南部へ引っ越し  分類なし

見ていただいた方、ありがとうございます。

タイ深南部、パタニへ引っ越しました。

パタニ通信もよろしく!

パタニ通信 http://suksaphat.at.webry.info/
0

2008/12/23

ゼネストはいつ必要か  分類なし

マイナス情報。タイ北部の入口,スコータイ世界遺産への入口であるピサヌロークの航空路線が赤字で廃止になるらしい。
 たしか,スコータイには空港があったような気がするから,ウッタラディットから飛行機で出るにはどうしたらいいか,また考えるつもり。ランパンに出るのも手かも。
 でも,どこも1時間半くらいかかる。ホンダSTEED400CCでも同じ。ランパンへのコースは,天気が良ければ楽しいんだけど,暗くなったら山の中で危ない。
 
 で,日本では景気悪く,派遣切り。派遣には日系ブラジル・ペルー人も多かったと思うけど,合法的に準日本人として受け入れたから,かじ取りが大変だぞ。
 麻生さん,景気がストーンと落ちてるなんて呑気なこと言っている場合じゃないよ。

 タイの製造業の中核であるトヨタ,ホンダの調子が悪いとなると,在タイ日本人もかなり難しくなるなあ。

 労組の強いサムットプラカンでは,失業者は少ないという。労組が強いというよりも,それなりの労使関係が一応できてるんじゃないの。
 他では,ストライキも増加しているみたいだし。

 で,前から思ってたんだけど,日本はもっと早くから既存労組,たとえば連合みたいなところが,ゼネストなりで強く出る必要があったんだよね。高木さん,派遣切りが始まってから懺悔したってもう遅いよ。希代の悪法となりかねない派遣法。

 派遣法をつくったのは高梨さん。もう引退しているけど,もっと暴れてほしいね。高梨さんは,派遣はあくまで例外,正社員雇用が原則と考えてきた人だから,もっと暴れなきゃいけない。たぶんもうやっていると思うけど。

 このブログもAOLがサービスをやめるというので,ここに移った。ネット業界の再編だね。




0

2008/12/17

シャワーの秘密  日記

 最初,15年前にバンコクにきたとき,差別の問題で教えてもらったのが,シャワーとにおい。日本人は,一日に一回しか風呂に入らない,あるいはシャワーは寝る前に浴びるという習慣だから,タイでは日本人は汗臭い。それから,味噌汁を常食としているため,味噌くさいのだと。
 タイ人は,1日に2回,3回と浴びるから,清潔であると。

 わたしも,温水シャワーで1日に2回くらい浴びるようになって久しい。日本にいる時も,湯船につかると風邪をひきやすいので,基本的に入らなかった。

 で,カンボジアは王立プノンペン大学のある先生を京都に案内したことがあった。丹後ちりめんや西陣織の工場見学をさせたかったのだ。日本風のいい宿にとまった。いい風呂だ。
 いい風呂だ,とその先生をさそったところ,なかなか入らない。裸にはなっているので,そういうことじゃない。熱い風呂に入るのがこわかったのだ。あるいはいやだったのだ。すぐに気付かず,申し訳ないことをした。

 で,温水シャワーがこわれ,水シャワーだが,ウッタラディットはかなり寒い。そこで気がついた。1日に2回,3回シャワーを浴びる習慣があるのは,水シャワーの加減で,日の出ているうちに入る必要があったためじゃないかな。暑季,つまり4月,5月のあたりは,気持ちがいい(ソッチューン)が,暑い昼間のような気がする。
0

2008/12/9

ティーダーイサーンで王様ばんざい  旅行

 5,6,7日とバンコクへ遊びに行ってきました。ビジネスがらみの用事もありましたが。
 で,5日金曜日は父の日,つまり王様の日です。今年は体調をくずされて,例年の「お言葉」が4日になかった。残念ですね。
 ティーダーイサーンという日本人には有名なタイ料理レストラン,東北地方のイサーン料理を注文して,コームーヤーン(豚ののど肉を焼いたもの),ソムタムタイ(タイのパパイヤ・サラダ),カオニアオ(タイもち米),シンハビールに氷を入れて飲んでいると,ちょうど5日の7時ごろ。
 なにやら黄色い(王様の色です)ろうそくを店員さんが配り始めた。なにがおこったか。テレビの音が大きくされ,王様バンザイと国王讃歌がテレビの生中継と同時に行われました。お客さん,私も一緒にろうそくを掲げて起立し,讃えました。チャイヨー,チャイヨー。
 空港を占拠したPADで有名になったと思われる黄色いポロシャツ,本当は月曜日に着る王様の色なんですよ。でも黄色いシャツをきた西洋人が,赤シャツに暴行を受けたという記事を読んで用心し,白いTシャツ(昔,スターバックスでおまけで買った)を着ていました。よく見ると,タイ人も白い服が多かったように思います。
 ちなみに火曜日はピンクのシャツですが,今日月曜日は,ピンクのシャツで出勤しました。

 バンコクは毎年はやくからクリスマスのかざりつけをしていますね。マーブンクロンも,7階,5階はずいぶん変わりました。7階のインターネット屋もなくなり,お兄さんもどっかへいってしまったようです。顔をみると,さっとサービスしてくれたおなじみさんだったんですが。さびしくなったね。アヌサワリーのソイランナームの人たちは変わりませんね。引っ越し予定のともだちも,まだ引っ越していませんでした。
 ここは,スアン・サンティパープ(平和公園)というのがあるからいいんだね。都会にぽっかり公園の空間がある。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/11/24

バンコクへあそびに  日記

 また,土曜日,日曜日,ホンダSTEED400CCでバンコクへあそびにいってきました。BTSプロンポンでおりて,ソイの32か33あたりに,日本人街があるんですけど,ラーメン亭で豚角煮ラーメン190バーツをくいました。これで5回目くらいかな。ほんものの日本の味がします。
 いくらタイ料理が好きでも,たまに日本のラーメンが食べたくなります。8番ラーメンはまずいわけではありませんが,日本の味ではありません。
 途中,ナコンサワンでは,洪水のためか,橋が閉鎖となっており,ちょっと遠回りをしてしまいました。行きも帰りも,バンコクの西側をせめて,軍人通りを利用し,悪徳警官にはひっかかりませんでした。アユタヤを通らずにチャイナートの340号線はバンコクへ出入りするのにお勧めですが,ちょっと路面ががたがたします。

 今回は,パンタミット(政府庁舎を占拠しているチャムロンの民主同盟PAD)が日曜日に,最大規模のデモをバンコクで行うとのことで,ちょっと心配でした。途中,検問がすこしありましたが,とめられもせず,バンコク内ではなにもありませんでした。バンコクの交通渋滞じゃやりようがない。
 で,心配した混乱はなく,どうやら今日の月曜日に行われたようです。

 前期に日本事情という授業をやったので,日本の「昭和史ビデオ」(NHK)や「怒りをうたえ」を授業準備でよく見ていましたが,今の政治混乱は1975年のスト権ストや,戦後の電産争議,生活賃金闘争などを思い起こさせます。60年安保の樺さんの写真を掲げたデモなどなど。樺さんのお父さんは中大社会学の教授でしたから,有名ですね。
 1975年の時は,ゼネストをねらって,国労と日教組が指導部だったわけだが,総武線が全線止まっても三木内閣は動かなかった。完全な敗北で,そのあと官公労つぶしがはじまり,民営化が加速され,市場原理主義の現在のおかしな労働市場ができあがった。
 三木は,ギック(愛人)をみとめたソムチャイ首相とおなじくタカ派ではないように見えたが,スト権ストは失敗した。日教組は槙枝。当時の国労の書記長は富塚さん。高校の時のクラスメートのおやじだった。神奈川から立候補して,国会議員になったね。

 電産はその後,9電力分割,民営化(戦時中は電力供給のための国策会社,沖縄をのぞき1社体制)で,中国地方本部をのこしてなくなった。ここは自社の原子力発電に反対していた。タイの電力公社の労働組合会長のマイガームというひと,けっこう人気があるみたいだけど,PADに国労のソムサック・ゴサイスックと電力のマイガームがならぶと,階級性が色濃くなるね。もちろん WORKING CLASS は貧乏人ではない。マイガームさんは,はたしてタイの電力開発,水力,火力,原子力についてどう考えるか。タイの輸出入銀行のラオス・ダム開発への投資をどう考えるか。きいてみたいね。労働組合として政策がないなら,PADでおわりだね。生き残れない。

 日本では,アメリカのもと社会学会会長,労働過程研究で著名なブラウォイ教授が,日本社会学会や日本労働社会学会で講演してくれるそうだが,「市場原理主義のなかの労働研究」とかいう題。原理主義はもちろんファンダメンタリズムの訳。なんで日本では労働研究が広がらなかったのか,よく考えたほうがいい。
 世界的な経済的混乱のなかで,タイでは製造業,とくに自動車関係はそれなりに堅調らしい。労働過程,労働市場は重要。これだけが重要。あとはどうでもいいんじゃない。わたしはそんな考え方。人生いろいろ,消費いろいろ,趣味いろいろ,宗教いろいろ,勝手にやってくれ。おれもかってにやりますってことが言えるからね。
0

2008/11/18

水シャワーでタイ化  日記

 おととい,寒いのでお湯を熱くしようと思い,最高までひねったら,ボンと爆発して壊れてしまった。どうやら,ヒューズの部分もボンといって壊れているので,もとの電源をオフにして,水シャワーだ。年寄りの冷や水かも。
 夕方,西日の暑いうちにゆっくりと浴びれば,何とかなる。しかして,タイ人と同じように水シャワー。
 この部屋,4500バーツのうち,設備費(テレビ,エアコン,冷蔵庫,ベッド,洋ダンス,温水シャワー,簡単なキッチン)が2500バーツ,部屋代そのものは2000バーツとなっている。
 たぶんこれは,節税対策も入っている。不動産運用額を低めにするためだと思う。
 タイ製品の質はふつうだから,最高や限界を目指してはいけない。やさしく,ゆっくり,ていねいにつかう。動作はゆっくりと。急いではいけない。
 インターネットはおかしいままだし,いよいよ引っ越しだな。
0

2008/11/16

何回言っても治らない タイ人気質  日記

1日に振り込みのはずの住居費がまだ払われていない。賃金の一部なので,失礼な話。
 何回か言わないとわからないみたいだ。まえからそうだそうで。
 もともと税金も,収入以上にぼったくっている。給与は34000バーツなのに,4万バーツのみなし課税でっせ。
 けっこういい金額だから,ふつうだったらそんなに文句は言いたくないが,大学のまわりのスラムと,ベンツに乗っている職員,豪勢なお屋敷,副業なんてみていると,やはり腹がたってくる。
 契約も5月から。1年一度,1年満了時にボーナスが1か月分(住居費を除いた部分)でるはずなんだが,日本に戻ったりすれば,だいたい3月末終了だから,ボーナスを払わなくていい。予算の節約になり,その分だれかがもらう。そうとしか思えない。
 タイ人は,日本での研修でもいろいろ問題を起こすからブラックリスト入り。
 外国人労働者導入審議でも,フィリピン人の看護士,介護士は認められても,タイ人はプロとして認められなかった。
 東海地方で,フィリピン人ホステスあっせんをめぐる政治家の汚職が発覚したみたいだが,タイ人に関しても,地元の有力者,政治家,金持ちを監視する必要がある。そこにタイ人の公務員などがとりついて,若いタイ人からぼったくる(金だけじゃなく肉体を)可能性は十分にある。
 台湾の例では,タイの労働省の役人のあっせん汚職が発覚し,待遇に我慢ならなかったタイ人が台湾で反乱をおこしたのは数年前の話だ。
 タイ人は,何か気に入らない,私利私欲のためにすぐに暴力をふるう。名古屋にある日本語学校の校長に,刃物をもって襲ってくるから気をつけろ,と忠言をたまわったことがある。
 すでに,その感じはこの7か月ばかりでもあった。非常に暴力的で,私利私欲のためならどんな手段でも使う。生命の危険すら感じるときがしばしばだ。若い日本人も切れやすくなっている。「むかつく」「いらつく」などの,へんな,奇妙な外国語をしゃべる。
 学生さんはまだ顕在化していないが,すでに(冗談で)ものを投げつける動作があった。「先輩の指示に従って行動する」という日本語をしっかり覚えたひともいたが,これはなにを意味するか。毎年のように発生する新入生の死亡事件をみればあきらかだ。
 ようするに,タイ人家庭では,おかあさんがものを投げつけたり刃物を振り回すことがあるということにほかならない。
 日本でも小学校教師などのわいせつ犯罪があるが,タイでは先生はむちをもっている。生徒はむちが怖いから従うだけ。むちがなければでたらめという人間ができあがる。

0

2008/11/16

開発独裁と労働価値説  日記

 アジアの政治スタイルは,日本でのみ開発独裁と称されることがあるようだ。いま逃げているらしいタクシン前首相も開発独裁のひとりとされたり,ポピュリストとされたりする。
 このポピュリスト,ポピュリズムってのは,登場した時から言われてたんだけど,よくわからない用語だ。日本でいうと田中角栄みたいなものなのか。
 労働価値説はますます正しいんじゃないかと思い返している。理論としては。
 開発独裁のスタイルは,韓国,シンガポール,マレーシアをはじめ,社会主義体制をとるベトナム,ラオス,中国,立憲君主制のカンボジア,みな同じようなもんだ。
 だから,今の社会主義体制は労働価値説じゃないんだ。地産地消のほうが労働価値説的だ。流通は価値を生まないから。資本論の最初はそう読んでいい。ケネーの経済表からウイリアム・ペティ,アダム・スミス,リカード,マルクス,ローザルクセンブルグ,これが本筋だ。抽象的に言うと,システムの外部をどう考えるのかってことだ。19歳のとき,最初に書いたゼミナール論文みたいのは,窮乏化論。資本論の23章だったかな。宇野弘蔵の資本論と切り貼りしてつくったりした。当時は,何これ,日本の経済は安定しているのに窮乏化?って思ったものだ。いま50歳を過ぎてどう考えるかというと,正しいか正しくないかということでは,正しい。でも大雑把過ぎる話だから,役に立たないってだけ。
 タクシンは,もとタイ共産党員を大臣などに据えたから,北京に愛国党の支部を開設できたとも言われる。
 世界の人口は増えて困っているのだけど,日本は人口減少社会,タイも少子高齢化のステージに突入していて,いずれ人口減少社会に向かう。経済の基調は,マイナス成長。ここまでのトレンドは変えようもなく,どんな対策を打っても変わらない。
 タイはマイナス成長に合わせて出る失業者を帰農させるつもりらしい。日本でも連合という労働組合組織が,農業へ戻ろうといっていたこともあるけど,どうなったのかな。
 そういえば,日本語教師ってのが膨れたのも,もとはといえば失業対策だったのよね。とんだオチでした。アハハ
0

2008/11/15

パティワット  日記

 政治にコメントするのは趣味じゃないけど,教室でもよく冗談いってます。いなかだし,下手なタイ語で外国人が言うことだからね。学生さんも笑っています。
 で,この前のクーデタの時,バンコクにいたのだけれど,タイ語でパティワットというのは,革命をさす。つまりクーデタではないんです。クーデタは革命の形態の一種ということになる。
 1932年プリーディーの立憲革命以降,タイの政体は立憲君主制で,日本と同じですが,明治憲法風です。そこにアメリカ憲法の革命権規定を盛り込んでいるもんだから,時の政府の圧政に対する人民の抵抗権,革命権の行使ということができるんだと思います。最高審級は王様のディクリーということになります。なんかアルチュセールの重層的決定論ですな。
 ますます政局混迷だ。給料の振込,この前,税金の天引き忘れたり,遅れたりしたから,今後はきちんとやってください。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ