『崇徳院関連エントリー集』


(by妖怪ヲタク・小路の『京都妖怪探訪』)






悲劇的な生涯ゆえに、“日本の大魔縁(大魔王)”となった崇徳上皇の関連記事集です。




第480回:白峯神宮・左近の桜と崇徳天皇欽迎之碑

 日本最大の怨霊・崇徳院を祀る霊場「白峯神宮」に咲く「左近の桜」。そして「欽迎之碑」。崇徳院を天皇として認め、祀るための2つを紹介します。



第449回:法金剛院の蓮

 蓮の光景が美しい古刹・法金剛院。ここは、崇徳上皇の母・待賢門院璋子が、崇徳上皇が無念の最期を遂げて怨霊となる原因を作った業の深い人物が創った寺院でもあったのです。



第219回:安井金比羅・久志塚と櫛祭(後編)

 前回の続きで、安井金比羅宮の櫛祭の話。今回は、奉納舞と、「時代風俗行列」の様子をお届けまします。



第218回:安井金比羅・久志塚と櫛祭(前編)

 毎年9月第4月曜日に、崇徳上皇の霊を祀った東山安井の安井金比羅宮で行われている櫛祭。「櫛に感謝する気持ちを」ということで美容関係者によって始められました。



第155回:安井金比羅の紅葉2011年

 第5回と第23回でもとりあげた縁切り祈願でも有名な、魔王・崇徳院が眠る霊場魔所「安井金比羅」の紅葉の風景をお届けます。



第79回:特別編その2・2011年霊場魔所への初詣(その2)

 2011年の初詣は、京都の妖怪スポットや魔界を語る上で欠かせないキーパーソンたちにゆかりの地をめぐることにしました。次に、“日本の大魔王”崇徳上皇と、“日本史上最大の陰陽師”安倍晴明の地に詣でることにしました。



第39回:白峯神宮・精大明神祭……の練習風景

 第6回でもとりあげた白峯神宮。6月末の大祓で使われた茅輪と、7月7日に行われる精大明神の小町踊りの練習をしている少女たちの姿を見かけました。



第34回:『京洛八社集院めぐり』と白峰神宮

 京都市内の特定八社をめぐって印を集めるというイベント。八社のうち七社が、実は怨霊神を祀っている神社であり、実質は怨霊めぐりとなっています(笑)。



第23回:崇徳廟と安井金比羅宮の夜桜

日本の大魔縁・崇徳院の墓所でもある崇徳廟と、第5回でもとりあげた安井金比羅宮。その夜の姿を、夜桜とともに。



第6回:白峯神宮

 日本の大魔縁(大魔王)、崇徳上皇の祀られている神社。蹴鞠の宗家であった公家・飛鳥井家の屋敷の跡地に建てられたこともあって、球技やスポーツの神社としても有名です。



第5回:安井金比羅宮

 日本の大魔王(大魔王)、崇徳上皇の怨霊が祀られている祇園近くの神社。縁切りのご利益があることで有名で、様々な人の願いや嫉妬や怨念等が集まる場所でもあります。





『京都妖怪探訪』のINDEXへと戻る