『心霊スポット関連エントリー集』


(by妖怪ヲタク・小路の『京都妖怪探訪』)






「心霊スポット」と言われる場所に関するエントリー集です。




第510回:特別編・再び、将門の首塚

 東京で平将門ゆかりの地を巡る特別編第2回。第380回でも訪れたかつて将門の首塚を訪れました。数々の恐ろしい逸話や伝承も遺されている心霊スポットとしても有名なこの場所を再訪せずにはいられませんでした。



第493回:首塚大明神(後編)

 源頼光と平井保昌、四天王に倒されたという伝説に名高い大鬼・酒呑童子の首が葬られているという首塚大明神。心霊スポットとしても有名なこの場所に、年一度の例祭という機会に訪れてみました。



第492回:首塚大明神(前編)

 源頼光と平井保昌、四天王に倒されたという伝説に名高い大鬼・酒呑童子の首が葬られているという首塚大明神。心霊スポットとしても有名なこの場所に、年一度の例祭という機会に訪れてみました。



第491回:老ノ坂峠・廃モーテル

 京都市と亀岡市と境目、老ノ坂峠にある廃墟で、心霊スポットでもある廃モーテル。過去に殺人事件があり、幽霊が目撃された等の噂がある、全国的に有名なスポットのひとつです。



第490回:老ノ坂峠・子安地蔵

 京都市と亀岡市と境目、老ノ坂峠に立つ子安地蔵。源頼光と四天王が、酒呑童子の首を都に持ち帰るのを止めた等の伝承がある、子安地蔵を紹介します。



第481回:2017年・一条戻り橋の桜

 渡辺綱と鬼との戦いや、死者蘇生や、十二神将などの数々の伝説が遺された魔所、一条戻り橋の桜の光景をお届けします。



第476回:立本寺の桜と飴買い幽霊伝説

 飴買い幽霊の伝説が遺る京都・立本寺。ここは桜の名所でもあります。



第433回:特別編:淡嶋神社「ひな流し」その2

 前回の続きで、淡嶋神社「ひな流し」。ひな人形を乗せた白木の船が海へと送り出されていく様子をお届けします。



第432回:特別編:淡嶋神社「ひな流し」

 特別編。髪が伸びる人形など曰く付きの人形も奉納されて、心霊スポットとしても有名な和歌山・加太の淡嶋神社。そこで毎年3月3日に行われる「ひな流し」神事の様子を取材してきました。



第403回:特別編:加太の淡嶋神社(その2)

  人形供養の神社として、そして心霊スポットとしても全国的に有名な淡嶋神社。無数の人形や置物、仮面などが並ぶ光景をお届けします。



第402回:特別編:加太の淡嶋神社(その1)

 人形供養の神社として、そして心霊スポットとしても全国的に有名な淡嶋神社。特別編として今回、訪れました。



第400回:“妖怪伝導師”葛城玄幽と酒呑童子の「首石」

 京都の“妖怪絵師”“妖怪伝道師”の葛城玄幽氏が、伝説の鬼・酒呑童子の首を祀った首塚大明神から持ち帰ったという「首石」。ある怪談文庫本でも紹介されたという呪われた魔石を、記念すべき第400回でとりあげます。



第390回:特別編・平将門の首塚

 今回は東京で特別編。怨霊や祟りなどの伝説が遺る、あの「平将門の首塚」を訪れました。さらに、いくつかトラブルも。これは単なる偶然か? それとも……?



第372回:嵯峨の某マンション

 自殺した美少女の霊が出るなど、一部の怪談マニアなどの間で心霊スポットとして有名な、京都・嵯峨の某マンションを少しだけ紹介します。



第305回:清水寺『千日詣り』と不思議スポットめぐり・その3

 清水寺の『千日詣り』と共に、境内の不思議スポットを巡る3回目。今回は、実は恐ろしいスポットでもある夜叉神堂や本堂舞台下などを巡ります。



第303回:清水寺『千日詣り』と不思議スポットめぐり・その1

 毎年8月14〜16日の間に清水寺に参拝すると、1回で千日分参拝したのと同じだけの功徳とご利益が得られる。そんな「千日詣り」と共に、清水寺の不思議スポットを巡りました。



第301回:東山ドライブウェイの謎標識

 心霊スポットとしても有名な「東山ドライブウェイ」。その脇に「幽霊注意」を意味する「!」マークの道路標識があるとか。



第276回:瑞泉寺と畜生塚伝説

 三条河原で処刑された豊臣秀次一族の菩提を弔うために建てられた寺。妖怪や怨霊などよりも、人間の悪意や残酷さの方が恐ろしいのかもしれません。



第275回:三条河原

 古くから多くの人や物が行き交う交通の要所。そして、古くからの処刑場や心霊スポットなどとしても有名な三条大橋・河原を訪れました。



第272回:2013年・将軍塚の桜

 平安京遷都の頃からあり、現在でも心霊スポットなどとしても有名な将軍塚。その桜の光景と、大規模工事の様子とをお届けします。



第271回:2013年・粟田口刑場跡の桜

 かつて日本最大級の刑場があり、現在では「心霊スポット」としての噂もある粟田口刑場跡の桜を巡ります。「桜の樹の下には死体が埋まっている」!?



第244回:嵯峨・野宮踏切

 心霊スポットとして有名な、嵯峨のJR山陰本線・野宮踏切を、『京都嵐山花灯路』という機会に訪れてみました。



第236回:夜の崇道神社

 平安京遷都のきっかけを作ったという大怨霊・早良親王を祀る洛北の神社。その魔所を、京都の妖怪絵師・伝道師の葛城トオル氏と共に、夜中に訪れてみました。



第235回:秋の夜の将軍塚(後編)

 京都の妖怪絵師・伝道師の葛城トオル氏と共に、秋の紅葉に彩られた霊場「将軍塚」をめぐる第3回目。今回は、ライトアップされた紅葉と共に、展望台からの夜景を眺めました。



第234回:秋の夜の将軍塚(中編)

 京都の妖怪絵師・伝道師の葛城トオル氏と共に、秋の紅葉に彩られた霊場「将軍塚」をめぐります。今回は枯山水庭園をめぐり、将軍塚の本体へと迫ります。



第233:秋の夜の将軍塚(前編)

 京都の妖怪絵師・伝道師の葛城トオル氏と共に、秋の紅葉に彩られた霊場「将軍塚」をめぐります。「大日堂」についての葛城氏の解説もあります。



第142回:深泥ヶ池・その3


 深泥ヶ池のほとりを歩く記事の第3回目。昼なお薄暗い道を歩き続け、深泥ヶ池の周辺をほぼ一周しました。



第141回:深泥ヶ池・その2

 前回の続きで、ら「龍神が棲む」などの伝説があり、現代でも「幽霊タクシー」等の怪談が伝わる有名な心霊スポットでもある深泥ヶ池。今回は池周辺の道路を、池のそばに建つ病院の辺りまで歩いてみました。



第140回:深泥ヶ池・その1

 古くから「龍神が棲む」などの伝説があり、現代でも「幽霊タクシー」等の怪談が伝わる有名な心霊スポットでもある深泥ヶ池。今回は池周辺の道路を、池のそばに建つ病院の辺りまで歩いてみました。



第73回:化野念仏寺(その2)

 化野念仏寺の「千灯供養祭」の記事・第2回目です。幻想的で、風情のある光景を目にすることができました。また、妙な模様が写った写真が何枚か撮れて「まさか、心霊写真か!?」と、びびったこともありました(結局、何でもなかったようですが)。



第72回:化野念仏寺(その1)

 古くからの葬送の地として知られた化野念仏寺とその周辺。境内には、この地に無縁仏として葬られた何千体もの石仏・石塔が納められていることでも有名です。また、一部では心霊スポットとしても有名です。今回は、その化野念仏寺の「千灯供養祭」に参加してきました。



第62回:宝鏡寺・人形供養祭(その2)

 今回も“京の人形寺”宝鏡寺の「人形供養祭」ついて。本堂にて、琴の演奏と島原太夫の舞が奉納されました。普段は非公開である本堂の光景と共に、その時の様子を撮影し、記事にしました。



第61回:宝鏡寺・人形供養祭(その1)

 前回(第60回)でとりあげた“京の人形寺”宝鏡寺について。年1回、10月14日に行われる「人形供養祭」に参加しました時の記事です。



第60回:“京の人形寺”宝鏡寺

 「人形寺」とも呼ばれる宝鏡寺。古い歴史と皇室との深いつながり持ち、「百々御所(とどのごしょ」とも呼ばれます。「万勢井さ ん」という、かつて魂が宿っていたとされる人形の他、日野富子像や、有名な絵師による屏風や襖絵なども伝わり、珍しい草花の咲く見事な庭園もあるなど、見 所いっぱいの場所です。



第49回:百叩きの門

 昔、夜中になると泣き声やうめき声やあげたという寺の門。元々は豊臣秀吉の時代、伏見城の牢獄の門として使われたというもので、もうおかしな声はしないものの、現在でも京都市内に残されていました。



第48回:宴の松原跡

 内裏の中で、女官が鬼に喰い殺される。平安時代のそんな恐ろしい伝説の現場の跡地が、京都市内の町中に残されていましたので、真夜中に訪れてみました。



第18回:粟田口刑場跡:日ノ岡側から

 江戸時代まで刑場として使われ、多くの罪人が処刑されてきた場所。心霊現象の噂もあるそうです。その刑場跡を日の岡側からめぐります。



第17回:粟田口刑場跡:蹴上側から

 江戸時代まで刑場として使われ、多くの罪人が処刑されてきた場所。心霊現象の噂もあるそうです。その刑場跡を蹴上側からめぐります。



第16回:花山トンネル

 京都市内でも有名な心霊スポットのひとつである、東山の花山トンネルです。



第15回:河原院跡

 『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルとされる源融が隠棲したという邸宅・河原院の跡。しかし平安京でも代表的な「幽霊屋敷」のひとつであり、館の主・源融が怨霊となってここに留まり、様々な災いをなしたと伝えられています。



第4回:鉄輪の井

 自分を捨てた夫を呪い殺そうとして鬼になった哀しき女性の伝説が伝わる井戸。古くから縁切りのご利益があるとされ、縁結びの命婦稲荷とともに、民家の立ち並ぶ中でひっそりと祀られています。



第2回:一条戻り橋

古くからいくつもの伝説があり、今も心霊スポットとしても名高い橋です。





『京都妖怪探訪』のINDEXへと戻る